音楽愛好家☆
音楽愛好家☆

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

深夜の真空管鑑賞

einsteinのfinal cut Mk60Ⅱ(モノブロックの真空管パワーアンプ)をget! 2モデル前~8年以上昔のモデル~でしかも今は輸入代理店はeinsteinは取り扱いを辞めてしまっている。真空管のパワーアンプであり、いわば危険な中古のように思えてならなかったのだが、魅惑に勝てず導入となった。幸い状態は良好。

漆黒のボディの中心に動作インジケータがあるのだが、それは更に暗い黒色で奥行きがある。その闇の深くに一点の青い光。

The light in the dark(同社の名機、このfinal cut Mk60Ⅱも外見~特に全面パネルはほぼ同形)は詩的であまりにも美しい命名だった。この美しいアンプにポエジーな名前(闇の中の光)を付けた理由が理解できた。

若干レトロな音楽再生になるが、音色のコントラストはかなりハイレベルで鮮度の高さは格別。濃密で暖かく官能的で聞き心地がよい。音像の粒子は少し大き目。ヴオーカルのこってりとした人肌感がたまらなくよい。

間違いなくクラシック向けのパワーアンプでしかも1950年代、60年代、70年代位の名演奏を雰囲気たっぷりで聴くのがたまらなくよい感じ。


深夜に一人、照明を落とし、真空管の灯りだけで聴き惚れていると、現実の世界はすべて消え失せ、すべては死にたえてゆく。そして波のように押し寄せてくる感動の嵐の向こうから、原初の光が私を照らし、いまここに蘇ってくるのは新しい光の世界の予感。

現実の世界の闇はますます深くなってゆくようにみえるけれど、この深い闇の中で人の光も強くなってゆくだろう。闇は解読されるのを待ち、やがて解き証されて光になる。



今年はよいことがいっぱいありそうだ。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

音楽愛好家☆の書斎
音楽愛好家☆の書斎
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし

SP)ktema CDP)Grandioso K1X プリアンプ1)viola sonata プリアンプ2)EAR912 パワーアンプ1)viola bravo パワーアンプ2)einstein finalcut mk60Ⅱ 電源)…

所有製品