serieril
serieril
親からオーディオ機器を引き継いだのをきっかけにずぶずぶと。今はPCオーディオ中心にいろいろトライしています。 でも今のところ旧来のオーディオに超える音は出てくれない。

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

最新の日記

目で見て楽しむPCM-DSD変換

リファレンスで使っている1kHzサイン波を生成しなおしたので、PCM-DSD変換の比較をリファインしてみることにしました。

まずは、作り直したサイン波から。16/88.2, 24/88.2, 32bitFloat/88.2, 64bitFloat(double)/88.2のPCMです。64bit精度でサイン波を生成した後、各フォーマットにあわせて適正なレベルの一様乱数をディザとして加えて丸めてあります。
なお、以降に出てくるグラフのFFTパラメータは、FFTは7項ブラックマンハリス窓、サンプルサイズ32768*Fs/44100、サイン波のレベルは特記しない限り-6dBFS=-6dB SACDで、1kHzでノーマライズしてあります。

※1 24bitIntと32bitFloatの量子化誤差は同一であるとよく言われますが、厳密に言えば32bitFloatの方が少ないです。これは、音声処理に使われる値域が[-8388608~8388607]と[-1.0~1.0]で異なることにも関係しますが、最悪ケースであるフルスケールであっても、24bitIntに対して32bitFloatは2通りの値を取り得ます。Intがレベルに対して密度が一定なのに対し、Floatの場合はレベルが小さければ小さいほど密度が濃くなるので、実際には32bitFloatの量子化誤差は26-27bitIntと同等と言えるでしょう。

※2 理想S/N比[6.02*bit+1.76dB]に対してFFTのノイズフロアが随分低く出ますが、これは、FFTの仕組みに依るものです。あるFsのデータを入力した際、FFTはFs/サンプルサイズの区間のレベル量を出力しますが、サンプルサイズを大きくすればするほど、その区間は小さくなり、レベル量も同様に小さくなります。本条件ではサンプリングレートに依らず、-40dBほど低く出ます。
参考:
https://www.analog.com/media/jp/training-seminars/tutorials/MT-001_jp.pdf
https://www.analog.com/media/jp/technical-documentation/technical-articles/noise-spectral-density-a-new-adc-metric_jp.pdf

さて、PCM-DSD変換はいろんなソフトウェアで実装されていますが、現在入手できるソフトウェアでオフライン処理できるものを集めてみました。前はノイズシェーパーの係数だけ引っ張ってきてやったのもありますが、今回は各ソフトウェアを使ってDSDを変換しました。残るはPyramix、SADiE、SONOMAとなりますが、ちょっとこれはハードルが高すぎますね...。
ソフトウェアによって内部処理精度に32bitFloatと64bitFloat(double)の違いがあるので、それぞれざっくりグループ分けしました。なお、比較用に適当なビット深度のPCMと自前のPCM-DSD_Converterのは毎回加えています。


32bitFloat精度グループ1

・SONY DSD Direct
KORG AudioGate 4
Wave to Dsdiff Converter

DSD DirectとAudioGate 4が完全に一致しているのが面白いです。多分これはMatlab Delta Sigma Toolboxで5次チェビシェフ2項フィルタを用いた際の割り出す最適値だと思います。
Wave to Dsdiff Converterの大本はkoon3876氏のプログラムによるもので、これは色々パラメータがありますが、基本的に7次チェビシェフ2項フィルタを用いたものです。


32bitFloat精度グループ2

JRMC25
SoX-DSD(Clans-8)
XLD

JRMC25はちょっと不明なんですが、おそらく7次チェビシェフ2項フィルタに何かしらの発振防止リミッタを用いたものだと思います。
SoX-DSDはSoXをフォークしてMans Rullgard氏がリリースしたバージョンに実装されています。この係数はAudirvana Plus、Daphileなどに採用されています。これはオプションが色々あるのですが、Clans-8(=恐らく8次チェビシェフ2項フィルタ)のものです。
XLDは32bitFloat精度グループの中でもっともすぐれたものです。8次チェビシェフ2項フィルタによるもので、内部処理精度の関係で下限がありますが、係数だけ流用して64bitFloat(double)精度で動かすと更に良い性能になります。


