ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

日記

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

質も大事!? - 金属たわしアース6

朝令暮改となってしまうが、金属たわしアースの話題が様々な方から報告が上がっていて、実験好きのムシが収まらないでいた。2週間ほど前に音質追求モードに移行しようとしたが、これでどうだ!と思ったアルミケース+ステンレスたわしへの変更の効果が、期待したわりに小さかったので、質を求めてもこれぐらいかと諦めていた。この時点では質より量かも知れないと考えていた。でも一方で、こんなはずでは・・・との思いも捨てきれないでいた。そんな思いの中で過去の実験結果を振り返っていると、もしかして・・・との思いがわいてきた。

仮説:外皮やケースの通電性よりも、金属たわしの通電性が高いか同じでないと、エネルギー置換効果が上がり難い

金属たわしの熱変換を有効に働かせないとSNの向上効果が薄れてしまう。だから、ステンレスよりも通電性が高く、磁性のない材料を試したくなった。

銅のたわしがあれば・・・と思ってネットで探してみると、あるではないか。どうも100均にこだわり過ぎていたようだ。
これを使って試してみた。純銅たわしだ。

純銅たわしを試す前に、5個も付いていたステンレスたわしアースを一度全部外した。
すると・・・
全般にもやもや感が出て、空気がよどんだ感じ、力感が減り、低音楽器の定位が揺れる。ステンレスたわしの仕様でも狙い通りの効果が出ていることの再確認は出来た。反面、音の膨らみが抑えられてスッキリしすぎている面も感じた。

一旦全部外した状態から再構築を始める。
まずはステンレスマグカップ+銅たわし仕様を同じマグカップのステンレスたわし仕様と比較した。

全部外した状態にステンレスたわし仕様をCDPに1個設置した。
⇒1個の設置だけでも、もやもやが晴れて、力感が増し、低音楽器の定位もかなり回復した。

この状態との比較をするために、同じ場所へ写真の銅たわしに中身を入れ替え比較した。

⇒あっ、と思うほど品位が上がった。SNが上がった効果だと思った。音色や帯域バランスなどの変化は感じられない。荒々しさというか力感はやや減った印象もあるが、こちらの方が好みだ。確実にノイズ除去の効果が上がっている。

ここで、CDPのアースは外して、AMPに設置していたアルミケース+ステンレスたわし仕様も銅たわし仕様と比較した。CDPの時と同様にSNが上がり品位が増す。これはいける!と思った。アルミホイルは巻かずに、アルミケースのアルマイト処理は内面だけ金属やすりで削って落として試した。

全部一気に銅たわしに換えてしまおうかとも思ったが、ここはしっかり通電して音が安定するのを待つことにした。現在は3日経ったが傾向は変わらない。新しい銅たわしに入れ替えてからの音の変化は微少だ。やや音が滑らかになった程度の印象である。変化が小さいのはアース線やケースのエージングが終わっていたからだろう。たわし単品のエージング時間はそれほどかからないように思える。拙宅では、銅たわし+金属ケースが効果的であることは間違いない。

この純銅のたわしはステンレスマグカップに5個、アルミケースに12個をぎゅうぎゅうに詰めて入れてある。今後はメイン素材をステンレスたわしから銅たわしに変更して実験を進めていくことにした。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

今は大分変っているので、削除しました。

所有製品

所有製品は登録されていません