hayahono
hayahono

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

バイクとの共存その2

前回のレスでリクエストがありましたバイクが
納まった状態での写真をアップいたします。


↑出入り口から見ますとこんな感じです。


↑室内側から見ますとこんな感じとなります。

普段、音楽を聴く時は、バイクは室内に置いたままで聴いています。
じっくり聴くときは、バイクを外に出して聴きます。

雨天時はバイクが外に出せないので、うちのオーディオルームでの
音楽鑑賞は、天候に左右されます。(笑)


最新のレビュー/コメント

SM-11S1

MARANTZ

SM-11S1

¥577,500(税込)

発売:2007年10月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

BTL しました。

いまでは絶版製品となってしまいましたが、MARANTZのSM-11S1について
レビューしたいと思います。

ステレオパワーアンプとして使っていましたが、いつかはもう1台購入して
BTL接続のモノラルパワーアンプを目論んでいました。
しかしネットで調べてもこの機種のBTL接続時のレビューが見つからず、

どんだけグレードアップするのか?
バイワイヤリンング接続は可能なのか?(取説に書いてない)

「私、気になります。」状態でしたが、先日ついに、2台目をゲットしましたので
BTL接続について、レビューしたいと思います。


↑設置状況です。


↑BTL時のメーター

BTL時にもスピーカーA,Bとも出力出来、バイワイヤリンング接続可能です。

あくまでも私感ですが、音の変化としては力感が増すというより、実在感が増し
たと感じました。正直、今まで以上に音楽を聴くのが楽しくなりました。
1台の時でも使っているB&W802Dを不満なく鳴らせてましたが、一度でも
BTLの音を聴いてしまうともう戻れません。
モノラル化に伴うセパレーションの向上は、駄耳なので、ハッキリ言って分かり
ませんが、音の質感は確実に向上したと思います。


↑ブルーイルミネーションがきれいです。



【SPEC】●全高調波歪率:0.02% ●出力帯域:5HZ〜40kHz ●周波数特性:5Hz〜120kHz ●入力感度:2V ●入力インピーダンス:22kΩ ●ダンピングファクター:110 ●S/N比:101dB ●入力端子:バランス1、アンバランス1 ●電源電圧:AC100V,50/60Hz ●消費電力:300W ●外形寸法:440W×168H×429Dmm ●質量:26.6kg

マイルーム

バイクとの共存
バイクとの共存
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

バイクとオーディオが共存している狭い自室で音楽を楽しんでいます。普段はスピーカーの前にバイクが置いてあります。

所有製品

  • XLR(バランス)ケーブル LUXMAN JPC-10000
  • RCA/BNCオーディオケーブル AUDIOQUEST King Cobra 2
  • ヘッドホン B&W C5
  • ヘッドホン BOSE QuietComfort 15
  • ヘッドホン SONY MDR-1RMK2
  • ヘッドホンアンプ JVC SU-AX7
  • ヘッドホンアンプ SONY PHA-2
  • メモリーオーディオプレーヤー SONY NW-ZX1
  • ヘッドホン WESTONE UM Pro50
  • その他オーディオ関連機器 STAX SRM-727A
  • ヘッドホン STAX SR-009
  • スピーカーシステム B&W M-1
  • パワーアンプ MARANTZ MA-9S2
  • ネットオーディオプレーヤー MARANTZ NA-11S1
  • AVアンプ MARANTZ SR7005
  • スピーカーシステム KEF LS50
  • ヘッドホン STAX SRS-4040A
  • スピーカーシステム B&W 802D
  • その他オーディオ関連機器 ONKYO ND-S10
  • パワーアンプ MARANTZ SM-11S1 [レビュー]
  • プリアンプ MARANTZ SC-11S1
  • SACDプレーヤー/トランスポート MARANTZ SA-11S2
  • スピーカーシステム B&W CM5