kanata
kanata
<最新自己紹介> 2019.7.20 ようやく一山超えました。 2019.6.8 色々あってなかなか大変な日々です。 日々成長する息子と遊ぶのが一番の楽しみです。 2018.8…

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

最新の日記

DAC比較試聴会の個人的な感想

皆さんご無沙汰しております。

今日行って来たはDAC試聴会の個人的な感想を挙げます。
ぶっちゃけこんなことしている場合では無いのですが、たまには息抜きということで。この日記も息抜きです。いつも通り当たり前ですが個人的な嗜好からの感想なのでそこのところご了承下さい。

(取り急ぎアップしますが多分加筆修正すると思います。また、例によってレスポンス悪いと思いますので悪しからず。)




全体を通して(システム的な感想)





DAC+088+911mk3+800D3

システムとして高域が勝っていて、ややフラッターエコーも聞き取れる。ピラミッド型のブルメスターを入れているが800D3のキャラクターが優っている感じ。クラシックでは自分の好みから言えば響きや場の雰囲気成分を削ぎ過ぎ。とはいえ、この構成・音作りは今のオーディオのトレンドの範疇という意味では頷ける調整。

会の進行は
最初に各DAC15分ずつ説明と楽曲鑑賞。
休憩を挟んで3曲を順に同一音源でDACを変更して比較試聴。
という流れでした。

後半の比較試聴での使用音源は
女性ボーカル:Gabrielle Chiararo “night day”よりYesterday once more
クラシック:Juria Fischer “Mendelssohn-Birthday”よりpiano trio no.1
スタジオ系:Steely Dan “Gaucho”よりGaucho



Chord Dave

以前自分で使用していた時は、適度に柔らかく、温度感が高く、やや大きめの音の粒がカラフルに飛んで来る印象だったが、今日は落ち着いていて音の粒が飛んで来る印象はない。自分が使っていた時はspectralと合わせていたからだろうか。

相変わらず独特の音世界に連れて行ってくれる。巷ではここ何年か代表的なDACという扱いだけど、私にはリファレンス性があるとは全く思えない。メインを持っている人がサブとしてその独自の表現力を愉しむ使い方が妥当だと思う。

クラシックは一番妥当性から遠く、デフォルメを感じた。音色も生のものから離れていて独自色が強い。音楽としての纏まりにかけ、それぞれの楽器の奏者がハーモニーを頭に入れず、それぞれ主役を張るつもりで演奏している感じ。

ガウチョはdaveの音としての面白さがよく出る。こういう曲を独自の解釈で魅力的に聞かせるのがDaveの真骨頂だと思う。




MSB discrete DAC

daveに比べて音がやや細いが骨格がしっかりとしている。またdaveに比べて音は硬い。音場にかっちりとした揺るぎない構築感がある。音場はdaveより広い。音の歯切れがよく、特に低域の締まりが良い。
音が立ちつつも音が各個体に留まらず、音楽として繋がる所が面白い。こういう音が立つ傾向のものは音楽としての繋がりはイマイチなものが多いが、見事に両立している。

クラシックの音場の構築性が非常に妥当。前後方向のレイヤーの数が他のDACより数枚多い。場の雰囲気成分はやや削りすぎ。音楽表現はdcsに比べてやや直線的。
ガウチョでは音像の骨格が良く、音が強く、倍音も聴こえ易くうまく耳に乗って来てオーディオ的な楽しみと音楽的楽しみを両立している。



dCS Bartok

滑らかで中庸。音の骨格はMSBほど提示しない。音楽のまとめ方が上手い。鮮度感は落ちるが相変わらず化粧が上手い。音が束となって厚みが出る。クラシックはコンサートに近い雰囲気が出る。ホール的に音場が広がる。明らかに音場成分を足している。
音楽を作るのが上手い。演奏が上手くなった様に感じる。ピアノはピアノで、フォルテはフォルテで、緩急をつけて音楽が淀みなく流れる。分かっている。
記憶の中のVivaldiとは傾向は同じ。音作りはニアリーと言ってもいい。ただ、Vivaldiの方がよりダイナミックに、より厚く、よりオーディオ的な要素も高く音楽を聴かせてくれた記憶がある。ただ、音楽を愉しむという向きには、オーディオ的な要素を殊更に提示しないBartokはとてもいい選択だと思った。

ガウチョはAsoyaji DACより音が太くなる。管楽器は伸びるスピードがやや落ちて作為感が現れるけど、比較しなければほぼ気にならない。やはり音楽の聞かせ方が上手い。



Asoyaji DAC

再生時のプチ音が大きく気になる。これはdsdのミュート回路を付けていないためとのこと。
鮮度が高く温度感も高く暖かい音色。音作りをしていないそのままのdacチップの音と言うのも頷ける。もぎたての果実の様なフレッシュな音。やや乱暴に言えば傾向的にplaybackのdreamシリーズと同じ方向性に在る。しかしdreamと比べてどこかピーキーで音楽が落ち着かない。多分電源が原因で、音にややどっしりとした腰を据えたものがない。
トランジェントがとても良い。直球勝負の豪速球投手。

