fuku
fuku
オーディオに興味を持って約30年、ずっとハマッたままです。 途中から大画面でのビジュアルオーディオが加わり、結局スクリーンも導入してしまいました。 八畳の部屋なのですが、ハード・ソフトが多くなりす…

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

出逢いは突然に(続「二番目の誘惑」)

「♪あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら♪」

…こんにちは。
酷暑も一段落、と思いたい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、以前セカンドシステム用のスピーカーを入れ替えた話を書きました。
その時は

B&WのLM1から

HarbethのHL-P3に替わりました。
そして、別に不満も無く過ごしていたわけですが…



ある日、いつもの「しゃちょー」さんの店で出逢ってしまったのです。

ROGERS LS3/5A(15Ω)です。
かつて、「じーちゃん」が音にも拘りたい音楽好きに勧めていた組み合わせがREVOX(アナログだとLinnのAxisでしたが)、Musical Fidelity、そしてBBCモニターでした。
密かにあこがれつつも当時は高嶺の花でした。
その後、90年代に入るとB&WやSonus faberの世評が高くなり、ROGERS自体もいろいろあって、良い話を聞くことが少なくなっていました。
ただ、私の中でBBCモニターについてはいつも憧憬を感じていて、一時期はLS5/12Aの導入を真剣に考えたりしたこともありました。
まあ、その後B&WのM802にいってしまったわけですが(汗)

セカンドシステムとして使用しているHARBETH HL-P3も創業者のDudley Harwood氏が元々BBC在籍中にLS3/5Aを設計していますし、HL-P3はサイズ等も含めて明らかにLS3/5Aを意識して作られています。

並べてみてもサイズはほぼ同じですね。
ただ、目指しているところは少々違うようです。

バッフル面の処理を見るとLS3/5Aはバッフル面での不要な反射を嫌って吸音材を貼付してありますがHL-P3はそのままです。
音にも違いが出ていて、超ニアフィールドだとHL-P3は少し音に滲みを感じます。
小音量再生時の特性にも差があるようで、LS3/5Aと比較するとHL-P3はスピーカーから少し離れて常用音量も少し大きめでの再生を想定しているように感じました。

拙宅での鳴らし方を考えるとLS3/5Aに軍配があがります。
と言うことで、交替となりました。
置き換えただけですが、やはり良い音ですねぇ。


昔、憧れていた人の面影を追って付き合った彼女は、実は憧れていたその人の姪だった!
憧れだった人と昔話に花を咲かせているうちに、二人の仲は急速に深まり…

うーん、昔懐かしいトレンディドラマ的な展開な感じですね(笑)



で終わる予定だったのですが、
気が付いてしまったのです…

現在、メインのWatt3は、
○バッフル面の反射を防ぐために吸音材が貼られている。
○低域の伸長を図るために専用サブウーハーPUPPY2が用意されている。
セカンドのLS3/5Aも、
○バッフル面の反射を防ぐために吸音材が貼られている。
○低域の伸長を図るために専用サブウーハーシステムAB-1が用意されている。
(LS3/5Aについては、正直な所、AB-1は蛇足な気がするのですが)

…なんだか似すぎているような(大笑)

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

近々専用ルームに格上げ(予定)
近々専用ルームに格上げ(予定)
~8畳 / スクリーン~100型

和室八畳ですが、プロジェクターを入れたために遮光(防音機能付き)カーテンをつけました。 狭い部屋に大きなスピーカが入っているため、音量を上げると破綻気味です。 これからは大型ハードの導入はあまりやらない予定(修理不能による入れ替えはあるかも?)なので、セッティングの方を頑張りたいですね。 以下、現在のシステム構成です。 ~2chシステム~ スピーカー:WILSON AUDIO W…

所有製品