Zati
Zati
マンションから一戸建てに引っ越したのを機にオーディオ熱が再燃しました。

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

最新の日記

ESOTERIC 7N-DA6300 MEXCEL XLR導入

従前アクロ8Nを使用していた時、艶のある音色は美しく、特に不満はありませんでした。「これを7N-A2500に変えたって、そんなに良くなる事はないんじゃないの?」と思いつつも…、田舎のおじさんさんの破壊力抜群の日記にヤラれて、7N-A2500MEXCEL XLRを導入してしまいました。

導入してみて一番の違いは何かと言われれば、拙宅では低域の質感の向上が顕著でした。量感優先だった低域が、締まりの効いた迫力のある低域に変化しました。これは、かなりの違いで、この音を聞いてしまうと、もう一本のバランスケーブルもMEXCELに替えたいという誘惑がフツフツと湧いてきました。

ψ(`∇´)ψ オイオイ替えちまえよ。最高だぜ!

(; ̄O ̄)そんなに急がなくても…。

ψ(`∇´)ψ なぁに言ってんだ。替えたい時が替え時なんだよ!

(; ̄O ̄)そうかなぁ…。

と、直ぐに煩悩君が勝ってしまいました。

そこで選択肢を考えると…、
電源ケーブルは、メインで使用しているCHIKUMAの音が気に入っている為、変更は考えていません。スピーカーケーブルは、お値段が高すぎて買えません。そこでMEXCELの総仕上げとして、インコネケーブルのフラッグシップ7N-DA6300 MEXCEL XLRを導入する事にしました。

導入には、某有名オーディオショップ店長のブログの記事も背中を押すきっかけの一つになりました。















導入してみて、まず、ケーブルの外観は白っぽい色で、とても美しいです。導入前に写真で見た時は、なんだか黄色っぽい色でパッとしないなぁと思っていましたが、実物は全然違いました。思わずウットリしてしまいます。

とりあえず、7N-A2500をプリ⇨パワー間に、7N-DA6300をDS⇨プリ間に接続する事にしました。7N-DA6300は、7N-A2500より更に硬く、接続するのに難儀しました。

何とか接続完了し早速音出しです。う〜ん、至って普通の音が出て来ます。夜なので、あまり大きな音が出せないせいかもしれませんが、変更前(プリ⇨パワー間7N-A2500、DS⇨プリ間アクロ8N)との違いがほとんどわかりません。
でも、今回は焦りません。初めて7N-A2500を接続した時、ある程度通電時間が経過するまで、それは酷い音だったからです。それから比べれば、十分にエージングの済んだアクロ8Nと同程度の音が、最初から出ているのでまずまずでしょう。

これからジックリと、機器になじませていきたいと思っています。

最新のレビュー/コメント

ACCUPHASE

C-2400

¥609,000(税込)

発売:2003年8月上旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

コストパフォーマンスの高いプリアンプ

C-2400は既にモデルチェンジ済の製品ですが、中古で購入する事も出来るので、私が購入時に比較試聴をした際の事を書いてみたいと思います。

当時お気に入りのCDをオーディオショップに持ち込み、C-2800、C-2400、C-2100をブラインドで比較試聴させて頂きました。

まず1台目。音色がすごく綺麗で瑞々しく「おっ、これはいい。」と好印象。

同じ曲で2台目。「あれっ。」何だか1台目に比べて曲が平坦になった感じで、聞いていてつまらない感じ。
プリアンプを変えただけでこんなにも違うものなのか?というほどでした。

同じ曲で3台目。2台目とは激変し、繊細な感じが良く出ていて「これは最高。」
2台目に比べると雲泥の差があり絶対3台目が良いのだが、1台目と比べるとどっちが良いのか判断に迷う印象でした。

オーディオショップの人に「2台目は全然だめですねえ。」と伝えると、「そうでしょう。1台目がC-2400、2台目がC-2100、3台目がC-2800です。」との事だった。

なるほどと思い、「じゃあ今度は曲を変えてC-2800とC-2400をブラインドで聞かせてください。」とリクエスト。

1台目。繊細な感じが良く出ていて良い感じ。

同じ曲で2台目。1台目と比べて違いが全くわからない。同じに聞こえる。本当にプリアンプ変えたの?という感じ。強いていえば若干2台目の方が曲の感じがはっきりしているかもしれない。

「ほとんど同じように聞こえるんですが、どちらかというと2台目の方が好みかな。」と伝える。

オーディオショップの人はビックリした感じで「1台目がC-2800、2台目がC-2400です。C-2400はかなりコストパフォーマンスが高くてC-2800に肉薄するんですよ。」との事。

そして今、拙宅にはC-2400がある。
オプションボードとしてAD-2800を選択した。

【SPEC】 ●全高調波歪率:0.005% ●定格出力/出力インピーダンス(バランス/アンバランス出力):2V/50Ω ●周波数特性(バランス/アンバランス入力):3Hz〜200kHz +0、-3.0dB ●SN比:108dB(バランス/アンバランス入力) ●消費電力:33W ●外形寸法:465W×150H×403Dmm ●質量:17.6kg 

マイルーム

寝室兼用オーディオルーム
寝室兼用オーディオルーム
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

所有製品