64bitFloat(double)精度グループ1

Foobar 2000 SACD Decoder Plugin
TASCAM Hi-Res Editor
Weiss Saracon

SACD Decoder Pluginに以前から搭載されているDSD変換機能は元々SACD最初期のツールであるPhilips ProTechに搭載されているものの様です。5次チェビシェフ2項フィルタではありますが、DSD Direct/AudioGate4とは異なります。最近オフライン処理機能が追加されました。
TASCAM Hi-Res Editorは極めて基本的な5次バターワースフィルタに依るものです。
Weiss Saraconは長年高く評価されてきただけあって素晴らしい性能です。色々オプションありますが、これは10次チェビシェフ2項フィルタです。


64bitFloat(double)精度グループ2
SONAR(Cakewalk)
SoX-DSD(SDM-8)
HQPlayer Pro(ASDM7)
PCM-DSD_Converter

色々あったSONARですが、今は名前を変え元々の企業名だったCakewalkという名前で別会社からリリースされています。SONARのDSD対応は、当時代理店だったTASCAMがかなりテコ入れしたようで、特性はTASCAM Hi-Res Editorと全く一緒です(イニシャルリリースのFloat-Int変換バグをそのまま引き継いでます)。
SoX-DSDのオプションをSDM-8にしたものは、8次楕円フィルタかなと思います。HQ Player ProのASDM7は同様に7次楕円フィルタでしょうか。どちらも優秀な特性です。
さて、PCM-DSD_Converterですが、これは8次楕円フィルタです。


色々見比べてみると面白いものです。今度はPCM-DSD_ConverterのDSDサンプリングレートによる違い、DSD64からDSD2048まで見てみましょう。

サンプリングレートによって帯域外ノイズの立ち上がり周波数が異なる設計になっています。これはほぼすべてソフトウェアの設計と同一ですが、本来ノイズ分布はいかようにも設計できるものです。グラフは割愛しますが、自分が知る限りSoX-DSDだけが、サンプリングレートによって立ち上がり周波数をあまり変えず、可聴域内のノイズフロアを下げる傾向となります。
また、サンプリングレートを上げることによって発振可能性も上がってきます。PCM-DSD_Converterは安定性を捨てて性能を取っているため顕著ですが、DSD2048では不安定になり歪みが上がります。

次にレベル(変調率)の違いを見てみます。上記はすべて-6dBFSの1kHzサイン波ですが、-6dBFS、-3dBFS、0dBFSとレベルを変えたものをPCM-DSD_Converterで変換してみます。

1kHzでノーマライズしているため、0dBFSに近づくにつれノイズフロアは下がりますが、歪率が悪化します。これは一般的なΔΣ変調を採用しているDACにも多かれ少なかれ言えることで、-6dBFSから0dBFSにかけては歪率が増加します。前回もラウドネスノーマライゼーションを有効化した方が良いと書きましたが、この理由によるもので、0dBFS付近、ましてやクリップを起こしている音源をDACは正確に出力できません。ラウドネスノーマライゼーション機能を使ってデジタルでレベルを絞るというのはデメリットであるビット落ちに比べてDACの動作適正性において大きなメリットがあります。もっともピークでひり付く音が良いという好みも良く分かります。

以上、目で見て楽しむPCM-DSD変換でした。以下おまけです。


・DSD256録音機について
DSD256録音の業界標準機であるMerging Horus/Hapiですが、ADボードの設計に変更がありました。ADC ICもARDA1201からAK5578ENに変わっています。DSD出力のアルゴリズムも随分変わりました。

何を使っているかは上記のように音源からノイズ分布を見ることで分かります。音も結構変わっているようですね。自分はARDA1201世代の方が好きです。

さて、上原ひろみのSpectrumがリリースされましたが、これはPlayback Designs Pinotを使ったDSD256録音のようです。エンジニアは元TELARC、現Five/Four ProductionsのMichael Bishop氏ですね。
現在ダウンロードでは24/88.2、Amazon music HDでは24/96で配信されていますが、やはりここはDSD256で聴きたいところ。全世界リリースは10月4日なので、しばらく待ってみようと思います。

・驚異的高音質録音
Channel ClassicsのJared Sacks氏はNative DSDという配信サイトを立ち上げましたが、それに関連してJust Listenというレーベルで若手アーティストのNative DSD録音をリリースしています。まあどれも良いのですが、今回のは特によかったので紹介します。
https://justlisten.nativedsd.com/albums/JL017-curiosity
内容、録音のどちらもクラシック文脈のジャズなのですが、録音が素晴らしく良く、ソロピアノ録音の金字塔と言えると思います。DSDは編集上DXDになってしまいますが、単純なテイクの継ぎ接ぎぐらいならDSD編集可能です。最近はChannel Classicsも含め極力編集を減らそうとしていることが音からも伺え、これも実質Native DSDと言っていいでしょう。録音のネイティブレートであるDSD256がお勧めです。なお、Native DSDのいつものことでダウンロードが不安定なので、ZIPと専用ダウンロードソフトNativecoreの併用が有効です。

