fuku
fuku
オーディオに興味を持って約30年、ずっとハマッたままです。 途中から大画面でのビジュアルオーディオが加わり、結局スクリーンも導入してしまいました。 八畳の部屋なのですが、ハード・ソフトが多くなりす…

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

あまりにもニッチな(笑)

広い地域で梅雨明けしましたが、いきなりの酷暑ですね。
災害復旧もまだまだですが、何とか円滑に進んでいくことを祈念しております。


さて、一般的にはあまり役に立たない実験をしてみました。
MQA-CDの再生です。
対応DACを用意すれば既設のCDプレーヤーがハイレゾトランスポートになるのがMQA-CDの「売り」だと思うのですが、対応DACはまだあまり多くありません。

で、今回のお題は「MQA-CD対応のプレーヤーなら自己完結して再生できるわけですが、その時DACにはどんな出力が出るのか?」
です。

幸い、拙宅には対応プレーヤーであるOPPOのUDP-205とDACのCometがありますので、すぐに実験できます。
ちなみに、OPPOのネットワーク再生機能を利用するために元々UDP-205とCometはSPDIFで接続してありました。
音源としては、

季刊オーディオアクセサリー169号の付録を用意しました。
プレーヤー側の設定はデジタル出力を「ビットストリーム」にしてあります。

デジタル出力の場合、プレーヤー側がどの時点でデジタル信号を出力しているかで変わってきます。
例えば、現在拙宅で使用しているHAP-Z1ESの場合、DA変換時に「DSDリマスタリングエンジン」によって5.6MHzのDSD信号にコンバートされてからアナログ出力されていますから、デジタル出力からはコンバート前の信号が出てきています。
今回は圧縮(「折り紙」と称されていますから折りたたまれていると言うべきですが)されたデータを展開してからDA変換しているはずですので、デコーディングがどの時点で行われているかで答えが変わるはずです。
OPPOは後日のファームウェア更新で対応していますから、DA変換部分での処理では無さそうなのですが…



そして、答えは、

88.2で出力されました。
音的にもハイレゾらしさが感じられます。
まあ、拙宅の場合だと一般プレーヤーとの投入コストが違いすぎて通常CDとして再生した方が良いのですけれども(汗)
88.2止まりなのは、OPPO側の制約なのか、規格上の問題なのかは不明ですが…

ニッチな実験でしたが、これから自分のコレクションにMQA-CDが加わっていくのかもしれません。
特にPOP・ROCK系のディスクが多いですし。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

近々専用ルームに格上げ(予定)
近々専用ルームに格上げ(予定)
~8畳 / スクリーン~100型

和室八畳ですが、プロジェクターを入れたために遮光(防音機能付き)カーテンをつけました。 狭い部屋に大きなスピーカが入っているため、音量を上げると破綻気味です。 これからは大型ハードの導入はあまりやらない予定(修理不能による入れ替えはあるかも?)なので、セッティングの方を頑張りたいですね。 以下、現在のシステム構成です。 ~2chシステム~ スピーカー:WILSON AUDIO W…

所有製品