ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

ベルウッド邸訪問 –1年ぶりの衝撃に笑いが止まらない

10年近く定点観測を続けているベルウッド邸で最新サウンドを聴かせてもらいました。前回の訪問からは約1年ぶりとなります。このところのオーディオ活動は、前段のPCからの送り出しに力を入れている様子でしたので、自宅のCDPもそろそろ限界が来ている実情も含め、情報収集も兼て訪問しました。

リスニングスペース全体の様子はそれほど変わった印象はありません。

ですが送り出しのPC周りは、PC2台体制から4台体制へと大きく変化しているとのことです。
システムブロック図を使っての詳細説明をしてもらいましたが、構成も理屈も複雑で説明内容の半分も理解できませんでした。

それでも、音を聴かせてもらうと大きな変化を感じました。衝撃的なほどに。。。
何が変わったのか、
結論から言えば、今回のサウンド変化は二つの点が印象的です。

1)CDからリッピングした音源でも、PCからの再生がCDPを大きく上回ること(DACはいずれもエソテリックK1内臓DAC使用での、送り出しデータ違いの比較にて)

2)音の厚みが増し、特にボーカルが目覚ましい進化を果たしたこと(こちらの進化理由は後述しますが、オーディオはどこが音を悪くしているかを見つけて、そこを対処することが極めて大事と改めて感じました)

変更内容などの説明の後に試聴タイムが始まります。
ジャズやポップスのボーカルものが次々にかかりました。
そのどれもが生々しく、実在感があるではないですか。ここ10年間聴かせてもらった印象は、“空間表現に優れ、綺麗な音だが、音が薄くなりがちなサウンド“と感じていました。それが、今回試聴では厚みのある歌声が迫って来ます。衝撃的なサウンドだったので、オーディオ仲間のライバル心とでも言うのでしょうか、思わずマイナスポイントを探してしまいました。

初っ端で大きな変化を感じたのでリクエストを出しました。
ヒジ:「そろそろ定点観測のカリヨンとカノンを聴かせてください」
ベル:「いや、それはまた後で・・・」
これまでのオフ会では、「最初に定点観測音源から・・・」というパターンが続いていたので、今回は何やら作戦があるのか?と思いながら、オーナーの意思にしたがい試聴は進みました。PC音源を主体に次々と聴かせてもらいましたが、冒頭のボーカルの衝撃が大きくて、その後は流れていった気がします。

休憩を挟んで、いよいよ定点観測音源タイムです。
ここでは、CDとリッピングした音源の両方を聴かせてもらいました。
ずっと聴き合ってきた音源ですが、ここでも大きな変化を感じました。
変な言い方ですが、「ウチで聴く音と同じだ・・・」と言うのが率直な感想です。これまでは内心、「大型スピーカーでないと出せない音もあるんです」と思いながら聴いていた部分もあったのですが、小型スピーカーが不得意とする部分が払拭されているではないですか。そんなサウンドを聴いて、またもライバル心が頭をもたげてマイナスポイントを探してしまいました。

更には、この定点観測音源でのCD vs CDリッピングFILEでの比較にも驚きます。PC再生では、どの音源を聴いても一つ一つの音の芯が明瞭です。言い換えると、CDで聴くと音がボケて聴こえる感覚だったのです。これだけの差があるなら手間を惜しまずに、全ての手持ちのCDをリッピングする気になると思いました。

同じ音源での、アナログとCDとPC比較も聴かせてもらいました。その中でも自分が一番気に入ったのはPCでの再生でした。ここまでPC再生の音がいいなら、PC一本に絞ってもよいのではないかと。。。ですが様々な話をしていく中で、今回のサウンドアップで一番のキモになったのは冒頭2)の音の厚みが増し、特にボーカルが目覚ましい進化となったことだ!ということです。以前よりも音量感も随分上がった印象でした。

⇒「オーディオはどこが音を悪くしているかを見つけて、そこを対処することが極めて大事」

わかってはいることですが、ベルウッド邸では何をしたのでしょうか?
その種明かしは、アンプ用のバッテリー接続コネクターの防振対策だと言うではないですか。以前から接続コネクターの防振対策はしていたものを更に強化したら、音の厚みがぐんと増したとのことです。バッテリーを採用されてから5年以上聴かせてもらっていますが、今回の変化は大きかったです。もっと言えば、高級CDPのエソテリックK1を採用された時の変化よりも、PC4台体制の送り出しの効果よりも大きいのではないかと思います。

たったこれだけのことで・・・、ボトルネックを対処していくことが大事だということは身に染みて感じていたこととは言え、改めて思い知らされたオフ会でした。大量の日記をアップされているベルウッドさんですが、これに関する日記はアップされていましたでしょうか?読んだ記憶はなかったです。でも、もし日記を読んでいたとしても、これほどの衝撃を感じたでしょうか。定期的な相互訪問を続けているからこその実感ですね。持ち込みDiscも実によく鳴っていました。

このところ自己の音楽活動に専念しており、時間も取れずにオーディオ活動休止中だったのですが、相互交流はいいですね。仲間のレベルアップに刺激され、ボトルネック対策に触発され、自宅での次の一手のアイデアが浮かびました。早速試してみると、これが当たり!です。そろそろ送り出しの機器も買い替えの時期かと思い、資金調達を考えながら情報収集をかねての訪問だったのですが、手持ち部品の簡単な処理で、お金も時間もかけずにサウンドUPが図れたのです。これについては只今検証中ですが、まだまだ今の機材で持ちそうです。1年ぶりの衝撃に笑いが止まらない訪問だったです。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

今は大分変っているので、削除しました。

所有製品

所有製品は登録されていません