daisi
daisi
「ほどほどの予算で、ほどほどの楽しみを」ということで楽しんでおります。 好きな音楽を「もっと良い感じに!」ということでオーディオ機器に興味を持ち、好きな映画を「もっと大きな画面で!」ということで…

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

結構、いろいろ変わりましたね・・・

ずいぶんご無沙汰でして。
アコスさんからお叱り(?)を受けたので久々に(笑)

今年前半は特に何をするわけでもなく、おとなしくしておりました。
とはいえ、<おでかけ>はしておりまして、あちこちのお宅にお邪魔させていただきました。
そのお話は先様のご都合もあるので、またにして、今回は自宅に起こったことのみを・・・

上半期、何もしなかったことに特別な理由はありません。
単に何もしなかった、というだけ。
その代わりというわけではないのですが、夏に入るころからいろいろと変更点がありました。
では順番に。


まず6月の後半、センタースピーカー用のパワーアンプを交換しました。

アルテックの128B、EL34プッシュプルのモノラルアンプ。
ええ、もう、古いです(笑)

それまではクォード606でした。
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3212/20171227/58035/
これの片側だけ使ってたんです。
悪くはなかったんですが、スピーカーと同じメーカーのアンプにしたらどうなんだろ?と思っていたときに、ちょうど馴染みのお店の倉庫からモノラル1台だけ発掘されまして。
その話を聞いて「欲しい!」と伝えたら、シッカリ整備してもらって、やってきました。

付いていた真空管は、前段の6CG7がメーカー不詳のアメリカ製、整流管の5AR4が松下、出力管のEL34が昔のテレフンケン。
整流管にGEとムラードを、出力管にRCAの太管を別に買い足して変えてみましたが、今のところムラードとテレフンケンの組み合わせに落ち着いております。


で、次は8月のお盆のころ。
12~13年使ったメインのスピーカーを取り替えました。

JBLにする?それとも、いっそのことB&Wとか行く?と自問しましたが、結局、落ち着いたのはアルテック。
20cmの2wayから、30cmの同軸2wayになりました。

中のユニットは601-8D、ネットワークはN-3000E、エンクロージャーは国産ですが米松合板の614型。
「銀箱」ってヤツですね。もちろん中古。

箱がカラカラに乾いているのでよく響きます。
ホール感がよく出るようになりました。
あと。
ユニットとネットワークはセンタースピーカーと同じになったのですが、これは大きいですね。
まとまりが全然違う。


話はセンタースピーカー関係に戻ります。
センターなので、当然のことながら座ってる真正面に1本だけ置いているのですが、映画のときだけに使うのはもったいないと常々思っておりました。
せっかくなんだからモノラルの音源を聞くときにはソレ1本だけで聞きたい!と。
幸いプリアンプのマッキントッシュC34Vにはプリアウトが計3系統あり、内2系統はON/OFFの切り替えが出来る。それを利用すれば・・・と。
で、必要なのはAVプリのセンターch出力とC34Vの出力を切り替えさせるセレクターとなるわけで、フィリップスのLHH-S700を使っておりました。

アッテネーターもないセレクターなんですが、これを入れるとフィリップスのLHH-500とか300とか、あの辺のCDプレーヤーと同じ雰囲気になるのですよね。
その辺がメーカーによる音作りと言える部分になるんでしょうか。
そんなところは面白かったです。

で今月半ば、10日ほど前ですけど、例の馴染みのお店にフラッと行った時のこと。
キレイなマッキントッシュC29が置いてありまして。
世代としては使ってるC34Vの一つ前。
C34Vはちょっとサラッとし過ぎカモ?と思っていたところだったので、借りて帰ったんです。
そうしたら濃さとレンジの広さ(狭さとも言えます)がちょうど思っていた通り。
というわけで、そのまま居ついてもらうことに。
フィリップスのセレクターと入れ替えです。

これでAVプリ2台、普通のプリ2台のプリ4台体制。
自分でも操作に迷う(笑)


C29、そんな使い方だともったいないと言えばもったいない。
音は気に入ったのでメイン用にしても十二分なんですが、入力数と機能がちょっと物足りない。
じゃ、音はC29に近くて機能はC34Vに近いのはどれ?という当然のことながらの疑問が出てきて、それはC33じゃないか、と。
C34Vの一つ前で、C29の一つ上のクラス。
そうしたら、ちょうど出てくるのですよね、目の前に。
しかも素性がシッカリしたメンテを施されてるのが(この手の古いのは、メンテはどこで?が大事だと思ってます)。
こういう縁は大事にしたいので、C34Vから入れ替えました。
まだ1週間経ってない(笑)


買うのを決める前に、C34Vとだとあまり変わらない、ただC33の方がコストがかかっているので、違いはそこにある、という話を聞き。
また、別の方からはC34VとC33とは全然違うという話も聞き。
言ってみれば、正反対の意見を聞いた上で決めたのですが、実際、家に持ってくると、そのどちらの意見もよく分かりました。
この違いを大きいと取るか、小さいと取るかで、全然違います。
この時代のマッキンについてではないですが、日ごろ思っていることの証明でもありました。

とまぁ、こんな感じです。
とりあえず落ち着いたので、ひとまずご報告。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

古過ぎてカビも生えないようなものばかり・・・
古過ぎてカビも生えないようなものばかり・・・
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch

古いものばかり カピカピに干からびてます カビが生えることもありません(笑) スピーカー : Altec 601-8D + N3000E + 614型(フロント)   Altec Mini 7モドキ(Altec 405A)(リア)   Altec 601-8D + N3000E + 614D(センター) プリアンプ : McIntosh C34V パワーアンプ : Studer …

所有製品