百十番
百十番
オーディオを再開してから10年程度ですが、真空管アンプの自作に嵌って、2002年からホームページを運営して情報発信しています。 最近は、アンプの製作よりも、デジタルオーディオの研究(PCトランスポー…

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

ラズパイオーディオで試行錯誤~2016年後半のオーディオ大冒険、その4

QNAPの“USB-DACダイレクト接続”の音質が素晴らしく魅力的なのは分かったものの、少々問題がありました。
煩いのです。
HDDのアクセス音が半端じゃありません。
CPUとメモリが非力なのに原因があるのでしょうが、調べたところ、この製品はメモリを足したり、CPU換装したりというシャレた事ができないということがわかりました。

というわけで、死蔵していたATOMベースのネットブックを引っ張り出します。
XPが使えなくなって、Chrome OSを入れたものの、動作がもっさりしてタブレットにその地位を奪われた悲しい廉価版ノートPCです。
しかし、SSDに換装していてそこそこ実力はあるはず。

以前挫折した、LINUXに再挑戦です。
「Voyage MPD」とかはとても難しすぎたので、いろいろ試して、「VirtualBox」などで成功。
やはり、LIXUXが良いようです。
デジタルトラポの改良で、こうも様々に変化するというのは、多くの人がJPLAYとかROOMに挑戦するのがよくわかります。

この成功に気を良くして、ついにラズパイを購入しました。


LINUXが良いのなら、ラズパイのI2S出力もよいに違いない。
ついでに、自作アンプをとっかえひっかえやったので、10月11月は、久々にオーディオ中心の生活(もちろん仕事はちゃんとやりましたよ)でした。

かなりいろいろやったのですが、ここは中略です。

結局、volumio2.0が安定して使いやすいので、それより高音質なものもあるようなのですが、使いこなせず、こちらに落ち着きました。
とかやっている最中に、volumio2.0のx86版が出て、これはinntelチップのwindowsマシン用ですので、既述のネットブックにも難なく入れられました。


ということで、その4まで来ましたが、冒頭のDACのヒューズ交換とネットブック活用(ラズパイより使い勝手外で有利)で、ご機嫌なオーディオ環境になった次第です。

もう一つの、PCM2706という要素ですが、これは結果論だけで謎のままです。
iFiオーディオのUSBDACなどとも比較したのですが、これをDDCとして入れないと楽しめる音にはなりません。
ハイレゾに対応していないのですが、volumioでは、LINUX上で、ハイレゾをDSDファイル含めて自動的にダウンサンプリングしてくれます。
ダウンサンプリングでも、ハイレゾは音が良いです。
むしろその違いが分かりやすいくらい。。

PCM2706とか2704は、手軽なチップでありながら、手を加えると音もよい説くことでファンも多かったチップです。
手軽ゆえ、今でも廉価版の製品に使われているのですが、恐ろしい実力を秘めているのでしょうか?
とはいえアナログ変換はこの機器クラスでは全く期待できないので試してすらいません。
試行錯誤の最中に、高品質の電源も入手したので、そのうち試してみます。
(これが1番だと、他の高価な機器の立場がなくなり、少しまずい事に)

今も、スーザンボイルの美しい歌声を聴きながらこれを書いています。
今後しばらくは、6回払いとした高機能DAC(使っていませんがラズパイも内蔵されています)の支払いで欲しいものを我慢の日々であります。

最後に告知です。
今年前半まで使っていたザクセンの励磁スピーカーシステムは、音質には満足していましたが、わけ有ってヤフオクに出品中です。
当分、落札されそうもありません。



最新のレビュー/コメント

MAJIK DS(DSシリーズ)

¥336,000(税込)

発売:2008年

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

やっぱり凄いDS

日記より転記します。

スピーカーの調子が最近良くて、「スピーカーが消える」傾向があったのですが、このDSでは、音があらぬ方向から聴こえます。

アナログ出力はまだ試していなくて、デジタル出力からSRCでワードクロックを入れてDACのカプリースに入れるという構成です。

明確な音場を伴ってステージが広がり、時として左右のスピーカーの外側からも音が聴こえます。
音が詳しくなり(つまり情報量が多い)、音と音の間の静かさが際立ちます。
SNがどうのこうのという次元ではなく、ライブのように、楽器と楽器の間や音と音の間が無なのです。

☆ホームページで「ネットワークオーディオの研究」構築中。

【SPEC】●サポートファイル:FLAC、WAV、MP3、AIFF ●対応サンプリング周波数:7.35k、8k、11.025k、12k、14.7k、16k、22.05k、24k、29.4k、32k、44.1k、48k、88.2k、96k、1764.4k、192kHz ●対応サンプリング周波数:16〜24bit ●出力端子:RCAフォノ ●イーサネットインターフェース:100Base-T RJ45 ●コントロールプロトコル:UPnPメディアサーバー ●ローカル制御:RS232×2 ●外形寸法:381W×80H×360Dmm ●質量:4.2kg ●カラー:シルバー、ブラック

マイルーム

システム概要
システム概要
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~5.1ch

メインシステム   ・トランスポート             自作PC → クリエイティブE-Mu0404USB   ・サンプリングレートコンバータ    べリンガーSRC2496                         (これにDENONのAVアンプからデジタル入力があり、衛星放送やPCからDLNAデジタル出力なども)   ・DAC                  …

所有製品