serieril
serieril
親からオーディオ機器を引き継いだのをきっかけにずぶずぶと。今はPCオーディオ中心にいろいろトライしています。 でも今のところ旧来のオーディオに超える音は出てくれない。

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

最新の日記

Wavelabの64bitFloat対応

1か月半前にCubaseとWavelabは64bitFloat(Double)に対応するアップデートが発表されました。他DAWに比べるとかなり遅く、今更感があるのですが、愛用している身からすると願ったり叶ったりで、云年ぶりにアップデート、Cubase6.5->9.5, Wavelab7.5->9.5にアップデートしました。UIもガラッと変わっており、タイムスリップしたような感覚です。慣れるのにちょっと苦労しそうです。

Double対応のせいか分かりませんが、音はかなり良くなりました。元々CubaseとWavelabはちょっとモジュレーション臭い音、まあこれはそれぞれDAWによって個性がありますから手放しでほめられるものはない、、、Pyramixを除いて、だったのですが、その癖が幾分ナチュラルになっていて、おーっと素直に感心しました。

Double対応したからと言って、特段自分のプロセスにメリットがあるわけじゃありません。ドシンプルな録音であまりプラグインやトラックメイキングをしない主義ですし、最近よく使っているレコードのレストレーションなどは、そもそもFloat領域で十分です。何より使ってるプラグインが24bitIntですから、そこでDoubleになったところであまり変わりはありません。

と言っても、本当に内部処理がDoubleかどうか内蔵のジェネレーターで見てみました。今まではDouble精度の信号を書き出せるソフトが無く、自分でプログラムを書いてテスト信号を作っていたのですが、Wavelab9.5は確かにDouble精度です。もっとも、それ以下のビット深度はDoubleからの単純変換のようで量子化ノイズが出ますね。ホワイトノイズを重ねて簡易ディザとして使おうにも最低レベルが-140dBFSまでなので、32bitIntなどは精度が出ません。なお、線が重なって判断できなくなってしまうので、各値オフセット入れてあります。近い線は同一値です。

難点を言うならば、Wavelab9.5, Cubase9.5、どちらもまだアップデートが見込まれる現行ソフトウェアということもあり、結構不安定です。今まで使っていた枯れたやつに比べると、ちょっと特殊なことをやろうとするとすぐ落ちる。まあ、改善されていくでしょう。

ここで触れるのもなんですが、アップサンプリング、特に最小公倍数の極めて大きい非整数倍アップサンプリングについて。これはやろうと思うと1つは力業で、ゼロ値挿入で最小公倍数まで上げて、LPFで折り返しノイズを切って、それを再度間引いてってやることになりますが、このときのLPFはサンプリングレートが大きいので、なおかつ、この後に間引きが控えているので、整数倍の時と同じ性能を満たそうと思うと膨大な計算量が必要です。実はこれが嫌で、拙作のPCM-DSD Converterは整数倍しか実装していません。一方、複数の内挿方法を組み合わせるという頭のいい方法があるんですが、自分ではそれについていけず実装できませんでしたww
https://jp.mathworks.com/help/dsp/examples/efficient-sample-rate-conversion-between-arbitrary-factors.html

まあ、デジタルフィルタの歪よりもDAC自体の歪が高いとはいえ、一度気づくと不思議と差が分かるもんです。完全な妄想ですが、内挿による歪はいわばマルチビットDACにおける周期ジッタによる歪とも捉えることができ、入力信号に相関な歪が出てしまうことが起因ではないかなと思います。

レコードを再生するときにADするのは前からですが、最近RCA->XLRの変換トランスをLundahlからJensenに変えたら、明らかに見通しが良くなったものの、低域が凄い伸びるようになってしまって、ちょっとした反りでウーハーが底打つようになってしまったもんですから、タップ数262144のFIRハイパスフィルタをかけて聞いています。そうすると、針を落としてから3秒後ぐらいに音が出始めますww これはこれでオツなもんですww

