試聴記
試聴記

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

第408話 SP端子に仮想アース

秋葉原で開催されていたAIDIO BASEに行ってきた。そこでデモを行っていた光城精工の仮想現実アースForce bar EPの説明が面白かった。この製品は異種金属を何層にも重ねて表面積を取ることで、抵抗値の低下を目指したという。だいたい一畳くらいの面積があるそうだ。この仮想アースはSPのマイナス端子に接続して使うことも出来ますよと説明していたので、早速実験してみようと思った。

家にはアコリバの仮想アースがあったので、これをSPのマイナス端子に接続してみた。すると、音がクリアに変化した。

面白かったのはSPの高音端子だけ接続すると、より音が鮮明になった。バイワイヤタイプのSP端子は、低音の逆起電力がアースを介して高音側に影響するようだった。

最新のレビュー/コメント

MDR-1000X

SONY

MDR-1000X

¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)

発売:2016年10月29日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

オーディオファイルにこそ聴いてほしいヘッドフォン

キャッシュバックに釣られて、ウォークマンと同時に購入してみた。家で聴いたときは、おとなしい音で不満だった。しかし外に出て聴いてみると、ノイズキャンセルの効果は絶大で、道を走っているディーゼル・トラックの騒音が、まるで電気自動車のように静かになるので、その変わりように思わず顔がニヤケテしまった。

音のバランスは、正直、BOSEのQC35がもつクリアーで周波数の両端が伸びきった印象の方が好みだった。しかしウォークマンと接続しハイレゾを再生すると、少しとげとげしい感じが残念。

一方、ソニー同士によるLDACで接続すると、音に余裕が生まれ実に滑らか。ヴォーカルも繊細な音が出ていて、屋外で聴くには十分な品質だ。

それにしても、ノイズキャンセルとBluetoothによるワイヤレスの環境は、いままで家で音楽を聴いてきた自分としてはかなり革命で、全集などの収録時間が長いソフトは、家の中で座って聞くのは、かなり疲れる作業だった。しかし、それもウォークマンに転送してこのヘッドフォンを掛けて、歩きながら快適に聴けるのは、非常に効率的。このヘッドフォンで新たな聴き方を発見して、今ではなくてはならないオーディオ機器になった。

【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー:φ40mmドーム型(CCAWボイスコイル) ●感度:103dB/mW(有線接続/POWER ON時/1kHz)●再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ●インピーダンス:46Ω(有線接続/POWER ON時/1kHz)●ケーブル長:約1.5m ●プラグ:3.5mm金メッキステレオミニプラグ(L型) ●質量:約275g(ケーブル含まず)

マイルーム

                                                                                                                             
                                                

                              

所有製品