takhag
takhag
9.5畳専用室で2chオーディオと7.1.2chAVシステムの両立を目指しています。その他に家族で楽しむリビング7.1chも構築しました。日々グレードアップを画策中です。

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

最新の日記

「ちょんまげ」発見!(笑)

某イベントで、マクラーレン 570GT を見せていただきました。

このクルマです。
http://jp.cars.mclaren.com/sports-series/570gt

助手席側から、インパネを見ていて、視界の隅に何処かで見たようなものが・・・。

ぐっと寄ると・・・・
Bowers & Wilkins のいわゆる「ちょんまげ」がダッシュボードの中央に鎮座しておりました。

家に帰ってホームページを見ると、どうもオプションの「Bowers & Wilkins Audio System」というものが組み込まれたクルマだったようです。

ホームページによると、

”オーディオ・エキスパートとして有名なBowers & Wilkins社がスポーツシリーズのために最適化した12スピーカーサラウンドシステムへのアップグレードが可能です。このアップグレードは、2台のRohacell社製カーボン・ファイバー・サブベース・ウーファーと5台のKevlar社製ミッド・レンジ・ドライブ・ユニット、また5台のNautilus社製アルミニウム・ツイーターを通してクリアな音が表現できる14チャンネル1280Wのアンプを利用しています。”

とのことです。

12スピーカーで14チャンネルアンプという謎は残るものの、さすがにツイーターはダイアモンドではなく、アルミみたいですね・・。

オプション価格は不明ですが、クルマが「家」くらいの値段なので、オーディオは「クルマ」くらいの値段ではないかと想像します。(笑)

見た目でいえば、我が家のセンター(B&W センタースピーカー HTM4 Diamond http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-241.html)の方が勝っている、かな。

久々の書き込みで、全くホームオーディオの話題でなく、失礼しました!

**同内容のブログはコチラ**

最新のレビュー/コメント

HTM4 Diamond

B&W

HTM4 Diamond(800 Series Diamond)

¥367,500(税込)

発売:2010年4月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

「センタースピーカー偏重」正解!

センタースピーカーとして、B&W の HTM4 Diamond を導入しました。

我が家のセンターは、PMC の TB2-SMC。初代モデルです。


フロント 2ch が同じく PMC の FB1 初代であるため、フロント 3ch 同一ユニットですので繋がりは完璧。音像が FR 側を移動する限り、その音色は変わりません。
http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-240.html

で、前のブログにも書きましたが、バランスが最高になると、崩したくなるのが、オーディオファンの性。そこで、センターを入れ替えることにしました。

当初は、そこそこの値段(?)のセンターを物色していましたが、TB2-SMC がそれなりに優秀であるためか、お店からは「そのレベルだとあまり変化は感じられないかも」とのアドバイスが。
そこに来て、いつもお世話になっている某ショップの WEB 店舗にて、アウトレットの B&W HTM4 Diamond を発見。
B&W は手の届かないという印象の一方、Rogers の LS3/5A から始まり、うん十年 UK のモニタースピーカーを使い続けている身としては、いつかは持ってみたいブランドでした。半額金利ローンも、私を後押しし、導入に至りました。


モニタスピーカーを出処とするメーカーの、比較的小径の1ウーファーを持ったセンタースピーカーということで、FR の PMC FB1 との相性は良いと踏みました。

結果的には、「先達の教え」である「センタースピーカー偏重」を具現化することになりましたね。

**詳細レビューはコチラにて**

【SPEC】●構成:2ウェイ・バスレフ型 ●ユニット:25mmダイヤモンド・ドーム・トゥイーター、165mmウォーブン・ケブラー・コーンFSTミッドレ・ウーファー ●再生周波数帯域:-6dB @ 42Hz〜33kHz ●感度:88dB(2.83V,1m) ●高調波歪率:<1% 100Hz〜100kHz、<0.5% 150Hz〜100kHz ●公称インピーダンス:8Ω(最低4.7Ω) ●クロスオーバー周波数:4kHz ●外形寸法:486W×279H×287Dmm ●質量:12.5kg

マイルーム

専用室+リビングシアターで邁進中!
専用室+リビングシアターで邁進中!
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上

9.5畳間の専用ルームと家族と過ごすリビング・シアターの二本立てで構成しています。 9.5畳間は、突き詰めたオーディオと、プロジェクタ中心のビジュアルです。 リビングは家族で気軽に楽しむ50インチプラズマシアター+PCオーディオです。 以下、機材を紹介します。 <9.5畳専用ルーム> ・全景 ・メイン2chデジタル系 アンプ: ESOTERIC I-03 デジタルプレー…

所有製品