ヘリポン
ヘリポン
ダブルHD化 完了。 最近はハードの物欲も一段落したので、まったりとソフトを楽しみます。

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

最新の日記

振り返ると

まさに、激動あっという間の一年でした。

オーディオは激動ではありませんが

ラックを導入したことです。
配線の取り回しとラック位置の調整等で1カ月以上遊べました。

床置きより見た目スッキリです(^^)v
センターラックなので音への影響が考えられましたがラックの音質メリットの方が大きかったです。


今年飲んだワインを数えてみました。
32本。・・・2週間に1本以上のペースですね。

今年のNo1

澄み渡ったピュアな果実味と大地の香りが調和しています。
酸も程良く非常に飲みやすくイヤな味が一切しません。
ご馳走様でしたm(_ _)m

まぁでも今年の一番の激動は
天使の誕生です。
オーディオどころでは無い日々です。来年もかな?

最新のレビュー/コメント

VPL-HW10

SONY

VPL-HW10(BRAVIA)

¥OPEN(予想実売価格300,000円前後)

発売:2008年10月20日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

いい時代になりました

LCOS(反射式液晶)が20万円台で買えるなんて夢のようです。
エントリー機であっても、もの凄い実力です。

本命はHD350でしたが予算厳しく最後はHC7000と比較して、HW10にしました。

画質については絶対黒や奥行間はさすが上位機には敵いませんが実用的には十分です。
リモコン本体から一発で画質モードが変えられるのでソフトに応じて簡単に切り替えできるので便利です。
オートアイリスも変な癖は見受けられません。ただ目が悪いだけかも知れませんが(^^;)

動作音はカタログスペックだと他社より若干劣りますが(公証22dB)私には無音に聞こえます。
アイリスのジー音も聞こえません。
自分の頭の真上に置いていて気にならないので、大抵の人には問題にならいと思います。

プロジェクターでは、かなり重要な設置性ですが・・・コイツ本体デカイデカイ。

以前のHC900Jの軽く倍の大きさです。静音とのトレードなんでしょうね。しかも重い。
レンズシフトも上下65%左右25%で比較的自由が利きます。

ちょっと声を上げて残念な点を一つ

奥に電源ケーブルが見えますでしょうか?
あまりにもインレットが本体奥にありすぎて最近流行の丸型(オヤイデC037シリーズとか)が装着できません(ーーメ)
しょうがないので昔のオヤイデのプラグで自作しました。
市販ケーブルも非常に数が少ないですが自作にも良いパーツが少ないだけに電線病さんは要注意です。

【SPEC】●パネル:0.61型SXRD ●光源用ランプ:200W 高圧水銀ランプ ●レンズ:1.6倍ズームレンズ(手動)f18.5〜29.6mm/F2.50〜3.40 ●投射サイズ:40〜300型 ●輝度:最大1000ルーメン ●コントラスト比:30,000対1 ●主な映像入力:コンポジット映像×1、S映像×1、コンポーネント×1、D-sub 15ピン×1、HDMI×2 ●ファンノイズ:約22dB ●消費電力:300W(スタンバイモード時:約8W、エコモード時:約0.5W) ●外形寸法:407.4W×179.2H×463.9Dmm ●質量:約10kg

マイルーム

新しい世界
新しい世界
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~5.1ch

メインは2chオーディオ。 シアターは4.1chで鳴らしてます。

所有製品