Harubaru
Harubaru
中学1年の時に、親の仕事の関係で手に入れたアンプを中心にオーディオを始め、高校時代は、オーディオクラブに属し、長岡鉄男氏デザインの初代バックロードホーン他スピーカーをいくつか作り、文化祭などで楽しんで…

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

二段重ねのウェルフロートをやってみました。相変わらずおバカですね。(^^;)

最近、ピアノメカ、フルコン(ピアノ)メカを使用したウェルフロートをいろいろ購入してテストをしているのですが、最近薄型のウェルフロートにもフルコンメカが登場してきたこともあり、更なるチャレンジをしてみたいな、二段重ねも面白そうだなと思い早速やってみました。

このは発想はバズケロさんとMFさんから得ています。バズケロさんが以前ウェルフロートの下板にも歪が残るのでそれをどう取るかがキモだと言われていたのと、MFさんがHugo2を小型ウェルフロート(Type-1)を二段重ねにして音に高級感が出た(私も実践しています)↓から来ています。

薄型ウェルフロートは、バーチ-鉄板、MDF-鉄板、MDF-ポリカーボネイトと3種類所有しているのですが、どれもフルコンメカを導入しています。鉄板は厚さ2mmですが、ポリカーボネイトは厚さ5mmで、特注です。

それをCDPに入れて、現在使用している通常版のウェルフロート、バーチ-バーチ(これもフルコンメカに換装済み)まずは個別にCDPの下に入れて見て音の比較をしてみます。

個々の長所・短所はありますが、ジークレフ音響さんの商売の邪魔になるといけませんのでコメントは差し控えたいと思いますが、どれも個性があり、オリジナルのメカよりはSNの良い音になっています。

その中で音がちょっと音が膨らみ傾向の薄型バーチ-鉄板を上に、ちょっと音が締まり傾向の薄型MDF-ポリカーボネイトを下にした2階建てにしてやってみました。
見た目もこれでもMDF-鉄板よりは多少厚みがあるのですが、左側の無塗装バーチを使用したマランツ7と比べて違和感はありません。ウェルフロート間と下側になっているウェルフロートの下は同じ大きさに切った薄いフェルトを貼っている、極めてシンプルな構成です。

ウェルフロートのサイズがちょっとこのCDPに対しては小さいですが、テストですので我慢ですね。(^^;)隣にある通常の無塗装バーチウェルフロートと比べてもあまり違和感がございませんね。

さて、出音ですが、音が出る前の空気管からして違います。SNが更に良くなり静けさが増しています。音も全くと言って良い程バーチやMDFの癖が出ない自然な音ですので、思わずにんまりしてしましました。

ピアノメカやフルコンメカは音が2週間~1か月かけて更に良くなる傾向がありますので、このまましばらく使ってみようかと思います。


おまけですが、金田式プリアンプは以前大きな、バーチウェルフロートの上に2台載せていたせいか思った音になっていませんでした。そこで無塗装バーチを2台特注しまして、K&Kさんから教わった墨汁とワトコオイルで塗装してみました。こちらの音は既にベルウッドさんがお聞きになっておられますが、SN、特に低音の音が改善されました。やはり以前は電源部の振動がウェルフロートを通じてアンプ部に影響していたのですね。奥が深いです。

まあ、こんな感じで遊んでいますが、いろいろやっていても飽きません。おバカですね。(^^;)

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

音響を良くするには?
音響を良くするには?
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

マンションのリビングに置いています。出水電器の電源工事と和室を取り壊す内装工事を行いました。天井までの高さ3mで22畳程あるのですが、音響対策自作のコーナーアンクと自作シルヴァン(背面)を置いたくらいです。ちょっとライブな感じですが、ダイニングや廊下などにも適当に音が抜けてくれますので、自然の響きにまかせています。

所有製品

  • スピーカーシステム B&W 800 D3
  • プリアンプ MARANTZ Model 7
  • 電源機器 CHIKUMA Possible-4G
  • 音場調整材 日東紡音響エンジニアリング SYLVAN
  • 電源ケーブル CHIKUMA Tuneful Ac II
  • SACDプレーヤー/トランスポート ESOTERIC K-01