夜更けのミミズク
夜更けのミミズク
音が好きなのか、機械をいじるのが好きなのか分からないおじさんです。

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

最新の日記

DSで聴くDSDは良いですね

お久しぶりです。
最近、LINN KLIMAX DSで聴くDSDがよい音だなあと惚れ込んでいます。
もう既にKATALYSTにアップグレードして、DSDのファイルが聴くことが出来るといろいろ記事が出ていて今更ですが。
ファイルした楽曲の中でよい音だなあと感じるのでふと見るとDSD/DSF 5.6MHz/1bitの楽曲でした。SACDもよい音であると良く聴いているのですが、その中でも最近はKLIMAX DSでDSDを聴くのが心地よいと思えます。
KATALYSTに使われているDACのAK4497の音が良いのでしょうか。
ESOTERICにも使われているので好まれているのであろうなと思いました。

e-ONKYOの気鋭のピアニスト、奥村百合名の初DSDレコーディング
ピアノ:Steinway & Sons D-274
マイク:Neumann M149 (Stereo)、B&K 4006 (Stereo)、Audio Technica AT 4080、リボンマイク、ATバウンダリーマイク等
Main Mixer & HA:Studer 961、Neve 33122、Neve 1081 (Original)等
Recorded to Tascam DA-3000
または

Jazz Ballads, Vol. 2/Various Artists/ハイレゾ
などが好きです。

最新のレビュー/コメント

LDac1000

LOGIFULL

LDac1000

¥1,575,000(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ES9018sの音として最高峰である。

LDac1000はES9018sの音として最高峰である。音の隅々まで繊細さが行き渡っていて破綻する様子が全くない、安心して聴いていられる心地よさがある。
 初めてこのDACを聴いたのは4年前である。国産メーカーの技術の粋を集めたDACが完成したという記事に興味があり、オーディオ専門店で試聴させて頂いた。女性ボーカルを主に聴く私としては、声の柔らかさに虜になった。そのときの組み合わせは、送り出しがCEC社TL0Xであった。この音が忘れられなくなり、次にお店に訪れたときにもう一度LDac1000を聴かせて頂いた。その時は送り出しがE社のCD トランスポートであった。ところが思ったほどの音がしなかった。不思議な気がしてその時は帰宅した。また次に別のフロアで聴いた音に同じような興奮を覚えた。その音は、ブルメスターのベルトドライブCDトランスポート969とD/Aコンバーター970のセットであった。そこで、送り出しの大事さを知った。送り出しはベルトドライブに限る。
 自身としてはどうにかしてベルトドライブのCDトランスポートとLDac1000を手に入れたいと考えた。しかし高い。まずC社TL0Xの中古を手に入れた。次にES9018の音のDACを探した。FidelixをはじめこのES9018搭載DACの人気は高い。台湾製のES9018搭載のDACを手に入れた。ボーカルの領域については満足な音を聴くことができた。その間にES9008搭載DACを聴いたが、私としてはやはりES9018の方が心にすっきりはまると思った。なんとしても最高峰のLDac1000を忘れがたく思っていた。先日思いがけずに入手できたので我が家に招き入れた。

音は思っていたとおり女性ボーカルの柔らかさ、音の余韻の広がり、ふとするとエコーが効いているような感じがする。音域の広がりがはっきりとしていて、ドラムの力強さと絞まり、ピアノの音の消え入るときの繊細さなどを心地よいと思う。

【SPEC】●出力端子:XLR×1、RCA×1 ●入力端子:S/PDIF×1 ●出力インピーダンス:300Ω(XLR)、150Ω(RCA) ●最大出力レベル:2.2Vrms ●周波数特性:8Hz〜60kHz(-0.5dB/192kHzPCM信号入力時) ●THD+N:0.002%以下 ●S/N比:110dB以上(XLR)、100dB以上(RCA) ●入力可能デジタル信号:32〜192kHz/16〜24bit ●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:60W ●外形寸法:430W×115H×360Dmm(突起部除く) ●質量:15kg

マイルーム

極ニアフィールドリスニング
極ニアフィールドリスニング
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

電源環境が悪く、聴き疲れする原因が電源のノイズであることがわかってから、電源ばかりいじってきました。 電源関係 2012年7月に200V電源を引きました。 200V壁コンセント(IZUMI EO-01)→ Argento audio FMR AC cable→CH-Precision D1 Argento audio AC cable→Transparent CPCA→LINN …

所有製品