マーサ君
マーサ君
変則6畳茶室で大型スピーカーを鳴らし、15畳洋室で小型スピーカーを鳴らす絶対評価基準天の邪鬼的オーディオファイル

日記

お気に入り製品

最新の日記

A1、その発熱に捧げる賛歌

皆様いかがお過ごしですか?(*^_^*)

先日、愛するMusical Fidelity A1が壊れました。
そもそも動作が不安定であることこの上ないアンプなのですが、「あの音」のためとあっては仕方がありません。騙し騙し使っていたのですが、とうとう来るべき時が来てしまったのです。

電源を入れたら「ブオ〜ン!バチ!!ババ〜ン」と爆発音。
そしてガルネリのスピーカーも飛びました



・・・・

スピーカーが飛んだというのは冗談ですが(笑)
A1の電源は入らなくなりました。

以前MC500が故障したときもそうでしたが、汗ビッショリになりました。
一瞬「スピーカーも飛んだか!!やられたぁぁ!!!」と顔が引きつったことは事実です。

不幸中の幸い、修理可能部分だったので修理をお願いしましたが、修理後もやはり動作が安定しない。ボリュームガリが出ないのが唯一の救いですが、他のスイッチからのガリはひどく出ますし、強制冷却も必須です。しかもノイズキャンセルとサージフィルター内蔵の電源タップの保護回路がA1のテープモニターボタンあるいはセレクターを変えるたびに多々作動したりと、まさに「スリルアンドサスペンス」溢れる美女美声アンプと言ってもよいでしょうか。

しかしマヒマヒなのです。名付けて「A1マヒマヒ症候群」(笑)

「あの音」を今後聞き続けるためには、なにか対策を立てないといけないなと思いつつ。。。幾日か経ちました。

ふと気がつくと

えらいことになっていました。
合成写真ではありません。
なんと、A1が積み上がっているではありませんか!!
一体何事が起きたのか自分でもよく分かりません。
(当然、撮影後すぐに上のA1は元箱にしまいました。このようにしたままでA1を使うことは自殺行為なので絶対に致しません)


改造してモノラル化すると、どんな音になるのだろうかとは絶対に思いません(笑)
あくまで「日々使うA1が修理不可となった時のバックアップ(保険)」です。バックアップ用のA1はなんと元箱、全付属品付きでした。しかも破格。定価自体18万程度ですが、20年経って、しかもこの発熱、そして故障の凄まじさからすれば、破格やらジャンクやらは当然でしょう。



しかし、いくら破格だろうが、ジャンク寸前だろうが・・・


A1
この音を聴かずしてオーディオを語るなかれ。
(生意気言ってごめんなさいm(_ _)m)

A1
この音を聴かずして死ぬなかれ。
(生意気言ってごめんなさいpart2 m(_ _)m)

A1
この部屋中の空気を音楽の粒子で埋め尽くすような感覚を一度はご賞味あれ!!

最新のレビュー/コメント

ISOTEK

EVO3 SIGMAS

¥504,000(税込)

発売:2015年8月1日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

インシュレーターで激変する高級電源タップ

ひそかに人気!?の、一見「クリーン電源風」ですが、これは電源タップ。

本体は特殊なフィルターを使っただけでアキュフェーズのクリーン電源のような「一から電源を生成して云々」ではなく、ノイズフィルターに近いですが、エネルギーは削がれません。

所有するプリC–3850とパワーP–7300は共に16Aコンセント側からの供給なのでフルパワーで元気バリバリです(笑)。実際、プリで10Aと16Aとの差を試しましたが、これもかなり好き嫌いが分かれるところです。10A側でプリの電源供給が普通なのでしょうが、駄耳だとSNが悪く感じました。よってプリパワーともに16Aから供給。
(どうやっても画像がひっくり返ります(爆)、わざと写真編集ソフトでひっくり返したデータをアップロードしても、どうやってもひっくり返る(泣))


日本ではシルバー色が人気のようですが、クワドラQ4DVラックが黒ですし、805d3もブラックなので、安直にも、あえてブラックにしました。

フロントの銀色パネルには電圧と歪率が表示できますが、LEDがまぶしすぎる(笑)のでOFFのまま。肝心の電源スイッチは、

操作性を無視したイギリス製品の特徴を絶対に裏切ることがない「本体の底面」にあるという、「子持ちパパのための電源タップ」とはisotekです(笑)。


音は良いのですが、ただこのSIGMAの「ゴム足」はいただけません。ホームセンターなどで1個数十円で売っていそうなレベルです。そのままだと音が平面的で、SNがかなり悪いです。本体のゴム足のままだと、良く言えば穏やかな傾向です。

スパイク等々、素材も木製や金属等々、上は10万程度から数百円レベルのインシュレーターをいろいろ試聴しましたが、ひとまずクライナの「D-PROP extend」3点支持で落ち着いています。

インシュレーターでとにかく化けます。天板も振動しやすいので亜鉛インゴットを置きましたが、なぜか音が伸びなくなったので外し、ノーマルのままです。

最後に、RGPC400Proを10Aコンセントに接続しても、音にパンチがでます。SIGMAの説明ですとコンセント同士の干渉は少ないようですが、400Proの有無から考えると干渉しているようです。

兎にも角にも、試聴にしても、ご購入後ならなおさら、本体のゴム足からは絶対に脱出してくださいませ。

【SPEC】●入力コンセント:IEC 3P,20A×1 ●出力コンセント:IEC 3P×6 ●定格出力容量:最大1,600VA ●定格出力電流:高出力…IEC 3P/16A×2、低出力…IEC 3P/10A×4 ●外形寸法:445W×105H×325Dmm ●質量:9kg

マイルーム

まさに、一喜一憂。発展途上。一歩前進、二歩後退!
まさに、一喜一憂。発展途上。一歩前進、二歩後退!
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / その他 / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上

15年以上真空管プリメインアンプを愛用してました。ラックスマン、ユニゾンリサーチの真空管アンプを愛用してきました。特にウエスギアンプには驚愕。(下の写真は途中参加のUT-50。極めて美音でした(^_^)) スピーカーはダイヤトーンP-610MB+段ボール自作平面バッフル 1.6メートル四方のバッフルを持て余し(実際、本当に大きかったです。現在倉庫で眠っています。)、当時のサブシステムを…

所有製品