マーサ君
マーサ君
変則6畳茶室で大型スピーカーを鳴らし、15畳洋室で小型スピーカーを鳴らす絶対評価基準天の邪鬼的オーディオファイル

日記

最新の日記

A1、その発熱に捧げる賛歌

皆様いかがお過ごしですか?(*^_^*)

先日、愛するMusical Fidelity A1が壊れました。
そもそも動作が不安定であることこの上ないアンプなのですが、「あの音」のためとあっては仕方がありません。騙し騙し使っていたのですが、とうとう来るべき時が来てしまったのです。

電源を入れたら「ブオ〜ン!バチ!!ババ〜ン」と爆発音。
そしてガルネリのスピーカーも飛びました



・・・・

スピーカーが飛んだというのは冗談ですが(笑)
A1の電源は入らなくなりました。

以前MC500が故障したときもそうでしたが、汗ビッショリになりました。
一瞬「スピーカーも飛んだか!!やられたぁぁ!!!」と顔が引きつったことは事実です。

不幸中の幸い、修理可能部分だったので修理をお願いしましたが、修理後もやはり動作が安定しない。ボリュームガリが出ないのが唯一の救いですが、他のスイッチからのガリはひどく出ますし、強制冷却も必須です。しかもノイズキャンセルとサージフィルター内蔵の電源タップの保護回路がA1のテープモニターボタンあるいはセレクターを変えるたびに多々作動したりと、まさに「スリルアンドサスペンス」溢れる美女美声アンプと言ってもよいでしょうか。

しかしマヒマヒなのです。名付けて「A1マヒマヒ症候群」(笑)

「あの音」を今後聞き続けるためには、なにか対策を立てないといけないなと思いつつ。。。幾日か経ちました。

ふと気がつくと

えらいことになっていました。
合成写真ではありません。
なんと、A1が積み上がっているではありませんか!!
一体何事が起きたのか自分でもよく分かりません。
(当然、撮影後すぐに上のA1は元箱にしまいました。このようにしたままでA1を使うことは自殺行為なので絶対に致しません)


改造してモノラル化すると、どんな音になるのだろうかとは絶対に思いません(笑)
あくまで「日々使うA1が修理不可となった時のバックアップ(保険)」です。バックアップ用のA1はなんと元箱、全付属品付きでした。しかも破格。定価自体18万程度ですが、20年経って、しかもこの発熱、そして故障の凄まじさからすれば、破格やらジャンクやらは当然でしょう。



しかし、いくら破格だろうが、ジャンク寸前だろうが・・・


A1
この音を聴かずしてオーディオを語るなかれ。
(生意気言ってごめんなさいm(_ _)m)

A1
この音を聴かずして死ぬなかれ。
(生意気言ってごめんなさいpart2 m(_ _)m)

A1
この部屋中の空気を音楽の粒子で埋め尽くすような感覚を一度はご賞味あれ!!

最新のレビュー/コメント

C-3850

¥1,890,000(税込)

発売:2015年6月下旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

中庸サウンド、強固な音像表現力

市井の素浪人からすると、やはり相当な価格帯のプリアンプなので、導入まで相当悩んだ。

やはり決め手はその音質と、動作安定度。
アキュフェーズのアンプはとにかく安心感を与えてくれる。これだけでも大きなアドバンテージだと思う。特に舶来アンプの故障に長年悩まされてきた者としては

これでようやく安心して余生を過ごせる(笑)

と冗談半分で真顔にため息を付いている。

気になる音質だが、いわゆるアキュフェーズサウンドで知られる人工的な美音というよりも、中庸サウンドと思う。美しいサウンドを求めるならC-2850を推したい。低域も2850の方が心地よいと思う。2850は音楽寄りだろう。

その点3850は極めてオーディオ寄りで、特に一点の曇りも感じさせない強固な音像表現力には舌を巻く。パワーアンプ並みの重量も合点が行く。

弱音再生がとにかく素晴らしい。
そしてボリュームを絞っても絞っても音が痩せない。この点は2850でも当てはまるが3850だとさらに向上する。

一音一音の音離れが際立っている。
一度音が出た後はその音が消えて行くまで、他の音に邪魔される事なく聴き続けることができる。この部分は特にピアノ曲で鳥肌モノで、どの演奏者のどのソースを聴いても、生コンサートでは不可能と思えるほど、ピアノタッチを鮮明に聞き分けることが出来る。バックハウスレベルのピアニストであっても、3850の表現力にあっては「練習不足」が明確に出てしまう、良いか悪いかは別として(笑)。


唯一の問題を無理矢理言うなら、発熱。
天板に通気が二つあるのもわかるほど、結構熱くなる。ジェラルミンケースでガチガチに堅めるジェフ辺りから「飛来電磁波対策無しなの!?!?」と冷ややかな声が聞こえて来そうだが、

当方は2850と3850を2週間自宅試聴後に、決定した。
この音質で、この価格。
海外ハイエンドと比較すれば、まさにバーゲンプライスと思うのだが。。

【SPEC】●S/N比:115dB ●入力端子:XLRバランス端子×4、RCAアンバランス端子×6 ●出力端子:XLRバランス端子×2、RCAバランス端子×2 ●消費電力:55W ●外形寸法:最大477W×156H×406Dmm ●質量:25kg

マイルーム

まさに、一喜一憂。発展途上。一歩前進、二歩後退!
まさに、一喜一憂。発展途上。一歩前進、二歩後退!
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / その他 / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上

15年以上真空管プリメインアンプを愛用してました。ラックスマン、ユニゾンリサーチの真空管アンプを愛用してきました。特にウエスギアンプには驚愕。(下の写真は途中参加のUT-50。極めて美音でした(^_^)) スピーカーはダイヤトーンP-610MB+段ボール自作平面バッフル 1.6メートル四方のバッフルを持て余し(実際、本当に大きかったです。現在倉庫で眠っています。)、当時のサブシステムを…

所有製品