Dr.Penny
Dr.Penny
クラシック、ジャズ、ロックと、あまりジャンルにこだわらず色々な音楽を聴いている、アマチュアドラマーのPennyです。たいした機種は持っていませんが、皆さんよろしくお願いします。

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

お気に入り製品

最新の日記

私の夜はあなたの昼より美しい…?

リスニング時間(時間帯)は人それぞれだと思いますが、私はだいたい就寝前です。家族が寝静まってから音楽を聴くことが多いのです。もちろん日曜日の昼間みたいに大音量ではないですが、ボリューム位置的には「9時ぐらい」までは何とか確保できます。普段はそんな感じですね。



自宅事務所で仕事をしている私。普段はMacやPCのデジタルアウトから、EDIROLのDAC付きパワードスピーカーMA-20D(写真上)に繋いで音楽を掛けていたりしますが、たとえば徹夜明けで午前中に仮眠を取るときや、食後の休憩時間とか、気分転換で「昼間に」自室のオーディオで聴くこともあったりします。そこで驚くこと、昼に聴くオーディオ装置の音質が、就寝前に聴くサウンドとあまりに違っていることです。具体的に言うと、いつも聴いている録音の良い最近のCDが、まるでCD登場初期に購入したディスクみたいに、サウンドが「奥まる」というか、「霞」が掛かったみたいになってしまうというか…。これはいったい何が原因なのでしょうか。

まず「周囲の騒音」はあるでしょう。もともと自宅周辺は大型のプレス機などが稼働している工場が多く、窓を開ければ普通に機械の音が聞こえているくらいです。また特に最近は、自宅の目の前で大規模なビルの解体工事をやっているので、築年数の経ったわが家には振動も結構きています。周りに民家は少なく、おかげさまでいつでもボリュームが上げられて助かっていますが、昼の騒音はそれなりにあるという状況です。

また「電源を入れてすぐの再生」という部分もあると思います。とかくオーディオ装置は通電時間で音が変わるもの。少々ウォームアップしてあげた方が、確かにサウンドが落ち着いてくる。でも夜聴くときに機器の立ち上がりでこんな不満はありませんし、そう考えると、やはり「昼」であることが、音質低下の条件になっていると思われます。

この音質低下、特にアンプを替える前に顕著でした。新アンプ導入で少々改善しましたが、同じ様な傾向が未だにあることも事実です。

周囲の雑音を差し引いたとしても、これは「電源周り」なのかなあ…

雑誌やネット、またこちらのコミュニティを拝見していて「クリーン電源」とか「アイソレーショントランス」とか、とても興味があるのですが、オーディオを趣味にしている割に、電気のことはサッパリ分からない文系丸出しな私なので、何かアドバイスがありましたら是非コメントをお願いします。



まあ、ぶっちゃけ「昼間に聴かなきゃイイ」だけの話なんですけどね(笑)

最新のレビュー/コメント

CM5

B&W

CM5(CMシリーズ)

¥160,000(税込)

発売:2008年11月頃

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

懐の深いスピーカーです

スピーカーの間隔を2.2mほど取り、スパイクを付けた純正スタンドに設置。標準的なセッティングだと思います。2チャンネルステレオでのレビューです。

SACDプレーヤー(パイオニア:PD-D9)
プリメインアンプ(デノン:PMA-2000SE)

【音場/音像】
ダイレクトに音が来る感じというか、とにかくハッキリクッキリで、ふわりと優しく鳴るタイプではありません。あまり音が広がる感じでもなく、リスニング環境も含め、まずはきちんとスピーカーをセッティングすることが重要だと思います。音像的にピンポイントなシビアさはないですが、おいしいゾーンは少々狭いのかも。レビューなどでよく見かける「正座して」などという表現が、このスピーカーにはピッタリなのかもしれません。私も試行錯誤しています。でも実際に使っていれば、あまり気にせず聴いちゃってますけれど。

【音質/傾向】
録音の善し悪しをさらけ出すというか、入力されたソースをそのまま描き出す印象です。人によっては「直接過ぎる」かもしれません。高音域は最初はキツめですが、エージングとともに滑らかになってきます。また少々「低音過多」になり過ぎるきらいがあるので、リアバスレフのダクトには付属のスポンジを「ハーフ状態」で詰めています。フロア型には譲りますが、小型ブックシェルフとしてはスケール感はナカナカあると思います。

【アンプとの相性】
きっとマランツが一番マッチしているのかもしれません。特にPM-11S2だったら、きっとどんな環境の方がお聴きになっても満足されるだろうと思います。さんざん視聴して納得して購入したので、私個人としてはデノンPMA-2000SEとの相性も大好きなんですよ。

【セッティング/使いこなし】
購入当初、部屋の家具位置の都合で左右1.5m間隔で聴いていましたがさすがにイマイチ。家具を移動して現在の2.2m間隔に変更したら全然よくなりました。後方からは40cmくらい、左右の壁からは30cm程度空けています。使いこなしですが、バイワイヤリングにすると結構スッキリします。これはおススメです。専用スタンドのスパイク装着に関しては効果はそれほどでもなかったです。最初からスタンドには付属のゴム足を貼っていて、もともと点支持だったからなのかもしれません。

【感想】
これはアンプの実力にもよるところかもしれませんが、とにかくSN比がよく「静寂」そのものです。しかしながら(店頭比較でも分かりますが)、かえってクラシックとかのライブ盤の「客席がざわつく雰囲気」とか超微細な音はあまり出さない傾向だと思います。また音楽以外では、ハリウッドのアクション映画の音を(2チャンネルで)鳴らしてみましたが、とにかく迫力があって楽しい。CMシリーズのスピーカーがAVシアター環境で人気が高いというのもうなずけました。もともと2チャンネルステレオのみで使用しようかと思っていたのですが、現在、これをフロントに使用し、サラウンド環境を構築するかどうか検討しております。

【最後に】
懐の深いスピーカーです。正直申し上げると、現状のシステムで真価をどれくらい発揮できているのか分からないというのが本音です。きっともっとハイエンドな環境でお聴きの方の方が、的確なレビューになるかと思いますが、参考にして頂けたらと思い書かせて頂きました。

【SPEC】●形式:バスレフ型 ●ユニット:165mmウーファー×1、25mmトゥイーター×1 ●周波数帯域:45Hz〜50kHz ●能率:88dB ●インピーダンス:8Ω ●クロスオーバー周波数:4kHz ●外形寸法:200W×340H×301Dmm ●質量:8.9kg

マイルーム

何ともシンプルになりました
何ともシンプルになりました
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

すっかり寂しくなったオーディオラック。昨年はホームシアター化をにらみ、5.1chによるAV再生に足を踏み入れましたが、あえなく挫折。これを機にスピーカーを買い替えました。原点回帰で2ch再生に落ち着いております。部屋も少し広く感じられて、少々気楽になりました。プリメインアンプはDENONのPMA-1500Rで、アナログプレーヤーは、KENWOODのKP-9010が現役です!!

所有製品