coara
coara
オーディオ歴25年のおじさん

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気にいられユーザー

最新の日記

過去最高、SYLVAN 夢のような音色、恐るべし。

だだいま感動しています。オーディオ歴30年近いおじさんが。SYLVANを作ってくれた日東紡音響エンジニアリングさんありがとう。。。感謝のレポートです。
 今日は休みで、子供たちにもかまわず、朝から一人で、3日前に来たLINNアキュレートDSを鳴らし込んでいました。聴きながら、パワークリーナーを入れようか?、セッティングを小変更しようか?など考え、お昼前にはオーディオ店に、あるインシュレーターを頼もうと思っていたところ、宅急便より電話があり、いまから音響パネルが来るとのこと。お昼ご飯を食べているところ『SYLVAN』が届きました。かなり重い。よっこらしょ。と引きずるようにオーディオルームへ持っていき、箱だし。この時期なのに汗びっしょりになり、服を着替えて、お茶を飲んで一服。しばらくして、オーディオルームへ向かう。
 その際に、何となく勘が働き、LANケーブルを1年前に使っていた、2mの普通のカテゴリー7を持っていき、オーグラインの代わりにつけ、SYLVANはオーディオルームの入り口付近に置いたまま、平原綾香さんの『そら』をなんとなくライブラリから選び、ステレオサウンド詩を手に持ち、椅子に座ったまま、それでは、、とリモコンでスタート。
 音が出た瞬間はいつもどおり。?しか〜し、5秒くらいしたところで、『なんじゃこりゃ?』音が毎秒毎秒変わっていくではないか。かなりの効果だ。感じながらも、今まで感じたことのない、床から椅子へ伝わる振動感。(表現は難しいのでしません。)
 2曲目に入ると、もう過去最高の世界。目は閉じたまま、本を見る気にはとてもならない。ピアノが、グランドピアノだとはっきり分かり、また、タッチがまるでこの部屋で引いているように見えます。大ホールのコンサートでも、小さなホールのコンサートでも、野外コンサートでも、聴いたことの無い、素晴らしい響きと音色。たぶん、聴いたことはありませんが、『スタジオで、ピアニストの横で聴いているような?感じ。』チェロはN響の第1チェリストをS席で聴いているよう。この時点で、ピアノと重なる弦楽器群は、過去最高。もう、目を閉じたまま、動けません。4〜5曲目ぐらいからでしょうか、平原綾香さんの声が、、鼻から抜ける声まであまりにリアル。最後まで動けず聴いてしまった後も、10分ほど、しばらくは目をつぶったままでした。
 聴いていて思ったのは、過去に経験が無い音だったこと。生のコンサートでも。そういえば、SYLVANは森の中での音をイメージしているようなことを何かの記事で書いてあったことを思い出しましたが、森の中でコンサートなどないと思いますが、もしあったら『こんな感じ?』とも思いました。
 気づいたことはたくさんありました。オーディオ再生における、消してきたこと。変に足してきたこと。でもあえていいます。どうでもいいと。『それがオーディオだから。』
 SYLVANの制作者の方、ありがとうございました。
 我が家のSYLVANはオーディオルームの入り口といった、ほとんど効果のなさそうな位置においていますが、数ヶ月は動かすことはないでしょう。
 ちなみに、私はSYLVANの回し者では決してありません。過去に使った整音パネルでかなりの効果のあったものもたくさんあり、『これをまた今回も。』とも思いましたし、最終的には、使ったことのない、FlexumとSYLVANのどちらを買おうか、1週間前まで悩んで、置き場所の自由度といった一点で、SYLVANを買いました。これほどの効果は期待しなく。
 この冬は音楽を聴きまくることになるでしょう。
 率直な感想ですが、『お買い得。』『得難い。』借りることができるのかどうか知りませんが、一度試したらと思いますよ。
 

最新のレビュー/コメント

Evidence AC

AET

Evidence AC

¥315,000(税込)

発売:2009年10月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

このケーブルは、日本人の誇りです。

約半年ほど前に、電源ケーブルAETEvidence ACを2本購入しました。
理由は、ミュージシャンが使っていることでした。
ミュージシャンの耳はオーディオファンの一人である私よりも的確で、『突っ込み』も遠慮なしで、あるミュージシャンの方が、自宅の音を『ぼこぼこ』に指摘してもらったことがあるからです。
もう10年以上前ですが、それ以来、時々暇なときに聴いてもらっています。
本題ですが、LINN KLIMAX 350Aに使用したのですが、『目から鱗』メーカーのアンケート用紙にも、『一生使い続けます。』などと書いてしまいました。その後、プリアンプ、プレーヤーにも複数購入し、使っています。
コードは『色付け』となり、高価なケーブルを使うのは、10年ほど前から意識して避けていましたが、このコードは『音楽とは?』という基本であり、目指す先を自然な形で教えてもらいました。今は、何の躊躇もなく、このコードを総ての機器で使用しています。かなり高価ですので、お薦めとは言いがたいようにもありますが、高価な機器で悩んでいる方には、単純に『近道』だと思います。

【SPEC】●ラインナップ(税込):¥378,000/1.8m、¥504,000/3.0m ●導体:国産プレミアム・バージン銅(3.0スケア×2) ●導体構造:3層円筒構造(各層反転) ●構造:4芯平行 ●絶縁体:高純度フッ素樹脂 ●遮蔽:グラファイト・ファイバー/アモルファス合金リボン ●端末:PSE-GRプラグ

マイルーム

オーディオルーム
オーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

20年前にオーディオルームを建築。約20畳。その後に増改築し、居住スペースとオーディオスペースを分けています。電源も電柱から別にとっています。

所有製品