ちなみにChannel Classics(Just Listen)が使っているHorusのADボードはARDA世代のものです。最近PentatoneがNative DSDでDSD128~DSD512の配信を始めました。PentatoneもHorus、しかもARDA世代のものを使っていて、今後のラインナップがますます楽しみです。

最新のレビュー/コメント

CC1

GRIMM AUDIO

CC1

¥522,900(税込)

発売:2008年

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

いろいろな音質が楽しめる

Grimm Audio CC-1

PCオーディオにはクロックが必要不可欠でしょう!という思い込みから導入しました。
クロックの供給は以下のように行っております。
TASCAM DV-RA1000HD→Grimm Audio CC-1→LynxAES16e,LynxAurora8

確かに音像はピシッと定位するようになり、各帯域の解像度は向上します。
ただ、Antelope OCXのように低域がぐっと出てくるようになるわけではなく、非常に現代的な鳴り方といいますか、俯瞰しているといいますか、一歩引いたものになります。

ここの好みは人それぞれだと思いますが、自分の環境及び好みだと、ボリュームをぐぐっと上げた時に高域がヒステリックになりがちと感じたため、第一感はこりゃ失敗したかな、でした。

ただ、音質はCC1をマスターではなくスレーブで動かすことによって、方向性をやや変えられます。同時期に導入したTASCAM DV-RA1000HDをマスターにすることによって、幸いにもちょうどいい感じになったため、それで常用しています。

他にも店頭にCC1を持ち込んでAntelope OCXをマスターにしてみたりしましたが、OCXのバランスのまま、解像度がぐっと上がるような感じで、マスタークロックを生かしつつ、質を上げるような効果を持っていると思います。
(ものは試しで、ルビジウムを突っ込んだOCXをマスターにしたら、どうなるか聞いてみたいところです。)

【SPEC】●ワードクロック入力インピーダンス:75Ω ●ワードクロック入力スレッショルド:>0.5Vpp ●ワードクロック出力インピーダンス:75Ω/30Ω(low:選択可能)●ワードクロック出力電圧:2.7Vpp(終端あり)/5.5Vpp(終端なし) DC coupled ●ワードクロック入出力レイテンシィ:<50ns(入力クロックのジッターによる) ●内蔵クロックジッター:2.1ps RMS(above 10Hz) ●クロック周波数(マスターモード):44.1/48jHz(および、その2倍、4倍)±10PPm(5-50d℃)●PLL性能(スレーブモード):90dB減衰@10Hz60dB/dec改善)●頻度ロック範囲(スレーブモード):±50PPM ●最大動作気温:50℃ ●消費電力:15W ●外形寸法:430W×44H×200Dmm ●質量:4kg

マイルーム

オーディオシステム現状
オーディオシステム現状
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

2016/01/16変更 今後の更新は http://pcmdsd.com/ にて行います。 メインシステム サブシステム Lynx AES16e Lynx Aurora8(Cardas Golden Reference) Grimm Audio CC1(AVCT PS-35自作) TASCAM DV-RA1000HD(AVCT PS-35自作) Macki…

所有製品

  • その他アクセサリー LINN PURiFi
  • DAコンバーター LYNX HILO TB
  • スピーカーシステム TAD TAD-CE1
  • オーディオボード THE J-1 PROJECT PPBR5542
  • スピーカーケーブル TRANSPARENT TW2008
  • RCA/BNCオーディオケーブル TRANSPARENT TL1001
  • 電源ケーブル G RIDE AUDIO GRA-BDAC
  • その他 GRIMM AUDIO CC1 [レビュー]
  • その他オーディオレコーダー TASCAM DV-RA1000HD
  • パワーアンプ BRYSTON 2B SST2
  • その他ポータブルオーディオ Roland R-09
  • 電源機器 KRIPTON PB-100
  • ハードラック TAOC MSR-3L
  • ハードラック TAOC MS-4
  • スピーカーケーブル ZONOTONE 7NSP-7070Grandio
  • 電源ケーブル WIRE WORLD ELECTRA 5-2
  • 電源ケーブル KIMBER KABLE PK-10Gold