日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

Haileyアップグレードしました

皆様こんばんは

先日、現用スピーカーのYG Acoustics Haileyのアップグレードを敢行しました。

アップグレードの目玉のBillet Dome

このアップグレードはSonja及びHaileyに対して、フラッグシップモデルのSonjaXVのために開発された技術を適用するもので、ソフトドームにアルミ削り出しの補強リブを追加した新型ツイーター「Billet Dome」への交換と、巻き線の固定を強化することで振動によるエネルギーロスを抑制したコイル「Vise Coil」に更新されたネットワークへの交換です。

新型コイルは低域用のローパス回路への適用ですが、ミッド及びハイへのネットワークも交換なので、ツイーターの特性が変わることへの対応などあるのかも知れません。

XVが発表された時点でSonjaのアップグレードの話は出ていたのですが、Billet Domeの歩留まりが酷すぎてHaileyまで回ってこないとか、定価に対する価格が高すぎて適用されないのではないかと言う話も聞いていました。しかし幸い?にもHaileyのアップグレードプランも発表され、昨年にYG巡礼をしてアップグレード済みSonjaを聴いてしまった感触からくるならやらない手はないと思っていたので、消費税上がる前にやるしかねぇと思い最速で注文しました。国内一番手ですw

なお、Sonjaは背面にネジがあってスピーカーを立てたまま内部を弄れるので現地作業でアップグレード出来ますが、Haileyは底面以外に一切ネジがなく倒して底板を外さないと内部へのアプローチが出来ない上に、底から手を突っ込んで上下のモジュールを結合するネジを脱着しなければならないらしく、一旦引き取っての作業になります。交換パーツの内容はSonjaもHaileyもほとんど差がないので、ACCAさん的にはSonjaよりアップグレード価格を高くしたいのが本音じゃないかなと言う気がしますw

アップグレード後の音ですが、高域は伸びが良くなり雑味が減って大音量再生で耳が痛くなる限界がかなり向上します。高域の透明感でAccutonのダイヤには明らかに劣っていたのが、振動板の軽さと言うアドバンテージは保ったままでそこそこ追い付いてきたぞと言う感触があります。

低域はエネルギーが抵抗なくスルっと出て来る感じで、今までコイルの振動でどんだけエネルギー吸われてたんだよと驚きます。この週末に遊びに来てくれた、アップグレード前の音も聴いている方が、ロドリゴを再生して音が出た瞬間に「なんだコレ別物やんけ」と驚いてました。量感は巨大アクリル壁コンセントベースの威力も大きいのですが、質感が断然違います。

全体的に良い意味でオーディオ臭さがなくなって更にナチュラル感が増した印象で、アップグレードの効果には大満足です。

最新のレビュー/コメント

PIMM

TRANSPARENT

PIMM(PowerIsolator MM)

¥504,000(税込)

発売:2006年4月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

PIMM導入しました

今まで電源ノイズ無対策だったのですが、友人から先代機種のPIXLを借りて電源対策の重要性が身に染みたので、不要機器をオクで整理してPIMMに突撃してしまいました。届いたブツをセッティングして早速音出し。高域の雑味が消え失せ、家族にも「前よりもうるさい感じがしなくなったね」と好評です。並列フィルター方式であるおかげなのか、力感の減退は全く感じません。

拙宅のスピーカーは親戚の暴力チルドレンやリビングの窓から差し込む西日に耐えねばならず、中古で買った入門機で我慢しているため、B&Wの803を駆使する友人宅に持ち込んで、PIXLとの比較も兼ねて色々試してきました。

まずはPIMMとPIXLでガチンコ対決、クオリティの向上だけでなく怪しいハイエンドの香りがします。付属のPLMMの音作りが影響していると見て、ヤフオクでも有名なshimaさん謹製のベルデンに変えると無難な音になり、その上で比較してフィルタ性能の向上を確信できました。友人宅のシステムが音楽製作のために無味無臭を追求した構成のためか、クオリティ向上と故意の味付けの違いがハッキリ判ってしまうようです。

PIMMとPIXLを併用してデジアナ分離での威力を確かめたかったのですが、機材配置の問題で個別では届かないので、PIMMにアンプとPIXLを接続、PIXLにはレビトン699を介してDACとマスタークロックを接続したところ、今までに出した事のない素晴らしいヴァイオリンの高域の質に驚愕!アンプがICEパワーなのでPIXLのノイズ遮断が利いたのかなと思ったのですが、アンプの電源を切ってPIMM単体とPIMM・PIXL直列併用のヘッドホン試聴比較しても高域のクオリティが圧倒的に違います。

直列使用でクオリティがさらに向上するとはトランスペアレントさん勘弁して下さい。帰宅の準備で片方取り外した音に友人が悲鳴を上げていました。フィルター4発搭載のPowerIsolator 8の内部を直列配線にして、PowerIsolator Inline4とか出ないかな。
そのうち、PWMによる波形再生成方式の機種とも比べてみたいなぁと思ってます。

※私はAXISSの回し者ではありません

番外編

ブラックボディでクールにカッコいいPIMMですが
トランスペアレントと言えば分解!入手したとあらばバラさねば漢ではありません!
颯爽とドライバーを手に挑みかかりましたが・・・


イタリア代表も真っ青のガチンコ守備に敢え無く敗北でした・・・
振動対策でぎっちり樹脂漬けになっているようです。

【SPEC】
●出力:2 ●主電源コードPLMM 2m付属 ●電源:100VAC用 50Hz/60Hz 各専用 ●キャビネット最大外形寸法:140W×90H×280Dmm

マイルーム

引っ越しました
引っ越しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~2ch

念願の専用ルームを手に入れたぞ! 空間容積確保と定在波対策で三角屋根搭載

所有製品