昌
オーディオの闇に入ったのは、中学入学時の家具調ステレオセット トリオの大きな3点セットでした。 そして、AVをはじめ20年以上も過ぎてしまい・・・ デジタルが主流ですが、本人は至ってアナログです…

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

電気製品の寿命について

前回の日記にて、約10年前のHDDレコーダの修理記事を掲載してから、
改め、原因となった電気部品「電解コンデンサ」に関して調べてみました。

知っていたつもりでしたが、小生には驚きの内容が沢山あり勉強になりました。

既にご存じの方には、取りとめもなくまとまりのない日記ですのでパスしてください。
自慢するわけでもなく、知らなかったから知ってもらいと思い日記にしました。


この問題は、結構昔からあった話で、有害物質 「第四級アンモニウム塩」
それが、1980年代の電気製品には数多く使われていたとのことです。

以下、「電解コンデンサ」 に関する各方面の引用となってしまいますが、
読み飛ばしていただいてもかまいません。


コンデンサの動作に関して詳しく説明されています。

「EDN Japan 電子設計の基本と応用がわかる」
重要3大部品の1つ、 コンデンサのルーツと基本機能

電解コンデンサが円筒状になっている理由


問題となる、電解コンデンサ問題
Wiki 「不良電解コンデンサ問題」

パソコンの電源に使用されていた、コンデンサのパンク(液漏れ)を
製造メーカ含め、情報隠ぺいしていることを手厳しく指定しています。

確かに、今回の修理原因は


取り除いた跡も


液体は違うのかもしれませんが・・・

詳細な事例説明として
「EDN Japan 電子設計の基本と応用がわかる」より
Wired, Weird:電源修理のコツ ―― 発熱部品と空気の流れ

Wired, Weird:国境なき電解コン劣化問題

Wired, Weird:マージンのない電源の危険性

Wired, Weird:シーケンサの修理(1)4級アンモニウム塩との闘い

Wired, Weird:80年代末期の“亡霊”に注意、現代の修理業務でも遭遇率高し


電気設計で有名な法則だそうです。

アレニウスの法則  説明1  説明2


関連情報として、オーディオではありませんが、

無線機(ハム)関係の方の説明

このHPが小生には一番よく理解できましたし、色々と調べるきっかけとなりました。
このHPがなければ、今回の修理はそれで終わりでした。

PC関係の方の問題

実は電源、マザボを含め、アジア製が多く当座動くことが保障されていればOK
十年なんて寿命は設計時点で考慮していないと思います。
それで、こんな状況が発生していると思います。

確かに、自分が使っているPC(会社のは)6年前後で入れ替えしますね!
リースの関係もあるし、性能面でも、OSが重くなってしまう 等々
※ 自宅のPCは、10年選手はいませんが、7年程度は当たり前です。

PCオーディオを楽しまれている方々も多くいらっしゃいます、
内部の掃除を兼ねて、コンデンサのチェックをしては如何でしょうか?
交換に関する、参考HPは沢山ありました。

こんな悲惨な結果になる前に


コンデンサの選択基準として、
85° がオーディオでは使われています。
先ほどの法則を考えると、105°以上のモノにするとより長持ちする?

それば何とも言えませんが、設計時点の部品配置(温度管理)と空気の流れが
しっかりと設計された製品は、長持ちするようですね!

再度掲載しますが、今回の原因となったコンデンサは、放熱板の目の前

青で囲った部分が放熱板です。

製品全体として、


製品の電源部分には、空気排出用にファンが取り付けてあります。
熱い内部の空気を温度による対流を利用して強制排出する構造だと思いますが。
多くの部品が集中して配置されている箇所なので、思った以上に流れないのかな・・・
青でマークしているモノが、交換したコンデンサです。

軽量かつコンパクトな設計も必要なのでしょうが、
購入した製品が、簡単な原因で壊れるってすこし残念です。

長文、内容主旨不明にて申し訳ありません。

最新のレビュー/コメント

DMR-BWT3100K

PANASONIC

DMR-BWT3100K(ブルーレイDIGA)

