カミーノ
カミーノ
オーディオ歴二十年、でも21世紀に入ってから他の趣味に没頭しててお座なりがちでした。 しかし、昨年にMcIntosh MA6900を手に入れてから再び火がつき・・・、ようやく今春、考えに考えて、…

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

X-05をレビューにまとめる

「X-05 導入から~週間」とESOTRIC X-05について書いた記事を編纂して「レビュー」のほうへ載せてみました。

最新のレビュー/コメント

X-05

ESOTERIC

X-05

¥504,000(税込)

発売:2007年12月上旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

良いけど、+30万円の追加予算はいるよ

自分はフュージョンやバンドアンサンブルで奏でるようなポップスなどエレクトリック系の音楽が好みで、編曲者がその曲へのアプローチを託しているベースラインをいつの間に耳で追いかけてしまいます。X-05は批評によれば同価格帯の他のSACD/CDプレーヤーと較べて抜きんでて輪郭やら解像度がハッキリと表現してくれるとのことで、音の傾向に関しては迷いはありませんでした。

実際、アタリでした。解像度とともに描写力もたいへん優れていまして、たとえばギターやベースなどの弦楽器のその弦のピッキングのニュアンスまで表してくれます。これは驚きでした。さすがはエソテリックというところですね。そんな素晴らしいX-05ではありますが、やや不満点もあります。

まず、セッティングに神経質だという部分。置き場所を選びます。堅牢なYAMAHA GTRラックにむき出しで載せていますが、一時期はGTRラックの中の棚板に載せて収納していました。そしたら、とたんに音が悪くなったんです。また、アンプ(自分の場合はマッキントッシュMA6900)と同じラック上では振動が伝わるのか、これもダメで、いま現在はアンプを置いているラックと独立させたラックに載せています。なんと、わがままなX-05様です。

それから、X-05にはデジタル出力端子はあっても、デジタル入力端子がないのです。だから、トランスポートとして分離して使えますが、DACとしては使えません。同じエソテリックでX-05とは同価格帯のSA-50はデジタル入力端子はあり、同軸と光の他にUSB入力端子まで備えているし、両機のライバルとなるLUXMAN D-06もUSB入力端子こそないけど、同軸と光のデジタル入力端子を備えています。ここがかなり惜しい点ですね。X-05はSACD/CDを再生するためだけの機器なんです(ま、当たり前なんですが)。しかしながら、解像度を求めている人にとっては、揺るぎない選択なのは間違いありません。

融通の利かないX-05ではありますが、内蔵のデジタルフィルターのプログラムの選択で音の傾向を変えられる楽しみがあります。それがボタン操作で簡単に切り替えられ、「Wide」(取扱説明書曰く:響きの豊かな、スローロールオフ特性のフィルターです)と「Narrow」(取扱説明書曰く:切れの良い、シャープロールオフ特性のフィルターです)がありまして、あきらかな音の差異が聴き取れます。ただ、「Narrow」のほうがX-05の特性にあっているように感じまして、「Wide」はたんに“引き立て役”にすぎませんでした。あれを導入するまでは・・・。

X-05をはじめ、エソテリックのSACD/CDプレーヤーにはワードシンク機能が付いていまして、せっかくなので同社のマスタークロック・ジェネレーターのG-03Xを購入してつなげてみました。印象としては、音が澄んだ感じになりました。それにともなって、G-03X導入以後は「Wide」も「Narrow」と同じくらい使えるようになっていきました。X-05のパフォーマンスをより発揮出来るものとして効果抜群です。

+30万円のオプションになりますが、X-05の音が悪くなったり、好みの音から外れていくわけでもなく、なによりもエソテリック推奨装備なので購入して正解としましょう。しかし、これから人に「X-05はどうなの?」と聞かれたら、「良いけど、+30万円の追加予算はいるよ」と答えなければなりません(笑)。

【SPEC】●再生可能ディスク:スーパーオーディオCD/CD/CD-R/CD-RW ●アナログオーディオ出力:XLR×1、RCA×1 ●デジタルオーディオ出力:光デジタル×1、同軸デジタル×1 ●ワードシンク入力:BNC端子×1 ●周波数特性:5Hz~80kHz (スーパーオーディオCD、DSDモードダイレクト時) ●S/N比:130dB (スーパーオーディオCD、1kHz、JEITA) ●ダイナミックレンジ:107dB (スーパーオーディオCD、1kHz、JEITA) ●消費電力:15W ●外形寸法:442W×153H×353Dmm ●質量:17kg

マイルーム

ストューディオ
ストューディオ
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

これからこれから

所有製品

  • その他オーディオ関連機器 ESOTERIC G-03X
  • ハードラック YAMAHA GTR-1B
  • プラズマテレビ/ディスプレイ PIONEER KRP-500M
  • SACDプレーヤー/トランスポート ESOTERIC X-05 [レビュー]
  • HDMIケーブル FURUTECH HDMI-xv1.3
  • 電源ケーブル ESOTERIC 8N-PC8100
  • 電源ケーブル ESOTERIC 7N-PC9100 MEXCEL
  • RCA/BNCオーディオケーブル SAEC SL-4000
  • スピーカーシステム PIONEER S-1EX
  • プリメインアンプ MCINTOSH MA6900