クラシックは室内楽という小世界を演出感なく一番そのまま表していた。良くも悪くも音源ダイレクト感が高い。この傾向は多分ワンポイントやライブ録音が得意だろう。
ガウチョはやや線の細さが気になる。管楽器の音色はdaveより妥当。ここはトランジェントの良さが音色に効いている。



Esoteric N-01

Asoyajiと比べてガクッと鮮度が落ちて明らかに音作りをしている音になる。グランディオーソシリーズと同傾向でゴージャスかつ押し出しが強い。この音作りならGrandioso N-01を名乗っても良かったのでは?
鮮度感はこの中で一番落ちるが。音楽としてどっしり安定していて聴いていて安心出来る。しかしAsoyajiの後だからだろうか、音が遅くリズム感が悪い。つまりはトランジェントが良くない。音楽がヌルい。音像がやや肥大している。

しかしそれがクラシックではそれが功を奏して、響きが豊かに雄大にゆったりと音楽を提示する。

ガウチョは一番マッチョでノリが良く聞こえた。管楽器も音色の艶が乗って作った音だけれどウットリする音色だ。忠実性ではAsoyajiだけど、楽しさならEso。忠実性≠楽しさだからオーディオって面白い。ロックっぽい太い鳴り方。

S氏の提案でネットワークも試すことに。ネットワークだと音像の曖昧さ、膨れがなくなりとても良くなった。代わりに音像がやや細くなり音楽の説得力と楽しさが減った。気分により使い分けを考えた方が良い程キャラクターが違った。



おまけ
比較試聴の進行について、1曲目は上記の順に、2曲目は逆に再生し、3曲目はS氏がシャッフルして「Dave アソヤジ dCS Eso MSB」の順に再生した。

この順番はS氏の狙いがとても良く分かった。後で狙いを語ってくれたがその意図にいちいち頷いてしまった。やはり良い耳と営業的センスを持っておられる。

最新のレビュー/コメント

AK120-64GB-BLK

IRIVER

AK120-64GB-BLK

直販サイト価格¥129,800(税込)

発売:2013年6月上旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

1に携帯性、2に音質

2013.6.27記述

もともと気にはなっていたのですが、発売直後に在庫があったため長期出張の渇きを癒すため購入してしまいました。
私は3年前まではヘッドホン派でしたが、最近のヘッドホン・イヤホン・ポータブル市場には疎いです。あくまで据置SPシステムメインの人間が通勤用としての用途のみを考えたインプレと思って下さい。
現在の使用時間は50時間程度、エージングは10時間程度で初期段階を抜けて、その後は安定してあまり違いは感じていません。



1.AK120という製品の解釈

このDAPはとても立ち位置が微妙で、人によって評価がかなり変わってしまう製品だと感じる。その一番の原因は128,000円という価格だ。
正直言ってスペックだけを単純に見ると高いと思う。iPodを持っている人間から見るとこの価格なら2段3段の高級ポタアンを組み合わせた運用が可能であるし、単体DAPではHM-901というスペック上は明らかに上位の製品が同価格帯に存在する。(未聴のため音質比較は出来ません)
従って音質のみを考えた場合、コストパフォーマンスが良いとは感じにくい。


しかし、視点を変えてやると魅力的な製品になる。一番のセールスポイントはその小ささによる携帯性の高さだ。

私は3年前はiPod+iQubeを使用していて音質には満足していたがその大きさによる携帯性の悪さに挫折。割り切ってその後の2年間はiPhoneのみの運用。今春に音質が諦めきれずHP-P1を導入して2段生活に出戻りしていた。しかし、やはり2段は大きい。胸ポケットに入らないため満員電車の中では満足に使えず、折角の高音質が発揮出来るシチュエーションが限られしまい不満を募らせていた。
これらの経験から、私はポータブル環境は音質よりも携帯性が重要という考えとなっている。
携帯性を重視したいが音質も捨てたくないという考え方にこの製品はドンピシャなのである。

また、ソフト的な仕様も魅力的だ。
まずクラシックメインの私には必須のギャップレス再生機能が付いていること。据置のネットワークプレイヤーでもそしてDAPでもなぜか驚く程ギャップレス再生が可能な機種は少ない。
そしてDSDを含む全てのフォーマットに対応するという点も使用者の自由度を高めるという点で嬉しい点だ。


この様に、携帯性を軸とした総合力という点でこの製品を見直すと、価格は高いがなるほどその価値もあるのかな、という評価も出来るのではないだろうか。



2.音質

それでは音質についてインプレを行う。

現環境
AK120 → AUDIOTRAK SR1 → SHURE SE535



旧環境(比較対象)
iPod Classic → VentureCraft V73J2AK → Fostex HP-P1 → AUDIOTRAK SR1 → SHURE SE535



基本的に旧環境であるHP-P1との比較論になっているが、私個人の好みによる評価や拙宅据置システムを基本とした評価も加味したものになっている。ご容赦いただきたい。



音色はカッチリとしていて暖かくも冷たくもない、ニュートラルな傾向だ。真面目な日本的音作り(メーカーは韓国だが)で、据置で言うとアキュフェーズの様な傾向だと感じる。いや、アキュフェーズよりも更に遊びがない感じか。メーカーとしての音作りを全く考えず、素のままを出そうという意思が感じられる。個人的には下手に音作りをするよりも好印象だ。