¥OPEN(予想実売価格28万円前後)

発売:2010年9月15日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

2台目を購入

かなり時代が進歩していました。
画質も良くなっています。
それに容量が倍になってお値段が約半分とは・・・・

【SPEC】●HDD容量:2TB ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル(CATVパススルー対応)、地上アナログ ●入出力端子:S映像入力×2/出力×1、映像入力×2/出力×1、2chアナログ音声入力×2/出力×1、光デジタル音声出力×1、同軸デジタル音声入出力×1、D映像出力 D1〜D4×1、HDMI映像・音声出力×2、i.Link(4ピン)DV入力/TS出力×1 ●その他端子:SDメモリーカードスロット×1、USB×1、LAN×1 ●消費電力:約31W ●外形寸法:430W×68H×239Dmm(突起部含まず) ●質量:約4.2kg

マイルーム

リビング兼用
リビング兼用
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~2ch

家族と兼用なので意見が一致しないと映画館になりません? ブラウン管の調整をしばらくしていないため、映像がどこまで綺麗に出るかは不明です。 スクリーンも上げた状態で時間が経過しているので、少し心配です。 当初に入れた、AVアンプ Parasound-HALO  http://www.parasound.com/ プリ  HALO C2 http://www.parasound.co…

所有製品

  • ヘッドホン BOSE QuietComfort 20i
  • ヘッドホン SONY MDR-EX90SL
  • Blu-ray Discレコーダー TOSHIBA DBR-M590
  • パワーアンプ PIONEER M-22
  • ハードラック QUADRASPIRE QAVM
  • ハードラック QUADRASPIRE Q4D
  • プリアンプ YAMAHA C-2a
  • 電源ケーブル ACOUSTIC REVIVE POWER STANDARD
  • その他ビデオカメラ/関連機器 PANASONIC HDC-HS100
  • 液晶テレビ/ディスプレイ TOSHIBA 37Z9000
  • 液晶テレビ/ディスプレイ SHARP LC-32V5
  • 液晶テレビ/ディスプレイ PANASONIC TH-L26X1
  • プラズマテレビ/ディスプレイ PANASONIC TH-P42R1
  • レンズ一体型エントリークラス PANASONIC DMC-FX77
  • CDプレーヤー/トランスポート YAMAHA CD-S700
  • Blu-ray Discレコーダー TOSHIBA DBR-M190
  • Blu-ray Discレコーダー PANASONIC DMR-BWT3100K [レビュー]
  • カーAV CARROZZERIA TS-STX900
  • その他オーディオ関連機器 WADIA Wadia 170 iTransport
  • 電源ケーブル KRIPTON PC-5
  • XLR(バランス)ケーブル WIRE WORLD QBI3
  • レンズ一体型ミドルクラス PANASONIC DMC-FX100
  • HDDプレーヤー APPLE MA146J/A
  • i.Linkケーブル ORTOFON DCI-5044 Silver
  • 音場調整材 KRIPTON AP-5
  • 液晶テレビ/ディスプレイ PANASONIC TH-20LX70
  • D-VHSデッキ MITSUBISHI(三菱電機) HV-HD1000
  • 電源機器 ACOUSTIC REVIVE YTP-6
  • HDDレコーダー TOSHIBA RD-H1
  • スピーカーシステム YAMAHA NS-10MM
  • スピーカーシステム WILSON BENESCH DISCOVERY
  • スクリーン KIKUCHI MEI-110HD
  • D-VHSデッキ VICTOR HM-DHX2
  • Blu-ray Discレコーダー PANASONIC DMR-BW900
  • HDD+DVDレコーダー TOSHIBA RD-XD91
  • 3管式プロジェクター MITSUBISHI(三菱電機) LVP-2001
  • スピーカーシステム YAMAHA NS-10MT
  • SACD&DVDオーディオ/ビデオプレーヤー ESOTERIC DV-50s
  • スピーカーシステム YAMAHA NS-pf7
  • CDプレーヤー/トランスポート AURA note