試聴記
試聴記

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

第409話 Amazon Music HD with Disable Peak Limiter

17日から始まったアマゾンのハイレゾストリーミングサービス、「Amazon Music HD」を聴いてみた。既に報告されているように、このアプリには排他モードが備わっていない。なので既に手に入れてあったハイレゾファイルと比較するとかなり音質が劣って聞こえたた。

しかし、こちらのサイトで紹介されてあった方法を試すと、著しく音質が向上した。
一つはサンプリングレート自動変換を回避させることで、それはオーディオデバイスのサンプリング周波数を音源に合わせることで可能だという。

そして最も効果が大きかったのがピークリミッター解除による高音質化。
「Disable Peak Limiter in Windows Audio Engine」というツールがそれで、本来マイナス0.13dBでピークリミッターが掛かるのを0dBを超えるまでに拡大して実現したようだ。

宇多田ヒカルの「あなた」で聴き比べてみると、リミッター解除したAmazon Music HDのストリーミングがDLしたハイレゾファイルと遜色ない音質で、解除することでヴォーカルに掛かっていたモヤモヤした霧のようなものが一掃されて、とても気持ち良く聴こえる。

当初は排他モードが備わってからと思っていたが、これはもう、契約してもいいんじゃないか、そう思わせる音質だった。

最新のレビュー/コメント

MDR-1000X

SONY

MDR-1000X

¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)

発売:2016年10月29日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

オーディオファイルにこそ聴いてほしいヘッドフォン

キャッシュバックに釣られて、ウォークマンと同時に購入してみた。家で聴いたときは、おとなしい音で不満だった。しかし外に出て聴いてみると、ノイズキャンセルの効果は絶大で、道を走っているディーゼル・トラックの騒音が、まるで電気自動車のように静かになるので、その変わりように思わず顔がニヤケテしまった。

音のバランスは、正直、BOSEのQC35がもつクリアーで周波数の両端が伸びきった印象の方が好みだった。しかしウォークマンと接続しハイレゾを再生すると、少しとげとげしい感じが残念。

一方、ソニー同士によるLDACで接続すると、音に余裕が生まれ実に滑らか。ヴォーカルも繊細な音が出ていて、屋外で聴くには十分な品質だ。

それにしても、ノイズキャンセルとBluetoothによるワイヤレスの環境は、いままで家で音楽を聴いてきた自分としてはかなり革命で、全集などの収録時間が長いソフトは、家の中で座って聞くのは、かなり疲れる作業だった。しかし、それもウォークマンに転送してこのヘッドフォンを掛けて、歩きながら快適に聴けるのは、非常に効率的。このヘッドフォンで新たな聴き方を発見して、今ではなくてはならないオーディオ機器になった。

【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー:φ40mmドーム型(CCAWボイスコイル) ●感度:103dB/mW(有線接続/POWER ON時/1kHz)●再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ●インピーダンス:46Ω(有線接続/POWER ON時/1kHz)●ケーブル長:約1.5m ●プラグ:3.5mm金メッキステレオミニプラグ(L型) ●質量:約275g(ケーブル含まず)

マイルーム

                                                                                                                             
                                                

                              

所有製品