帯域バランスはフラットだ。低域が厚めだという評をどこかで見たが、私はあまり感じなかった。むしろクラシックを聴くのであれば物足りない位だ。しかし、HP-P1との相対的な評価となると低域が厚く(特に響きが厚い)沈み込みもよい。

しかもこの低域の表現力がとても良い、これは特筆すべき点だと思う。低域だけではないのだが、このDAPは音像の芯から倍音や響きに至るまで潰れずに丁寧に滑らかに表現出来ている。特に弦楽器の低域やピアノの低域の表現力はとても良く感じた。

音の線は細めだが芯はキッチリとあり、細すぎて芯がやや物足りない感覚ではない。個人的には太さは良いがもう少し厚さを感じさせてくれると尚良い。

倍音成分や空間の響きも豊富に再生出来ており、HP-P1と比較して音場はかなり広く感じる。左右のセパレーションも良く、音場の広さに一役買っている。流石はデュアルDACだ。

HP-P1との大きな差は背景の静寂性で、音場の見通しが良く音像がより鮮明に浮き上がる。また、解像度や音の分離もすこぶる良い。かと言ってエッジを立てて無理に解像感を演出しようとしている感覚もない。


ここまで褒めてばかりだが、欠点もある。
一番気になるのは音がカッチリとし過ぎていてしなやかさに欠ける点だ。細部を潰さずに滑らかに表現する力があるのだが、カッチリしている音のためどうしても音が縦割りになってしまい有機性を感じられない。音楽よりも音を聞いてしまいがちになる傾向だ。ただ、この点は私のケーブルSR1も影響している様な気がしている。ゆくゆくはよりしなやかで有機性を感じられるケーブルを吟味して変更したい。
また、これは好みの範疇だがあまりにフラット過ぎる。もう少し低域と中域を盛った方が全体的に安定感が出て音楽が楽しく聞けると思う。だがこの商品のコンセプトが「持ち運べるモニタリング環境」なのでこれはただの難癖か。



3.使用感

ここまで2週間使用してみて概ね満足出来る使用感である。一度もフリーズやバグには遭遇していない。安定性は合格点を与えられる。

タッチパネルは小さめでレスポンスもやや悪く、iPhoneの様にスクロールもサクサクとは行かないがストレスが溜まる程ではない。ただ、左上の戻るボタンが押しにくく、しばしば誤って違う操作をしてしまうことがある。

横から突き出しているボリュームは、胸ポケットに入れる私の使用方法ではロックしなくても一度も誤作動を起こしたことはない。ただしダサい。

iPhoneと違って側面の物理ボタンで再生、一時停止、曲スキップが可能なのは個人的には嬉しい点。

付属の本革製カバーは質感も良く、手にも馴染み易い。



4.まとめ

纏めると、この製品は音質という一点のみで考えるのではなく、音質プラス携帯性・ソフト的な対応力の高さ・操作性という総合力で考えてやるべき製品だと感じた。そして、その総合力に価値を見いだす人間ならば導入しても不満はないのではと感じる。それほど音質も良い。

最後に、この製品は音質傾向にせよ、総合力を売りにする製品作りにせよ、いかにも日本のメーカーが作りそうな製品なのだが残念ながら日本のメーカーの製品ではない。私が無知だからかもしれないが、現状このレベルで高い総合力を誇る製品は他に見当たらないため、今後日本のメーカーにも頑張って対抗商品を作って欲しいと思う。特に音作りを放棄した製品であるため、上手い聞かせ方をしてくれるものが対抗商品としてあると個人的に嬉しい。○ニーさん、いかがでしょうか?

【SPEC】●内蔵メモリー:64GB ●対応記録メディア:microSDカードスロット×2 ●周波数特性:20Hz〜20kHz(±0.02dB)/10Hz〜70kHz(±0.2dB) ●S/N比:113dB ●クロストーク:-128dB ●THD+N:0.0008% Typ ●クロックジッター:50ps ●IMD:0.0005% ●インピーダンス:3Ω ●インターフェース:USB 2.0端子/光デジタル入出力端子/ヘッドホン出力兼用光デジタル出力端子 ●対応フォーマット:FLAC/WAV/ALAC/AIFF/FLAC/WAV/ALAC/AIFF ●外形寸法:約59.2W×89.1H×14.4Dmm ●質量:約144g

マイルーム

家族で音楽に浸れる空間を目指して
家族で音楽に浸れる空間を目指して
持ち家(マンション) / リビング兼用 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch

<最新マイルーム> 2019.7.20 まだまだ状況は落ち着かないものの、交流の予定もあり、現状をさらっと晒します。 <現有システム> [Transport] Marklevinson No.31.5L or DELA N1AH30/2 or MF PC (2018 winter) ↓ [DAC] Marklevinson No.30.6L or Lavry DA …

所有製品