myu
myu
伊豆高原にてマルチアンプのシステムでオーディオを楽しんでいます。

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

最新の日記

S&K Audio Power DACの試聴予定

2週間前から、S&K Audioのイーサネット接続(プロトコルはDanteNetwork)で動作するマルチチャンネルDAコンバータ (VT-EtDAC)と入力専用オーディオI/F (VT-EtSRC)を自宅試聴させて頂いています。今週後半にマルチチャンネル用Power DAC(VT-EtPDAC)をお借りできる予定ですので、今から楽しみです。

マルチチャンネル用Power DAC(VT-EtPDAC)を使えば、我が家のデジタルチャンネルデバイダー1台とパワーアンプ計6台がこのPower DAC1台で置き換えることができます。このPower DACは計8個セットのDACとパワーアンプが搭載されています。CH1とCH2のパワーは160Wありますので大半のウーファーは駆動できます。CH3-CH8のパワーは40Wですがマルチアンプ方式でので十分なパワーです。マルチチャンネルアンプですが、DanteNetworkを採用していますので、なんと入力はLAN端子(RJ45)のみです。

Power DAC(VT-EtPDAC)のフロントとバックパネル



VT-EtPADCで置き換え可能な我が家の機器達



S&K Audioの入力専用オーディオI/F (VT-EtSRC)とマルチチャンネルパワーDAC(VT-EtPDAC)を使えば下記の様に4wayのマルチアンプシステムながら非常にシンプルな構成になります。VT-EtSRCとVT-EtPADCともハーフサイズで、色はパールホワイトで高級車並の塗装の品質ですので、奥様方々からリビングルームに設置しても許しが貰えるのではないでしょうか。




入力専用オーディオI/F (VT-EtSRC)はとてもユニークな製品で、下記の入力を備えています。PHONO MMとLINE入力にはADコンバーターが搭載され、デジタル化されたあとPCで必要な処理が行われます。

PHONO MMレベル (RCA)
LINE (RCA)
AES/EBU (XLR)
SPDIF (RCA)
Virtual Audio Cable

MCヘッドアンプを用意すれば、MCカートリッジでレコードを高SN比で聴くことができます。RIAAの補正はPCのソフトウェア上で行われるところがポイントです。VT-EtSRCでは量子化はRIAAの補正がされる前、つまり高域のレベルが高い状態で行われますのでSNの高い音楽再生が可能です。それから、RIAA特性以外にも38種類のイコライザーカーブをサポートしいますので、レコード再生に拘る方には朗報ですね。デジタル録音機能を使ってレコードを192KHzでデジタル化もできます。




"Virtual Audio Cable"の機能を使うことで、他のPC用アプリケーションとの接続ができます。つまり、JRiver、MediaMonkey、Roon、Primeseatなどのファイル再生ソフトやストリーミングの受信ソフトSpotifyなどを利用することができます。音楽再生にPCを起動すること事態に違和感を覚える方もおられるようですが(私も含めて)、音楽専用のPCとして設定すれば起動も早く、外付けキーボードも不要で、Windows 10上でのタッチパネル操作はほとんどPCを使っていることを意識させません。

S&K Audioの製品の良さは今まで通りアナログとデジタル再生をサポートしながら、PCオーディオ音楽再生ソフトも出来るようにオーディオに必要な機能を1つのソフトウェアーに集約させていることです。

S&K Audioの製品で聴いたレコードの音の良さに感激しましたので、Power DACの自宅試聴にも期待が膨らみます。


最新のレビュー/コメント

NSIT-2000plus MarkII

¥205,000(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

200V入力絶縁トランスの比較試聴

我家に、ようやく中村製作所のNSIT-2000plusMarkⅡを設置することができました。

私のプログに写真を載せてあります。


---------------------------------------------------------------------------------
中村製作所よりNSIT-2000plusMarkⅡを自宅試聴用に貸して頂いたので、下記の3種類の200V入力・100V出力の絶縁トランスを比較試聴した。

試聴した絶縁トランス(試聴順)
1. 中村製作所    NSIT-2000plusMarkⅡ (中村製作所より借用品)
2. オヤイデ電気 CS-1000T+CS-500T  (私の現使用品)
3. 電研精機  NCT-F3型 1KVA (友人の現使用品)

試聴の感想はこちらのブログで

【SPEC】●定格容量:最大2480VA ●入力電圧:100V/200V(出荷時設定) ●出力電圧:2000VA(97/100/103/117/120V切替可)、100VAまたは160VA(97/100/117/切替可)(定格容量の60%負荷時) ●外形寸法:260W×150H×450Dmm(脚・突起物含まず) ●質量:約27kg

マイルーム

Accutonのある部屋
Accutonのある部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

伊豆高原にてマルチアンプのシステムでオーディオを楽しんでいます。リスングルームは約14畳で傾斜天井となっています。 スピーカーユニットはAccutonとソニーを使っています。 Accutonスピーカーシステム  低音: ソニー SPU-L11  中低音:Accuton C220-6-222  中音: Accuton C90-6-724  高音: Accuton C25-6-…

所有製品