VOTTA7
VOTTA7

日記

お気に入り製品

最新の日記

バトル・オブ・ブリテン 史上最大の航空作戦

これからは4K、8Kだと言われてもねー。
2Kでさえ出ないソフトもある(-_-;
音声もステレオのみ(^^;

タイトル:HURRICANE
ハリケーンとはスピットファイアが登場する前の翼や胴体には木材や帆布を多用した旧式の戦闘機だが『 IL-2 Sturmovik』というフライトシミュレーションではスピットファイヤより乗りやすくよく使っていた。
対するBf109-Eも非常に扱いやすいい機体で愛機だった。

能天気にゲームに没頭していた自分とは対照的に実話は悲しいものがある。

バトル・オブ・ブリテンでは占領された国の多くのパイロットがイギリスに渡り義勇兵として参戦し活躍した。
この映画はポーランドのパイロットの話だが他にチェコスロバキアの『ダーク・ブルー』もあり終戦後用無しとなった彼らは自由の無くなった祖国に送還され反逆者として投獄される。
新政権では自由の為に再び立ち上がることを恐れたようだ。

『HURRICANE』はメイキングも無いのでよく分からないがCGはイマイチ。
脚を出さずに着陸してしまうシーンがあるがこれはポーランド、チェコスロバキアの戦闘機は時代遅れの脚の収納が出来ない固定式だったからというオチがある。

『ダーク・ブルー』は2001年制作だが音声はDTS5.1で本物のスピットファイア2機を実際に飛ばして撮影しているので『ダンケルク』同様迫力がある。
スタジオジブリの第1回洋画提供作品。

これもブルーレイ化は無理だろうなー。

最新のレビュー/コメント

STB-MSX

OYAIDE

STB-MSX

¥18,900(税込)

発売:2014年6月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

音調をカスタマイズできるレコードスタビライザー

以前オヤイデのターンテーブルシートBR-ONEのモニター以来二度目の当選をしました(笑)

前バージョンのSTB-MSはMJ-12導入以来気にはなっていたが、すでにMAS-referenceをメインに使っており購入してまで試す余裕は無かった(^^;
見た目は現在使っているMAS-referenceよりオシャレでMJ-12の純正スタビライザーとしてよく似合う。
ウェイトの数を減らして質量を可変出来るが見栄えを考えるとフル装備で使いたい。

MAS-referenceと比較し低域の量感が増し一音一音が端正に再生される感じがある。
但し高域の響き、余韻はMg製より劣りヌケが足りなく感じる。
オプションでCFRPで出来た交換用ウェイトSTB-CM-6がありこれを使えば改善されるのかもしれない。

EPアダプター無しにトップディスク側がEP スタビライザーとして使える機能は位置合わせがチョット面倒だがその効果はボトムディスク側で聴くLP再生より好印象。

いままでドーナツ盤での再生はそれなりだったが、本気で聴き直したくなった。

その後...

EPスタビライザーとして使ったトップディスク側の音調がLP用のボトムディスク側と違う感じがしたのでEPDMゴムの位置をトップディスク側に置き換えたところ若干高域の響きが得られるように改善された。

EPDMゴムが良くも悪くもかなり響きに影響しているようでこの部分の素材を変えるだけでまた違ったチューニングが可能になる。

【SPEC】●外形寸法:φ70×35Hmm ●質量:200g〜440gまで40g単位で調整可能

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch

システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-2301 MARANTZ AV8801 プリ、AVアンプのフロント出力はオーディオデザインHAS-3LBで切り替え。 チャンネルディバイダー DEQ2496+DCX2496 パワーアン…

所有製品