VOTTA7
VOTTA7

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

最新の日記

『ANNE-SOPHIE MUTTER Live from Yellow Lounge 』

アンネ=ゾフィー・ムターのカルメン幻想曲からアクロス・ザ・スターズ~ジョン・ウィリアムズ傑作選を聴き通すと実際の演奏している姿が観たくなる。

飽きずに(笑)鑑賞できそうなものは無いかと探して見つけたのがイエロー・ラウンジ ライヴ

コンサート・ホールではなく普段はDJブースがあるダンスホールでの演奏。
お立ち台のようなステージで客はドリンク片手に立ち見の状態(^^;

こんな場違いの所で演奏する意図は?
若手育成とクラシックをもっと身近にというものなのか?
詳細は日本語の字幕が無いので分からない(笑)

指揮者もおらずムターがマイクを持ちMCになっている。

ヴィヴァルディ:《四季》
1 協奏曲 ト短調 作品8の2 RV315 《夏》 第3楽章: Presto

ガーシュウィン(編曲:ヤッシャ・ハイフェッツ):3つのプレリュード
2 第1曲: Allegro ben ritmato e deciso
3 第2曲: Andante con moto e poco rubato
4 第3曲: Allegro ben ritmato e deciso

J.S.バッハ:2つのヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲 ニ短調 BWV1043
5 第3楽章: Allegro / ノア・ヴィルトシュット(ソロ・ヴァイオリン 2)

チャイコフスキー(編曲:ヤッシャ・ハイフェッツ):なつかしい土地の思い出 作品42 第3曲
6 メロディ

ヴィヴァルディ:《四季》
7 協奏曲 ヘ短調 作品8の4 RV297 《冬》 第1楽章: Allegro non molto

J.S.バッハ:2つのヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲 ニ短調 BWV1043
8 第1楽章: Vivace / ナンシー・ゾウ(ソロ・ヴァイオリン 2)

ブラームス(編曲: ヨーゼフ・ヨアヒム、改訂: レオポルト・アウアー):
9 ハンガリー舞曲 第1番 ト短調

ドビュッシー(編曲:ヤッシャ・ハイフェッツ):《子供の領分》 第6曲
10 ゴリウォーグのケークウォーク

サン=サーンス(編曲:ビゼー):
11 序奏とロンド・カプリチオーソ 作品28

ドビュッシー(編曲:アレクサンドル・レーレン):《ベルガマスク組曲》 第3曲
12 月の光

コープランド(編曲:コープランド):バレエ組曲《ロデオ》から
13 ホー=ダウン

J.S.バッハ/グノー:
14 アヴェ・マリア

ベンジャミン(編曲: ウィリアム・プリムローズ):
15 ジャマイカン・ルンバ

ジョン・ウィリアムズ:
16 『シンドラーのリスト』のテーマ

CDも出ているようだがこの環境で高音質は無理がある。
これはブルーレイの映像と音楽があって完結するソフト。
問題は普通のコンサートでは変わらぬ映像に飽きるのだが、此方は編集で映像の切り替えを頻繁にするので逆にイラつく(-_-;

《四季 冬》は今まで聴いた中(数は少ないが 笑)で圧巻の演奏。
そしてラストはアクロス・ザ・スターズにもあった『シンドラーのリスト』のテーマ。

ピアノの伴奏でアクロス・ザ・スターズより更にゆったりと情緒たっぷりのドラマティックな演奏。
この曲をベルリンのクラブで演奏し観客が目を潤ませて聴いている姿が印象的だ。

最新のレビュー/コメント

STB-MSX

OYAIDE

STB-MSX

¥18,900(税込)

発売:2014年6月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

音調をカスタマイズできるレコードスタビライザー

以前オヤイデのターンテーブルシートBR-ONEのモニター以来二度目の当選をしました(笑)

前バージョンのSTB-MSはMJ-12導入以来気にはなっていたが、すでにMAS-referenceをメインに使っており購入してまで試す余裕は無かった(^^;
見た目は現在使っているMAS-referenceよりオシャレでMJ-12の純正スタビライザーとしてよく似合う。
ウェイトの数を減らして質量を可変出来るが見栄えを考えるとフル装備で使いたい。

MAS-referenceと比較し低域の量感が増し一音一音が端正に再生される感じがある。
但し高域の響き、余韻はMg製より劣りヌケが足りなく感じる。
オプションでCFRPで出来た交換用ウェイトSTB-CM-6がありこれを使えば改善されるのかもしれない。

EPアダプター無しにトップディスク側がEP スタビライザーとして使える機能は位置合わせがチョット面倒だがその効果はボトムディスク側で聴くLP再生より好印象。

いままでドーナツ盤での再生はそれなりだったが、本気で聴き直したくなった。

その後...

EPスタビライザーとして使ったトップディスク側の音調がLP用のボトムディスク側と違う感じがしたのでEPDMゴムの位置をトップディスク側に置き換えたところ若干高域の響きが得られるように改善された。

EPDMゴムが良くも悪くもかなり響きに影響しているようでこの部分の素材を変えるだけでまた違ったチューニングが可能になる。

【SPEC】●外形寸法:φ70×35Hmm ●質量:200g〜440gまで40g単位で調整可能

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch

システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-2301 MARANTZ AV8801 プリ、AVアンプのフロント出力はオーディオデザインHAS-3LBで切り替え。 チャンネルディバイダー DEQ2496+DCX2496 パワーアン…

所有製品