yohine
yohine
最近は自作オーディオにはまっています。 当初「制作側としての視点から見たオーディオに対しての意見やノウハウなどを書いていこう!」とか意気込んでたのですけど、分不相応というか、口下手が災いしてまも…

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

過去記事のまとめと、大量の新記事

Philewebでの記事はこれが最後になると思います。でもこの記事自体は今後も地道に更新すると思います。

新しい記事の追加をやめる最大の理由はPhilewebコミュニティで過去記事をまとめで見ることが困難なことです。ここの過去記事の辿りにくさはちょっと問題に思っています。一応公式に意見は言ってみたのですが私だけのために対応してくれるわけもありませんし。

とにかくこれはシステム上の制約なので自分自身の努力ではこのような方法を取ることにします。次の記事を書いたら流れてしまいますから、最も有益と思うリンク集を残して、それ以降の記事追加をストップすることが今後見てくれる方のために最善と判断しました。

 新しいオーディオ記事のトップページ

■新しい記事、個別リンク

未記入のものは今後ゆるやかに追加予定です。

 オーディオってオカルトなの?
 ディスクリートとICオペアンプの音質差
 抵抗、コンデンサの音質比較
 ICE-Powerと貴重なデジタルアンプの測定データ
 最初の自作!Hypex Ucdパワーアンプ 2010年08月頃
 DEXA NewClassD パワーアンプ 2010年10月頃
 はじめてのヘッドフォンアンプ基板 2010年12月頃
 ユニバーサル基板でPGA2320の実験 2011年5月頃
 Ucdインテグレートその1 2011年9月頃
 Ucdインテグレートその2 2011年10月頃
 余った部品でヘッドフォンアンプ 2011年頃
 藤原さんのWM8741キット 2011年12月
 最強のNcoreパワーアンプ 2012年2月
 ついに自前設計のWM8741DAC 2012年2月
 ジッター対策と新しいWM8741DAC 2012年3月
 ディスクリートオペアンプ 2012年4月
 PCM179xDACも作ってみる 2012年8月
 MUSES72320プリにチャレンジ 2012年9月
 XMOS基板作ってみた 2012年9月
 大幅進化!PCM1792DualDAC 2012年12月
 MSB社のマルチビットDACモジュールを使ったDACを作る 2013年2月
 エレアトさんのP2D基板+DSD原理基板を試す 2013年
 3度めの正直!パラレルバランス電子ボリュームプリ 2014年1月
 DSD対応&DACチップ差し替え可能なDACを作る 2014年4月
 Ucd方式のクラスDアンプを自前設計基板で試す 2014年5月

■Phileweb過去記事(有益と思うもの)

 デジタルレシーバとDACジッタ測定(記事)
 制作サイドから見た24bitの意義
 電源環境と電源ケーブルの音の違い
 WM8805ソフトモードで44.1k~192kに対応する方法

■最後に

今後はリンク先で更新は続けていきたいと思います。オーディオ機器のとっかえひっかえじゃなくて機器内部でどうしたら音が良くなるのかとか、中身の話が中心です。

これまでクラスDアンプの仕組みについての理解不足があって全然書いてこなかったパワーアンプ周りの話も書ける範囲で書きました。すごく深い知識はないので(勉強中)数学的に掘り下げて解析したりできるレベルには到底行けていませんが、それでも国内のネットで考えるとまだまだ記事が充実していないデジタル(D級)アンプ関係の記事を書いてます。

他にはAIT DACの音質の秘密の一部についての記事とか、あまり知られてない音の違いの理由等、わかっている範囲だけの話なんですけど色々書きました。力不足な部分は優れた外部のリンクや資料を紹介することにしています。オーディオの中身に興味がある方なら多少は楽しめるんじゃないかと思っています。ただし音質についての記事は個人の主観もあるということで絶対はないという解釈でお願いします。

写真や資料を沢山紹介しながら内容を詰めて投稿したいタイプなのでアップ画像のサイズ、形式、枚数の制限も合いませんでしたね。このあたりは好みの世界なので合う合わないはどうしてもあります。多くを望むのなら自分でやるべし、ということで外に回答を求めた次第です。(自作オーディオも同じかもしれません)

Philewebで他に考えられるネガティブ要因としては、会員以外にコメントが出来ないという点も。もしかしたら間違いを指摘してくれるような有益な人(henさんのような方とか)からのコメントも知らず知らずに遮断していると思うと勿体無いなと思います。

最新のレビュー/コメント

MORDAUNT-SHORT

Performance 6

¥682,500(税込)

発売:2011年5月1日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

製造中止ながらコストパフォーマンスの非常に高いスピーカ

国内取扱が終了のため以前紹介した国内のショップ在庫もほぼなくなってしまったようです。今後入手はかなり困難となりそうですが今までに書いたレビューをまとめておきたいと思います。既に何度も書いていますがこのような素晴らしいスピーカがほぼ無名のまま消えていくのは残念でなりません。

ここでは読みやすいように特徴を箇条書きにて書きます。

・すっきりと引き締まった音
・ジャンルを選ばない方向性、そのかわり個性は薄い
・B&W800シリーズと比べると上下の帯域のつながりが非常に良い
・潜在能力は非常に高い、価格を超えるパフォーマンス
・音の方向性や癖の出方がVivid AudioのGiyaシリーズと似ている
・電流供給に余裕のあるアンプでないと低音がビビってしまう
・できれば1000W級のアンプで鳴らしたい

もっと細かい話は過去記事に書きましたのでご興味がありましたらばこちらも合わせてお読みください。

■Performance6は804Diamondに圧勝か ~新スピーカ導入その2
http://community.phileweb.com/mypage/entry/1641/20131114/39967/

■Mordaunt-Short Performance 6到着、ファーストインプレッション
http://community.phileweb.com/mypage/entry/1641/20131120/40057/

■在庫があると思われる海外ショップ

入手は難しいと思いますが、海外で在庫がありそうな店を探しました。残念ながら国内ではもうどこも在庫はなさそうです。

http://www.djmarket.gr/hi-fi-hi-fi-loudspeakers-mordaunt-short-performance-p-1272.html?sess=a090de51283ead98dac4c8f94d4c3906
http://www.wildwestelectronics.net/mordaunt-short-performance-6.html
http://www.aussiehifi.com.au/buy/mordaunt-short-performance-6-le-flagship-limited-edition-front-speakers/PERFORMANCE6LE
http://www.soundandvision.co.uk/hifi/speakers/floor-standing/mordaunt-short-ms-performance-6-gra
http://www.mudah.my/MORDAUNT+SHORT+PERFORMANCE+6+SPEAKER+BRAND+NEw-22772221.htm

【SPEC】●形式:3ウェイ バスレフ フロアスタンディング型 ●ユニット:165mmアルミ・ウーファー×2、100mmアルミ・ミッドレンジ×1、25mmATTアルミドームトゥイーター×1 ●感度:89dB ●周波数特性:34Hz〜30kHz ●インピーダンス:4〜8Ω ●外形寸法:240W×1150H×430Dmm ●質量:32.8kg

マイルーム

部屋が変わっています
部屋が変わっています
借家(戸建) / リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / ~2ch

■2017/12更新 2016年11月より移動になりました。現在は一戸建て30畳吹き抜けのLDKでリビングオーディオです。部屋が大きくなったのでPerformance6では空間を鳴らしきれなくなり、現在はDunlavyによる80年台の稀有な等位相スピーカであるDuntech Crown Princeを導入しました。身長180cm以上の長身スピーカでバーチカルツインです。音はとても現代的な音で…

所有製品