キタサン
キタサン
オーディオファイルではありませんがジャズは比較的好きな方です。オーディオ歴は10年足らずの若輩者です。

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

ジャズ床屋に行ってまいりました

ふかひれさんのお誘いを受け都内亀有にあるジャズ床屋さんへ行ってまいりました。

実際は髪を刈りに行ったのではなくオーディオオフ会であります(汗)
営業が終わったあとオフ会ということで30年振りの亀有へ あの有名なこち亀こと両津勘吉の金の像が建っていました(写真失念…)

駅前すぐと言うことでしたが方向音痴のキタサンは早速迷子に…電話してオーナーが店の前で手を振って待っていてくれました(笑) こういう時 スマホがあれば便利なのですが…そろそろ買い替え時かも?と思いながら到着、既に散髪を終える間際のふかひれさんとオーナーにご挨拶 そしてJBL4343Bにもご挨拶。


いや~壮観です。久しぶりの大型JBLとのご対面
JBLのスピーカーにマークレビンソン、マッキンのプリそしてマッキン、クラウンのパワーとジャズオーディオの本道をいく組み合わせ。
送り出しはソニーのHDプレーヤー 通常はアナログのガラード、トーレンス辺りといいたい所ですが営業中に始終盤交換も非効率 ここは現代のプレーヤーをセレクト。


本日のプリはマッキンC28


パワーはクラウンのDC-300A


マークレビンソンは自分が聴くジャズには中々手ごわいということで現在はC-28でパワーはマッキンを使っていたそうですが故障で業務用アンプのクラウン(AMCRON)を使用中との事です。

すっかり日も暮れた夜のオフ会 音楽をかけていただきました。

一聴してJBLとは思えない自然な鳴り方 これはかなり調教されているなぁと感じジャズだけではなくどのジャンルでもオールマイティに再生出来る感触であります。

昨今のスピーカーはトールボーイ型や小型のバッフル面が小さいスピーカーが多く このようなバッフル面が広いスピーカーは敬遠されがち それは家庭の視聴環境に制限があるので仕方がないとはいえ 広いバッフル面を生かした前方に音が展開する自然なオーディオ再生の姿は懐かしくもあり心地よいものです。 しかもこちらのサウンド変な癖がなく威圧感(音に迫力はありますよ~)もないのでとても聴きやすい おそらくはオーナーの意思がかなり入った音作りをされているようにも感じました。(営業時にもかけているのでその時は音量は小さくしているようですが万人が聞き疲れしないような調整をされているのでは?)

いつも思うのですがこのような大型でユニット数が多いスピーカーの調整は大変なのだろうなぁと…実際足元やバッフル面の振り角度など日々微調整されているようで それが仕事が終わった後で深夜にも及ぶことがある旨をオーナーは語っていました。

好きでないと中々出来ないですね~私より一回りは若いオーナーさんですがオーディオ暦は30年に及ぶとの事 大先輩です(汗)
ずぼらなキタサンはこの手の細かい作業は無理! 改めてオーディオマニアにはなれないと思った次第であります。

正しい音を求めるのではなく皆が楽しくなる音を求める音作りをされているオーナーのオーディオは気持ちをハッピーにしてくれる素敵なオーディオです。これぞ正に正統派

ご紹介いただいたふかひれさん そしてオーナーありがとうございました。

最新のレビュー/コメント

SYLVAN

-

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

オートマチック

導入してから部屋も変え(笑)すったもんだ していましたが ようやく興奮もさめ落ち着いてきましたので改めて感想等レビュー致します。
導入した経緯等は日記に書いていますので よかったらご覧になって下さい。

◎大きさ、重さ

思ったほど場所は取りません。私の狭い5畳でもそれほど違和感はありませんでした。パネルの薄さに比べると もちろん厚みは20cmぐらいと場所をとりますが…
ただ注意していただきたいのが転倒防止用の脚がついていますので実際の奥行きは33cmぐらいあります。現在はつけていますが一時期取り外して使っていました。

重さは24kgありますので結構重いです。ただ最低これぐらいないと効果は出ないそうです。


◎質感

バットなどの素材で使われているタモ材を使用 かなり固いです。
上下の押さえの板も同様な素材を使っているらしいです。
個人的な意見ですが仮に効果はなかったとしてもオブジェとして使ってもいいなと本気で思っていました。

◎価格

みなさんが導入の最大ネックになっている部分だと思います。
最初私もこの商品の存在は以前から知っていましたが価格面で眼中に入っていませんでした。
当然効果から判断するものですが導入した現在 高い買い物をしたのかどうかよくわかりません!


◎効果

日記で効果のほどは色々書いておりますが 最近 部屋を移りましたので その時の感想です。
まず低音のダンピングが良くなりました。ボーンボーンからボンボンと弾みがつき引き締まった低音になりました。
あとSP間に置きますと高音がシルヴァンの一番高い位置ぐらいに引き上げられる感じがします。高音が伸びる感じなんですね。
音溜まりの場所に効果的であります。コーナーや部屋の変型した箇所に置くのが効果が顕著に表れます。 よく1次反射面にパネルを置くのが効果的とルームチューニングの基本とされていますが この製品は1次反射面に置いても他の場所に置いた方が効果があったという意見の方も多いです。もちろん一時反射面に置くと効果が高かったという意見もありますが 特に場所はあまりこだわらないようです。

何度か申し上げていますが音波の位相を破砕する、音響障害を軽減する製品ですので従来のパネル等とコンセプトが違っています。


そういう意味で置き場所をオーディオ指南書?などで厳選してルームチューニングをしていた方法を車の運転でマニュアル運転と例えると この製品はオートマチックです。部屋のどこにおいても それなりの効果は表れますがより良い効果を得たい場合に微調整して場所を決めるというやり方です。

オートマチックは楽でいいように思えますがオーディオファンはルームチューニングを試行錯誤し自分の理想に近づける その過程が大変でもあり醍醐味という方も多いのではないでしょうか? その楽しみを奪う製品ですので ある意味罪作りです。


私が価格面でハッキリした意見を述べなかったのは悩むに悩んで部屋を移動した結果 シルヴァンでも解決できなかったある特定の低域の不快さから解放できたからです。 5畳の部屋でシルヴァンは良い効果を与えてくれました。別の人が聴くと問題がないと思われたかもしれませんが 私にとっては どうしても耳につく嫌な、不快な音が取れなかった。これは自分の感性というか感じ方の違いだと思います。

何か後味の悪いレビューになってしまいましたが 現在シルヴァン、アンクとも新しい部屋に同化して音楽を楽しく聴いて落ち着いている私がいます。

【SPEC】●外形寸法:40W×140H×20Dmm ●質量:約24kg

マイルーム

音の粒
音の粒
借家(マンション) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

音楽を聴くのに大げさな装置、部屋はいらないという考えです。 高価な機械は有りませんが比較的満足しているつもりです。 いわゆるビンテージ物?に機器は変わりました。 プレーヤー トーレンスTD-124、Dual1019、ケンウッドKP-990 プリアンプ QUAD44、ラックスマンC-06α パワーアンプ オーディオデザイン、QUAD405、自作真空管アンプ スピー…

所有製品