TYPE-Y
TYPE-Y
カーオーディオにこだわり始めたのがきっかけで、ホームもやるようになりました。 今は車はドノーマル、ホーム一辺倒です。 2015年くらいからホームオーディオの世界に戻ってまいりました。 2018年…

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

XLRケーブルを交換しました

Philewebの皆様こんにちは。ご無沙汰しております。
今回はXLRケーブルをグレードアップしましたので報告と簡単なレビュー的なものを残しておきます。

機器の構成は以下に示している通りです。

ヒューレット・パッカード製デスクトップPC
(アコリバ USB-1.0PL-TripleC)
ESOTERIC D-05X
変更前(SAEC XR-3000)変更後(ACROLINK 7N-DA2090)
HEGEL P4Amk2
変更前(SAEC XR-3000)変更後(ACROLINK 7N-DA2090)
HEGEL H20
(SAEC SPC-850)
DYNAUDIO SPECIAL40

まずはなぜACROLINKしたのかですが、ESOTERICの音作りを知りたいというところから、ESOTERICのケーブル製造元ACROLINKに。他に導体の性能が良さそう、ノイズ耐性がありそう、振動耐性がありそう、そして安心感のあるメイド・イン・ジャパン、発売から年数経っているが現行モデル、中古で定価の半額程度で入手できたから等ですね。

1本目の変更は3ヶ月ほど前でこの時はDACプリ間を交換しましたがこの時点でかなりの性能向上を感じました。
そしてつい最近、2本目のケーブルを入手しラインケーブルの統一が完了。

価格差が約5倍(XR-3000 1.2m \32,000 7N-DA2090 1m \150,000いずれも税別)もあると評判の良い新導体PC Triple-Cといえども性能差は明らかですね。音のディテールが大幅に向上。楽器の音が倍音を伴って鳴っているように感じました。より本物の楽器に近付いたような印象です。XR-3000でも楽器の質感は表現できていましたが、7N-DA2090で表現できる微細な音が消えていたか、滲んでいたか、ということになるかと思います。
音場・音像の表現力も向上。これは前に出てくる音と後ろに展開する音が以前よりもわかりやすくなっています。音のエネルギー感もアップした印象です。おそらく前に出てくる音が以前よりわかりやすくなってきているためかと。
音の質感は少し硬くなりました。聴き疲れするほどではありませんが、XR-3000はまろやかな優しい音だったのかもしれません。今回のケーブルはロックやポップスのキレが良くなったと捉えています。これはこれで良いのですが、個人的な好みとしてはもう少しやわらかさのある音の方が聴きやすいですね。しばらくこのケーブルで楽しませてもらいますが(笑)。

この状態から今できることは、アンダンテラルゴ社のTMDを塗布するくらいですね。プリパワー間のケーブルはまだ未処理です。
中古品とはいえ、再エージングがあると信じている身ですので適度に音楽を流しながら慣らし運転をしていきたいと思います。

今回は以上です。ありがとうございました。

最新のレビュー/コメント

BDP-LX80

PIONEER

BDP-LX80

¥210,000(税込)

発売:2007年10月下旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

動作はもっさりですが…

07年末に購入しました。
ブラウン管テレビに旧世代AVアンプといううちの環境でマルチチャンネルをできるだけ高音質で楽しむにはこれしか選択肢がありませんでした。
当然PS3やレコーダーには目をくれず完全に1点指名買いです。
比較対象がないのでレビューになるかは分かりませんがいちおう書きます。

タイトルの通り、起動、読み込みに少々時間が掛かります。
起動中や読み込み中に押したボタンは記憶されているのか動作が安定してから反応が起きます。
ディスクのトップメニューが表示されてもすぐには反応せず、カーソルが動かないなぁと思ってボタンを押しまくっていると非常に面倒な状況になることがあり、こうなると電源を入れ直した方が速いと思います。

画質・音質はソースが良質なため満足度は高いです。
当然DVDとは比べものになりません。もうSDには戻れない体質になっちゃいました。

本体のデザインは光沢の黒がかっこいいです。

総合的に悪くはないというレベルですが、恐らくPS3の圧倒的なコストパフォーマンスには及ばないでしょう(PS3持ってないので)。

【SPEC】●再生可能メディア:BD-ROM(BDMV)、DVDビデオ、DVD-R/RW(ビデオモード)、DVD-R DL(ビデオモード)、音楽CD ●再生可能PCファイル:MPEG1、MPEG2(ハイビジョン含む)、WMV9(ハイビジョン含む)、WMA9、MP3、WAV、JPEG、PNG、GIF 出力可能解像度:480/60i、480/60p、720/60p、1080/60i、1080/60p、1080/24p ●周波数特性:4Hz〜22kHz ●S/N:115dB ●ダイナミックレンジ:108dB ●全高調波歪み率:0.0015% ●入出力端子:、HDMI×1、コンポーネント映像出力×1、S2映像出力×1、映像出力×1、光デジタル出力×1、同軸デジタル出力×1、アナログ2ch音声出力×1、アナログマルチch音声出力×1、LAN端子 (100BASE-TX)×1、IR入力×1 ●消費電力:35W ●外形寸法:420W×103H×353Dmm ●質量:6.5kg

マイルーム

寝室オーディオ
寝室オーディオ
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

デスクトップ横にスタンドでSPを設置するニアフィールド仕様。 機器がもったいない使い方なのは重々承知しておりますが、いましばらくはこれで我慢です。

所有製品