metabolee
metabolee

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

最新の日記

「2012」は、これでもか!がてんこ盛り。

先日、先行試写にて拝見しました。 
あの、ローランド・エメリッヒ型 てんこ盛り CG作品でした。

これでもかと、言うくらい次から次へと場面が出てきます。予告編で流れるL.Aの
崩壊シーンは序の口です。予告編で5分位流れてますがもう少し場面は多く、細かいです。
とてもリアルです。と、いってもジョンキューザックの脱出はムリ、ムリですが・・・。

本当にCGは半端無いって感じです。好きな人は感心するのではないでしょうか。

イエローストーン公園の噴火、ホワイトハウス崩壊、ハワイの壊滅、その他諸々の
壊滅的シーンが出てきます。途中 「日本沈没?」と思わせるシーンも出てきます、
監督は雑誌に「日本沈没は見ている、これは多いに刺激を受けた」ような事を
しゃべっているだけにあるところ感じが似てたなって思いました。

監督は大津波が大好きなようでこれでもかと言うくらい描かれてます、とくにチベットを
襲う大津波この表現もスリル満点、一作ごとに進化が見られます。
デイ・アフター・トゥモローでニューヨークを大津波が襲うシーンがありましたが、
優にリアル感が向上し、質感もスケールUPしてます。

冒頭のL.Aの崩落の最後にL.Aの町が地滑りを起こし海に沈み込んでいくところ
も凄くリアルに表現されてます。

複数のデジタル工房が最新の技術の導入で協力し合いながら作り上げた賜物です。
さぞ、ものすごく複雑で大変だったことでしょう。

こんなのですが話の筋はやはり王道のアメリカ映画らしく家族愛、団結力、大統領の自国愛
新たな未来 などお約束の筋で、つっこみシーンも数あれど 満足出来るレベルでしょう。
このような映画がお好きな方は今週末から始まりますので「劇場でサラウンド ガンガン」で
お楽しみ下さい。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

我が家の視聴環境
我が家の視聴環境

我が家は リビングを利用して楽しんでいます。 KURO 5010HD BuL Rec X-95 Bul Play LX-52 D-VHS HR30000 HD Rec  D95、X-7 Sp   PE101A+LE101Aオリジナル(ケーブル、内防音素材) AMP  なし S SP なし HDMIケーブル  W.W Sli-ST-Li、Audio Tecni

所有製品

所有製品は登録されていません