最新のレビュー/コメント

CC1

GRIMM AUDIO

CC1

¥522,900(税込)

発売:2008年

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

いろいろな音質が楽しめる

Grimm Audio CC-1

PCオーディオにはクロックが必要不可欠でしょう!という思い込みから導入しました。
クロックの供給は以下のように行っております。
TASCAM DV-RA1000HD→Grimm Audio CC-1→LynxAES16e,LynxAurora8

確かに音像はピシッと定位するようになり、各帯域の解像度は向上します。
ただ、Antelope OCXのように低域がぐっと出てくるようになるわけではなく、非常に現代的な鳴り方といいますか、俯瞰しているといいますか、一歩引いたものになります。

ここの好みは人それぞれだと思いますが、自分の環境及び好みだと、ボリュームをぐぐっと上げた時に高域がヒステリックになりがちと感じたため、第一感はこりゃ失敗したかな、でした。

ただ、音質はCC1をマスターではなくスレーブで動かすことによって、方向性をやや変えられます。同時期に導入したTASCAM DV-RA1000HDをマスターにすることによって、幸いにもちょうどいい感じになったため、それで常用しています。

他にも店頭にCC1を持ち込んでAntelope OCXをマスターにしてみたりしましたが、OCXのバランスのまま、解像度がぐっと上がるような感じで、マスタークロックを生かしつつ、質を上げるような効果を持っていると思います。
(ものは試しで、ルビジウムを突っ込んだOCXをマスターにしたら、どうなるか聞いてみたいところです。)

【SPEC】●ワードクロック入力インピーダンス:75Ω ●ワードクロック入力スレッショルド:>0.5Vpp ●ワードクロック出力インピーダンス:75Ω/30Ω(low:選択可能)●ワードクロック出力電圧:2.7Vpp(終端あり)/5.5Vpp(終端なし) DC coupled ●ワードクロック入出力レイテンシィ:<50ns(入力クロックのジッターによる) ●内蔵クロックジッター:2.1ps RMS(above 10Hz) ●クロック周波数(マスターモード):44.1/48jHz(および、その2倍、4倍)±10PPm(5-50d℃)●PLL性能(スレーブモード):90dB減衰@10Hz60dB/dec改善)●頻度ロック範囲(スレーブモード):±50PPM ●最大動作気温:50℃ ●消費電力:15W ●外形寸法:430W×44H×200Dmm ●質量:4kg

マイルーム

オーディオシステム現状
オーディオシステム現状
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

2016/01/16変更 今後の更新は http://pcmdsd.com/ にて行います。 メインシステム サブシステム Lynx AES16e Lynx Aurora8(Cardas Golden Reference) Grimm Audio CC1(AVCT PS-35自作) TASCAM DV-RA1000HD(AVCT PS-35自作) Macki…

所有製品

  • その他アクセサリー LINN PURiFi
  • DAコンバーター LYNX HILO TB
  • スピーカーシステム TAD TAD-CE1
  • オーディオボード THE J-1 PROJECT PPBR5542
  • スピーカーケーブル TRANSPARENT TW2008
  • RCA/BNCオーディオケーブル TRANSPARENT TL1001
  • 電源ケーブル G RIDE AUDIO GRA-BDAC
  • その他 GRIMM AUDIO CC1 [レビュー]
  • その他オーディオレコーダー TASCAM DV-RA1000HD
  • パワーアンプ BRYSTON 2B SST2
  • その他ポータブルオーディオ Roland R-09
  • 電源機器 KRIPTON PB-100
  • ハードラック TAOC MSR-3L
  • ハードラック TAOC MS-4
  • スピーカーケーブル ZONOTONE 7NSP-7070Grandio
  • 電源ケーブル WIRE WORLD ELECTRA 5-2
  • 電源ケーブル KIMBER KABLE PK-10Gold