ガッツ
ガッツ
2000年頃から、この道に入っていました。 プロジェクター遍歴は、こんな感じです。 SONY  VPL-VW10HT SHARP XV-Z9000 VICTOR DLA-HD100 VICT…

日記

お気に入り製品

最新の日記

【DolbyVision】HDR10→Dolby Vision変換

夏季休暇の気まぐれ記事、第2弾です。


■Oppo UHDプレイヤーの最新FW
発売終了したOppo UHD BDプレイヤーですが、ちょっと前にHDR10->DV変換機能をFW更新で追加しましたね。
これは美味しい機能ですよ!



LGなどのDV対応TV、Oppoプレイヤーをお持ちの方は是非ご確認してもらいたい。
暗部階調に不自然なグラデーションが発生していたソフトもこのプレイヤーの機能を適用すれば、改善されます。

注意点としては、TV側のダイナミックコントラスト機能などのコントラストを動的に弄る機能はオフでお使いください。
LG 2017年モデルのC7PにOPPO 203を接続し確認しましたが、これは良いですね。

アンダーワールド ブラッドウォーズを是非この機能を使って視聴してみてください。
ch9前後の夜空に吹いている風が不自然にたなびく事はありません。(笑)


視聴にあたり、C7Pの各ピクチャーモードのキャリブレーションを実施しております。
HDR10用のシネマダーク
DV用のシネマダーク

■キャリブレーション関連メモ
CalMANのHDRキャリブレーション時の設定メモ
HDR10のみパターンジェネレータのメタデータ設定が変更可能。
コードバリュー値を用いた手動キャリブレーションを実施。

DVキャリブレーション時はパターンジェネレータのメタデータ設定は変更不可。
輝度IRE値(%)を用いたガンマ2.2ベースの手動キャリブレーションを実施。
profileを作成、2.2→EOTF変換を行い、TVでprofile読込。

LG 2017モデルのC7Pに関してはHDR版のCMSはsat,hue,valの組合せが曲者の為、調整は未実施の方が良いはずです。
最新のC8Pなどの8シリーズは3D-LUTにも対応したモデルですので改善しているはず。
キャリブレーションしてみたいところです。

また、SONYも自動キャリブレーションに対応した製品を欧州で発表しましたよね。
機会があればこちらもキャリブレーションしてみたいですね。
Panasonicも恐らく、映像キャリブレーション機能を強化した製品を出してくるでしょうね。


■最後に
やはり、HDRコンテンツの視聴には動的メタデータ対応が必須なのでしょう。
HDR対応TVに関してはDV対応していれば環境によってはOPPOのFW更新対応のような神対応が救いになりそうです。
Panasonicの発売済フラグシップレコーダーやプレイヤー機にもこのような神機能がFW更新で付くと嬉しいのですが。
PanasonicはHDR10+を担ぐようですが、DVをバッサリ切ってしまって良いのか?、
願わくば、DVにも対応表明してユーザを安心させて欲しいですね。

例のJVCのYutube動画ですが、次機種のプロジェクター発表がCEDIA 2018であるのでしょうね。
今冬の商品ですかね。
動的メタデータ対応のアナウンスがあるのか?、注目しています。

ではでは。

最新のレビュー/コメント

PANASONIC

DMR-BW970(ブルーレイDIGA)

¥OPEN(予想実売価格28万円前後)

発売:2009年9月1日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

他の部屋での再生

PanasonicのBDレコーダーはDMR-E700BD、DMR-BW200、DMR-BW900ときて4代目になりますが、
だんだん機能が充実してきいます。

今回、BW900からBW970にステップアップする決心をしたのは以下の点が気にいったからです。

1.他の部屋からでもPS3などからネットワーク越しに録画データの再生が可能
2.録画予約件数が100件以上登録が可能
3.1ヶ月先のWOWOW放送の予約が可能
4.再生品質の向上
5.AVC録画モードでもAAC音声が記録可能
6.データ放送のカット録画
7.真空管アンプモード
8.ハードディスク容量が2TB
9.シアターモード

何点かは、既に前回までのモデル「DMR-x50」で実現されてきていますが、
WOWOWの予約が1か月分纏めて実施できるのは大きいです。

便利な機能は、やはり他の部屋での再生ですね。
家族にリビングを占拠されても自室で再生できるのは大きいです。
私の場合、ネットワーク越しの再生は今回が始めての経験だったので、単純に便利だなと。
PS3での再生なら音声付で1.5倍速再生が可能ですね。
倍速再生機能はどうでもいい番組位のときしか使いませんが。

おまけ程度に考えていた、真空管モードは面白いです。
お気に入りは、モード2ですね。
AAC放送は、LPCM再生に設定した上で真空管モードを選んで再生しています。

映像は、たっぷりと色情報がのった画を出しています。
設置後DLA-HD750で、WOWOW放送のスピードレーサーを見たのですが発色の良さにクラクラでした。

惜しむらくは、映像・音声をHDMIケーブル2本使い、分離出力する方式を採用しなかった事です。
Panasonicは、今後もケーブルは1本でいくつもりなのか、気になりますね。
DVD-A1UD持ちの私の意見としては明らかに分離出力のほうが音が良くなるという認識です。

使っていて気になった点は以下の通りです。

録画リストから再生し、リストを表示する時にリストがなかなか表示されないときがある。
暫く待っていればリストは表示されるがハングしたのかと思ってしまう時がある。

では。

【SPEC】●内蔵HDD:2TB ●デジタルチューナー数:2 ●録画可能ディスク:BD-R/-RE/DVD-RAM/-R/-R DL/-RW ●映像記録圧縮方式:MPEG-2、MPEG-4 AVC/H.264 ●音声記録圧縮方式:ドルビーデジタル(XP、SP、LP、EP、FRモード:2ch記録)、リニアPCM(XPモード時のみ切換可:2ch記録)、 MPEG-2 AAC(DR、HG、HX、HE、HL、HMモード、デジタル放送記録時、最大5.1ch記録) ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル放送、地上アナログ放送 ●出力端子:HDMI×1、D4映像×1、S映像×1、コンポジット映像×1、光デジタル音声×1、同軸デジタル音声×1、2chアナログ音声×1 ●入力端子:S映像×2、コンポジット映像×2、2chアナログ音声×2 ●その他:i.Link1系統2端子、USB×1、SDメモリーカードスロット1 ●消費電力:約29W ●外形寸法:430W×68H×239Dmm(突起部含まず) ●質量:4.2kg

マイルーム

ガッツシアター
ガッツシアター
オーディオ・シアター兼用ルーム / スクリーン~100型 / ~5.1ch

ガッツシアター(カーブドスクリーン編) ・4K HDR映像校正環境の構築完了 ・4K HDR環境の構築完了 ★★特徴★★ シネマスコープカーブドスクリーン+アナモーフィックレンズ(業務用4K対応レンズ)によるシネスコ環境+4K映像校正 <<映像・音響関連>> TV TH-58DX950(ULTRA HD PREMIUM、THX認証、isfccc対応モデル) ス…

所有製品