さまよえるオーディオ人
さまよえるオーディオ人
カミサンと二人暮らし。子供がいないことをいいことにオーディオごくつぶし生活してます。将来どうなるのでしょう・・ 不安ですが、この病気治らないようです。

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新の日記

ケーブルの力をやはり感じてしまいました。

わが末期的症状のケーブルの病はついにステルスのIndraに手を出してしまいました。
今までもステルスはメタカーボンという充分尋常でない価格のケーブルを使用して、
さすがにもういいでしょうと思ってたのですが。
わがシステムはリンCD-12をトランスポートにWADIA27(初代)を
DAコンバーターにして少し古風ながら現在のデジタル機器が忘れた音の充実感を
楽しんでます。
DAコンバーターとプリアンプに使用していたメタカーボンRCAをIndraRCAに
変えました。良い意味でケーブルの存在が消えました。今まで聴こえていなかった
ノイズが聴こえてきました・・・
びっくりするだけでなくある意味恐ろしさも感じました。
いくらなんでもこれであがりだと思うのですが、これをお譲りいただいた方は
新製品でさらに上級のサックラになさるとのこと。
ダイナ新宿店秋山さんのブログでも触れられていますが、先日秋山さんに
お会いした時「Indraとやはり違う。具体的にどうこう言えないけれどやはり上。
すごいですよ。」とのこと。
この書き込みみてあきれ果てる方も多いでしょうが自分のようなものがいるから
尋常でないケーブルの世界も成り立っているのでしょう。
これからもどうなりますやら・・・・


最新のレビュー/コメント

RXL8

TRANSPARENT

RXL8(Reference XL Speaker Cable)

¥1,575,000(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

はまればやはり凄いケーブルでした。

ケーブルにはいまだ苦労してますが(半分楽しんでる自分が怖い)今使用しているオーディオマシーナPureSystemに対するスピーカーケーブルには特に苦労させられました。
価格問わずいろいろ試しました。必ずしも高価なものがベターといえませんが、
結局某国産メーカーのトップランクのものが価格も考えて一応納得しておりました。
そこにこのケーブルの3m物の試聴の機会がありました。なにせ中古とはいえ定価は今まで自分が
使用した中でダントツでしたし、そのケーブルの太さモジュールの大きさはジェフの201に継げると何とアンバランスなこと・・
カミサン曰く「(アンプが)なんか蛇に襲われている蛙みたいでかわいそう」
しかし出た音はとにかく実在感があり、濃さがありながら、ニュートラルな
音調にうなるしかありませんでした。
もちろん過去の体験からケーブルが変わると音調が変わりよくなったように思うことが
何度もありましたので、お盆をはさみじっくりと聴きました。
しかし印象は変わらず、(格安にしていただきましたが)とんでもない買い物となりました。
このクラスだととてもではないですがちょっと聴きでは判断できませんし、決断も出来ません。ですから自分は幸運だったかもしれません。
しかしうれしい反面、我ながらとんでもないケーブル病患者と寒くなった懐を感じながらため息をついてます。なんともなりません・・・

RXL10(3m/ペア)\1,370,000 +5FEET(+1.5m/ペア)\120,000

マイルーム

さまよえるオーディオ人
さまよえるオーディオ人
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

木造一戸建ての二階なので、床の強度が音に影響しているのがわかっているのですが、 手をつけるのが困難なのが悩みです. あと重量のあるオーディオ製品をセッティングしてもらうたびにオーディオ店の方には 苦労かけてます。SISオーディオの方々には特に迷惑かけてます。 あとけーぶる病の重症患者でもあります。

所有製品