しまとら
しまとら
自宅購入がきっかけのオーディオ復帰組です。 リビングにリビングシアターとオーディオ、書斎と寝室にそれぞれサブシアターを設けています。 オーディオやシアター環境は建築に合わせ全部自分で設計しまし…

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

APEQ2導入

住宅新築にともなうオーディオ復帰から早3年。ようやく導入できましたAPEQ2!

しばらく確認しないうちにCONEQ Workshopが購入できなくなったようで残念でしたが、ショップで測定機材の無償貸し出しが利用できましたのでとりあえず自身でチャレンジしてみました。

以前使用していたアキュDG-28は自動補正すると、音の勢いや空気感が希薄になりやすく、最終的に手動で補正をして追い込むなど自身の使いこなしにかなり苦労した経験がありました。

それと比較すると、APEQの自動補正はすばらしく霞がかかったようなモヤモヤして部分が一気に晴れ見通しの良いサウンドに変化。勢いや空気も失われずピントが整う感じです。うーんすごいです!

がしかし、予想はしていましたがフラットはやはりキツく感じます・・・。これを解消するための「PDカーブ」なるものが存在するようですがどのように入手・使用するのか良くわからず(汗)明日でもショップに聞いてみようと思います。

この書き込みを見ていましたら、APEQ使いの先輩のアドバイスもいただけると助かります。

最新のレビュー/コメント

AIM8 Five

SPEAKERCRAFT

AIM8 Five

¥105,000(税込)

発売:2004年1月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

侮れない音質

自宅の新築に合わせ、リビング、寝室、書斎にこのシリーズのスピーカーを天井埋め込みしました。
このスピーカーを選んだ理由は、やはり設置後の見た目です。

我が家はオーディオもビジュアルも専用室環境ではなく妻も利用する前提の環境ですから、さすがに天井から大きなものがたくさんぶら下がったりするのは良く思われませんので(^^;)

そこで埋め込みタイプで良い品物がないか色々と物色したところこのスピーカーを発見。導入実績のあるインストーラーも数多くおられることから実績を信じて購入に至りました。

音質については、私の場合オーディオ専用システムを別に使用していますので、このスピーカーは「映画7.1ch用」と「PC音源をDLNA対応機器を使用して各部屋で聞く」ことに特化する前提の選択でしたが、音場補正なしでフロント2CHで音楽を聞いても、埋め込みスピーカーにありがちな明瞭性の悪さや高域・低域のレンジ不足などはなく、驚くほど元気良く鳴ってくれ期待以上の働きをしてくれています。フロントもキチンと定位しますし音場の奥行きも感じることができます。

強いていえば、もう少し低域のキレと音全体が前に出てくれれば最高なのですが。

さすがに1本10万円クラス以上のフロント床置きのシステムには敵わないと感じますが、ごく一般的な耳の持ち主なら「ひどい音」とは言わないと思います。

現に我が家に訪れたサラウンド好きな方々が、ラーメン店やファミレスの某有名メーカースピーカーを想像して「床置きじゃなく埋め込みなんだ・・・ふーん」と、所詮埋め込み的なことを言うのですが、映画を視聴すると大きく感想が変わり「どこのスピーカーなの?」と興味を示す程ですので(笑)

ちなみに天井裏にはエンクロージャーを製作し付近を補強たうえで取付しています。
我が家のケースと同様に部屋の見た目を気にされる方にはオススメできる品物です。

【SPEC】
●ユニット構成:8inchケブラーコーンウーファー/ 1inchアルミマグネシウム・ドームトゥイーター ●再生周波数特性:33Hz-20kHz ±2dB ●入力感度:91dB(1W/1m) ●再生インピーダンス:4/6/8Ω切替 ●外形寸法:303W×140Dmm

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch

LDKの1/3程を利用したオーディオ環境です。 天井が3mと高めなことと、家具が全て壁面に組込なため吸音される部分がないので、かなりライブな環境です。

所有製品