テナガザル
テナガザル
企業勤めの理系です。 でもあくまで趣味ですから結果オーライな考えやプラシーボも容認します。 現在の機器構成 スピーカー : 自作2way Feastrex nf-5 / RAAL 140…

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

最新の日記

プラズマスピーカー

みなさまこんばんは
今回はピュアオーディオとはややずれた話になります。

世の中でプラズマツィーター、コロナツィーター、イオンツィーターと呼ばれるものはダイナミック型に比べて以下のような違いがあります。

メリット:振動板の色付けが無い、振動板が無いのでダイポール特性にならない、重たい振動板を動かさないのでトランジェントに優れる、指向性に優れる、超高域まで周波数特性が伸びる、
デメリット:中低音の再生が苦手、オゾンが発生する、大きな熱が発生する、電極の定期メンテナンスが必要、高電圧及び強い電磁波が発生する、中低音にダイナミック型を使うのであれば音色の違いが目立つ(これは褒め言葉ですが)

さてそんなプラズマによって空気を振動させる
プラズマツィーターですがもし仮に
爆熱が発生する、大量のオゾンが発生する、装置が巨大になる
これらが許されるのであれば割と低いところから音が出せるようです。
大抵許されないのでツィーター止まりですけど(笑)


それで、まあそれはそれとして
今回はピュアオーディオというよりは
そうではない分野で盛り上がっているらしいスピーカーを紹介します。

FBT(フライバックトランス)プラズマスピーカー
http://www.at-penguin.com/jp/?p=9

これはジャブです、まあ普通に?プラズマ使って音を出してます。


テスラコイルで音楽を鳴らす つくば科学株式会社
http://www.tsukuba-kagaku.co.jp/products/highvoltage/mini-drsstc-ts-drss-01/

いいですね、かっこいいです。
このサイズなら部屋に置けそうな気がします。


プラズマで音楽を奏でるゼウスフォン
https://clarinet-labo.com/zeusaphone/

きました、はいこれ!


Beethoven Symphony No.9 On Musical Tesla Coils
https://www.youtube.com/watch?v=Gd8Xckc536o

感動的ですね(笑)

なんといっても迫力が凄いです。
彼らの目的は音質ではなく放電なので
音質云々を指摘するのは野暮というものですが
それでも我々が思っているよりずっと下の方から音が出せていると思います。

バリバリ言わせているのも雷光をビカビカ出しているのも
パフォーマンスの一環なのであれはあれで楽しいです。
うおー!すげー!と言わせれば彼らは勝ちなわけですから(笑)
細かい音質を叫ぶとダイナミックな見た目が損なわれるでしょう。
これは作っていて楽しいでしょうね。

さてこれを見ただけでもフルレンジのプラズマスピーカーは現実的ではないと感じると思いますが、逆に言えばこういうアプローチでテスラコイルを大型化させて音質重視で設計すれば低いところから音を出せるプラズマスピーカーが作れないことも無いわけです。
パフォーマンスのためにあんなに尾を引いた放電をさせる必要はありません。
極端な話、音だけを求めるのであれば光は見えなくてもいいわけです。
というかそっちの方が助かります(盛大に光りますけど)

あとは爆熱と大量に発生するオゾンのために換気が必須となりますが
どこかの情熱あるエンジニアの方々がフルレンジプラズマスピーカーを
作ってくれないかなあと思うわけであります。
防火や電磁波対策のシールドや、音質に特化した電極構造などなどで凄くゴツい形になりそうですが・・・。

今やハイエンドオーディオの価格はかなり高騰しましたから
価格的には参入できると思うんですよね、価格だけなら(笑)

最新のレビュー/コメント

47 LABORATORY

Model 4715

¥102,900(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

オーディオ機器ですか?いいえ焼き物です

D/Aコンバーターはデジタル信号をアナログに変換する回路です。
本来アナログフィルタとデジタルフィルタを使いますが
この4715はそのどちらもついていません。
オシロスコープで確認すると高域波形はカタカタらしいです。
DACとして必要なフィルタを省いている為
原理的には正しくない動作で動いていると言えます。

ですが、実に生々しいリアルな音が聞こえてきます。

綺麗な波形に整える為に本来は必要なフィルタでも、
実際にはフィルタを通る度に位相が回ったり歪んだりするため
多少波形が崩れたとしても音楽をストレートに出す事を優先している製品です。
信号の伝送距離を短縮するため、部品も小さくコンパクトにまとめられています。

勿論スペックは一昔前のDACです。
今時のDACに対して数値上の利点は見つけられないでしょう。
しかし出てくる音は素直かつ写実的。
高域も十分滑らかで柔らかく、とても波形が綺麗でないとは思えません。

低音はややすっきり気味、押しだしの強さというか派手さはありません。
これは47研通しての特徴といえるでしょう。
このあっさり気味のストレートな音に慣れてしまうと、
むしろ他の機器が味付け満載の音に聞こえてしまいます。


[利点]
・リアルな描写力
・透き通るような声
・とてもオーディオ機器に見えない外観
・電源別筐体なので、トランスを遠くに離せる

[欠点]
・いかんせん古い
・最新DACのような高解像度では無い
・位相特性を重視してフィルタを外した結果、高域波形は汚い
・焼き物からケーブルが出てる
・知名度が低い
・物量を求める人は中を見てはいけない

【SPEC】●出力電圧:2.1V ●入力サンプリング周波数:32kHz,44.1kHz,48kHz,自動切換え ●デジタル入力端子:同軸1系統(RCA) ●アナログ出力端子:同軸1系統(RCA) ●外形寸法:本体 75Wx75Hx80Dmm、電源 75Wx75Hx145Dmm

マイルーム

好き勝手にやってる部屋
好き勝手にやってる部屋

最近feastrexのユニット載せたスピーカーを部屋にセットしてみました。 満足いくまで遊んでいけたらと思います。

所有製品