kakki
kakki
昔はオーディオ活火山でしたが、最近は噴火の予定も無く、休火山になりました。 子供が大きくなって、余裕が出来たら活火山に戻れるかな。

日記

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

最新の日記

Chord社のポータブルDAC、Hugo2、スピーカーの直接駆動を試す

Chord社のポータブルDAC、Hugo2だが、スピーカーの直接駆動も可能である。

こう言うと、大概の人がびっくりするか、あるいは、「可能だけど実用じゃないでしょ」と言うのだが・・・百聞は一聴に如かず、である。

我が家でB&Wの805 Diamondを鳴らした場合の音について言えば、低音はダイナミックでキレが良く、サウンドステージは広大で澄み切っている。ボーカルは力強く浸透力があり、高音はクリスタルガラスのようにクリアで良く伸びている。

フルサイズのシステムでも、相当な金額を出さないとここまでの音は出ないだろう。

手のひらに乗るぐらいのちっぽけな装置からこの音が出るのだから実に痛快である。

私はChord社のフラッグシップDAC、Daveも所有しているが、正直、この音が聴けるのであれば、Daveを失ったとしてもそこまで痛手には感じない・・・。

では、軽くセットアップを見せよう。



Daveの上に載っているのがHugo2である。

前方からUSB入力、後方から光入力、そして、後方のRCA端子から直接スピーカーケーブルを接続している。

後方から見たのがこちらである。



RCAは中身がむき出しになっているが、これは、WBTのRCA端子(のコピー品)がそのままでは使えなかったからである。

余談だが、初代HugoではWBTのRCA端子がそのまま使えたので、Hugo2のRCA端子の周りの彫りこみは初代よりも小さいことになる。

それにしても、この簡単なセットアップから、フルサイズコンポを上回るような音が出るのだから、技術の進歩とはすごいものである。

なお、Hugo2は初代よりも演算能力が大幅強化された都合で、発熱量も初代よりも大分増えている。

触れないほど熱くなることはないので問題ないのだが、熱くなりすぎると突然シャットダウンするので不便である。

気持ちよく音楽を聴いて盛り上がっている時に、突然シーンと静寂が訪れるのだから興ざめだ。

解決方法としては、ヒートシンクの上に置くという方法があるのだが、ここでは、一風変わった方法を紹介しよう。

これである。



え?なんだこれは?

これはですね、水の入ったビニール袋ですよ。

良い子は絶対マネしちゃだめですよ。

水の入ったビニールを3重にして、Hugo2の上に置いてある。

こうすると、充電しながら爆音で聴いても大丈夫な上に、なんと!リモコンも効くのである。

注意点としては、水は室温のものを使うことである。室温よりも冷たいものを使うと、Hugo2が結露して壊れる可能性がある。同様の理由で、冷凍庫に入っているアイスノンや保冷材もNGである。

なお、このHugo2によるスピーカーの直接駆動であるが、実施する際はいくつか留意すべきことがある。

第一に、スピーカーの能率、および、ネットワークである。

基本的に、高能率、かつ、ネットワークのシンプルなスピーカーでないと音量の確保が難しい。

過去にいくつかのスピーカーで試したが、低能率で有名なPMCのスピーカーなどでは、ほとんど音量を取ることができなかった。

我が家のB&W 805 Diamondの場合、能率は88dbと比較的高能率であり、かつ、ネットワークは3つの部品しか使っていないという超シンプルな構造であるので、このような用途にはぴったりと言える。

Fostexの高能率ユニットを使った自作スピーカーなどもよく合うだろう。

過去にElectroVoiceのパトリシアンという、現代ではありえない高能率大型スピーカーを駆動した際は、初代HugoとDaveで家鳴り震動するほどの音量が出た。こういった、古典的な高能率大型スピーカーもよく合うと思う。

第二に、ソースの録音レベルによっては音量が確保できない場合があるということである。

最近のCDはどれも限界近くまで録音レベルを上げてあるので問題無いが、CD黎明期に発売されたようなものや、特にクラシックでは、音量の確保が難しい場合がある。

この2つの条件に留意すれば、Hugo2を使って、直接スピーカーの駆動が可能である。

Hugo2でスピーカーを駆動した場合、そこにあるのは、世界で最もシンプルなシステムである。

Hugo2のDACとアンプはシームレスに統合されており、アンプ部には、フィルター回路を兼ねた増幅段が1段あるのみである。信号経路に入る受動素子は、わずか2つの抵抗と2つのコンデンサのみである。

世界中にこれ以上ピュアでシンプルなシステムは無い。

Hugo2を入手した方には、ぜひともこの世界で一番ピュアでシンプルなシステムを味わってもらいたい。

きっと予想を遥かに超える驚きが待っているだろう。

最新のレビュー/コメント

SD05

SOUND DESIGN

SD05

¥525,000(税込)

