ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

実験室のサウンド –6年ぶりのGRF邸

和室のユニコーン部屋に続き、広いオーディオのための実験室に移動しました。部屋に入ると最初に訪問した時に感じた圧迫感のような空気を感じませんでしたので、思わず「部屋が変わりましたね。」と発してしまいました。ですが「部屋は何も変わっていませんよ。」との返事です。記憶とは曖昧なものだなと思いながらリスニングポイントに設置されたソファーに座りました。
なぜそのように感じたのか後から思い返していたのですが、初回は響きの強いエントランスで会話してからの入室で、今回は比較的デッドな和室からの入室です。やはり直前からの変化により人の感じ方も変わるのだろうと思い、簡単な装置説明を聞きながら試聴が始まるのを待ちました。

スピーカーは和室と同じ無指向性のDDDユニットを2連装したものに、独自の前後に放射するウーファーを加えたものです。スピーカーを駆動するパワーアンプも、和室と同じ特注の真空管式のものでした。前段が和室とは違うのですが、特に気に入られているのがプリアンプとDAコンバーターを一体化したMolaMolaのユニットとのことです。それを導入して今の音が出るようになったと力を込めて話されていました。
(写真の真ん中がMolaMolaのユニットです。)

試聴が始まると冒頭からオーケストラ曲がかかりましす。静寂から始まり繊細でいてスケールの大きなサウンドが部屋いっぱいに広がりました。まるでコンサートホールで聴くような感覚です。低音楽器は部屋の対面の壁から湧き上がり、オーケストラ前方に配された弦楽器群はスピーカー前からやや後ろに展開され、その中に木管や金管が見えるように配された、奥行き方向に深々としたサウンドでした。しかもどの場所から聞いても楽器の定位が変わらず、部屋中に楽器を配したようなサウンドです。SNが良い点も特筆に値すると思いました。

次々とオーケストラ曲がかかりましす。ソフトにより多少印象の変わる部分もありましたが、これが録音の特徴やDiscの中の情報を正確に表している証しなのだそうです。お気に入りのDiscを聴かせてもらった後で、「これもあるよ」と言われて定点観測用のDiscであるパッヘルベルのカノンが出て来ました。
これが実によかったです。冒頭のチェックポイントは難なくこなし、立体的に配置される弦楽器群の音色もハーモニーも繊細かつ心地よいステージが現れました。このDiscは多くのお宅で聴かせてもらっていますが、今回ほど実在的で奥行き深く心地よい音を聴くのは初めてです。

その後何曲か聴かせてもらっていると気になるジャケットのDiscが出て来ました。ロイヤル・コンセルトヘボウ Rco LiveのSACDです。ベルウッドさんが拙宅に持ち込んで聴き、指摘を言い残していかれた置き土産でした。「GRF邸ではきれいに再生する低音楽器のアンサンブルがここでは出ていない。」とのご指摘です。「もっと低音の調整をした方がいい。」などと言われてしまい、「くやしー!」と思った因縁のDiscでした。
11曲目に入っている“ラヴェル/ラ・ヴァルス”冒頭の低音楽器のみによる輪唱のようなアンサンブルの部分で低域の解像度が求められます。ですが、指摘を受けた時はどの部分のことを「出ていない」と言われているのかわからずにいたものです。ちょうどそのDiscが出て来ましたので、GRFさんに聞きどころをお聞きして何回か聴かせてもらいました。確かに低域の解像度のよいシステムです。でも、心は自宅のシステムをどのように調整しようかと考えながら聴いていた気がします。ちょうど自宅のサウンド調整中でしたので、頭の中にはサウンド調整のメニュー表が浮かんでいます。GRF邸の新生サウンドを楽しむと共に、帰宅したら何から試そうかと、次なるお楽しみが頭の中に廻るオフ会でした。


自宅課題2:定点観測Discパッヘルベルのカノンをより実在感があり奥行き深い方向にサウンド調整すること。
自宅課題3:ラヴェル/ラ・ヴァルス(Rco Live)冒頭の低音楽器による輪唱アンサンブルを解像度よく再生すること。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

今は大分変っているので、削除しました。

所有製品

所有製品は登録されていません