発売:2005年9月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

フォーミュラカーのようなフルデジタルアンプ

※下記のレビューは、50WのマスタークロックVer1.08のものです。

1ヶ月ほど使ってみた感想であるが、まるでフォーミュラカーのようなアンプという印象である。

フォーミュラカーと言っても、乗ったことが無いのであくまでイメージであるが、一言で言えば、過激なまでの高性能と、使いこなしの極端な難しさが同居したアンプである。

私がそれまで使っていたのはSONYのTA-DR1で、このアンプの前身とも言えるモデルである。こちらはどちらかと言えば、おっとりした性格で、設置やケーブルにも穏やかな反応を見せる扱いやすいモデルであったが、このSD05は、シャーシが軽いためか、設置やケーブルに非常に、非常に敏感である。

私も過去にそれなりの数のアンプを使ってきたが、ここまで敏感なモデルは今まで無かった。

私だけかと思えば、ファンクラブページ、および、その他のサイトでも、ケーブル、置台、ソース機器などでかなり苦労している様子が伺える。

とにかく、このアンプを入手した場合は、ポンと置いて良い音が出ることを期待しないほうが良い。電源ケーブル、デジタルケーブル、設置、ソース機器・・・全て再吟味が必要になる可能性がある。入手の際はかなりの覚悟が必要だろう。

では、そこまでして出てくる音とはどんな音なのか・・・?

まず一聴して驚くのがサウンドステージの広大さと音のハイスピードさだろう。視界一杯のサウンドステージが無音から一気呵成に立ち上がり炸裂する様は圧巻である。

音調は上から下までパーフェクトと言えるフラットであり、低音は引き締まって力強く、高音はキラキラするところは皆無で素直に伸びきっている。脚色らしいものが無く、ソースのベールを1枚も2枚も剥いで直接見ているような、客観性の高い音である。

全体的に歪みが少なく、開放感に満ち溢れているため、ついつい、どこまでもボリュームを上げて聴きたくなる。気が付かないうちに爆音になりがちなので注意が必要である。

弱点は何と言っても使いこなしの難しさだろう。

ファンクラブである程度ノウハウは確立しているようだが、推奨ケーブル、推奨インシュレーター、推奨ソース機器、全て販売中止などにより入手困難である。となると、自分で試行錯誤するしか無い。

しかし・・・ここまで脅しておいてなんだが、このSD05、使いこなしは難しいが、その作業は決して大変ではない。

通常のアナログアンプであれば、使いこなしが難しい=作業が大変、であるが、SD05はデジタルアンプである。重さはたったの10kgで、ウォームアップも不要である。ケーブルは、電源とデジタルの2本とスピーカーケーブルのみである。インシュレーターをひく、ケーブルを交換する、配置場所を変える、いつでも気が向いた時に簡単に行える。

その意味では、大昔の30kg超のアナログアンプに比べて使いこなしは難しいが「楽」であると言ってもいいのかもしれない。

そういえば、せっかくなので、フルデジタルアンプならではのSD05の特徴についても触れておこう。

使いこなしの試行錯誤が圧倒的に楽であることは上で述べたが、その他にも、消費電力が小さく真夏でも快適に使えること、筐体が密閉構造で掃除が極めて楽であること、デジタルを直接入力できるので最近のPCオーディオ、ネットワークオーディオと相性が良いこと、ウォームアップが不要ですぐに高音質で聴けること・・・など、アナログアンプに無い様々な良い点がある。

一度フルデジタルアンプに慣れてしまうと、もうアナログアンプには戻れないと感じるほどだ。

また、ガレージメーカーでありながら、修理の体制やサポートが非常にしっかりしているのも特徴だ。私も中古で入手してオーバーホールに出したが、非常に丁寧かつ迅速に作業いただき、かつ料金も良心的であった。

サポート用のパーツも十分確保しているとのことなので、パーツ保有期間が過ぎると修理できなくなるメーカー製コンポよりも安心度は高いかもしれない。

最後に総括すると、このSD05は、素晴らしい音質、フルデジタルアンプならではの利点、信頼出来るサポート体制を併せ持つ類まれなる機器であるが、使いこなしの難しさもまた、類まれなレベルである。入手には覚悟が必要であるが、見返りは極めて大きい。

【SPEC】
●定格出力:100W×2(4Ω) ●適合スピーカーインピーダンス:4Ω以上 ●全高調波歪率:0.15%以下 ●周波数特性(パワーブロック):10Hz〜50KHz(±3dB) ●SN比:90dB ●デジタル入力:32KHz〜96KHz 24bitに自動対応 ●入力端子:BNC×2、RCA×2 ●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:100W(定格出力1/4トーンバースト)、15W(無信号時) ●外形寸法:430W×98H×365Dmm ●質量:10.2Kg

マイルーム

将来は専用室が欲しいのう・・・
将来は専用室が欲しいのう・・・
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

リビング兼用のオーディオルームです。

所有製品