ころすけ
ころすけ
視聴ジャンルは、洋画、邦画、アニメ、クラシック、ジャズ、POPS、歌謡曲です。 平成4年(1992年)9月にホームシアター兼用のオーディオルームを備えたマイホームが完成しました。 ハイビジョンがデ…

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

続々・エアコンの検討

 5年前にエアコン設置見積りの件まで書いたのですが、その後、分電盤交換が必要とか何とか言っていた業者が逃亡。w

 こちらも、すっかりヤル気をなくし、あれから5年間エアコン付いていません!

 で、先週、大手チェーンY電気の地元店舗へ行きますと、日立・白くまくんの寒冷地向けエアコンの旧モデルが1台限り現品処分で格安で置かれていました。

 翌日、他の大手チェーンなどを回ってみますと、やっぱ、これ格安じゃん。

 で、設置見積もりは後回しにして買っちゃいました。
 RAS-EK28F2、標準取付費込み、消費税込み、128k円は安いと思う・・・

<他店で撮影>


 実は、うちではこれが2台目のエアコンになります。
 2013年に買い替えたキャンピングトレーラーに、Panasonic CF-V222C(22タイプ、100V、再熱除湿付、ルーバー上下左右スイング)を積みました。

 で、エアコンについての理解がさらに深まり、分かったこと。

1 カラっとした北海道では、再熱除湿はなくても可。
2 左右ルーバーはリモコン操作できて正解。
3 外気温がヒトケタ(+5度とか)になると、定宿にしている関東のウイークリーマンションで経験する”なかなか温まらない&長い時間霜取り停止”と同じような状態になり、これが結構きつい。

 今回、使い慣れたPanasonicの昨年モデルCF-J226C(ベーシックグレードの一つ上の機種)が同条件で72kだったので、これを2台(オーディオルームと居間)設置することも考えましたが、上記3番を考えれば、寒冷地対策されたエアコンしかない訳で・・・

※ でも、寒冷地用では廉価版(標準地用だと、X,E,W,Dと4グレードあって、機能的には2番目のEと3番目のWの中間になります)のRAS-EK28F2は、せっかく室外機に2系統の熱交換器を備えているにも関わらず、交互に霜取りしながら半系統だけ使って「バイパス暖房」する機能が付いていないので、ノンストップ暖房とはいかないハズ。

 機種選定には、もうひとつポイントがあって、それは200V機種が望ましいということ。

 うちは築25年で、分電盤も数回路あれば十分という時代でした。
(北海道の中でも家庭用エアコンが普及していない冷涼な地域なので、エアコン専用の分岐ブレーカーの設置がそもそも考慮されていない。)

 で、メーターからの引き込みが8sq(3.2mm)、契約ブレーカーが40A(単相3線からR-N、N-T、R-T(200V)と、どのように電気を使っても100V換算で40Aまで)、漏電ブレーカー(過電流保護付)が30A(R-N、N-T間とも30A)、分岐ブレーカーが実装6(うちオーディオルーム専用2、その他4)、未実装2)というかなり制約の多いものです。



 引き込みが8sq、漏電ブレーカーが30Aなので、契約容量は最大60Aまで上げることが出来ますが、既にスマートメーター化されてしまっているので、今、契約容量の引き上げを申し出ると、きっと契約ブレーカーを取り外し、スマートメーターのリミッターに切り替えとなってしまいますね。

 15秒間隔で自動復帰を8回繰り返してダメなら、北海道電力側から指示しないと復帰しないという仕様は、非常時の早急な復旧が難しいダメダメ仕様。

 私も大地震を体験しておりますので、電話の輻輳でつながらないとか、長期にわたるライフラインの停止は身に染みております。

 さて、問題は漏電ブレーカーでして、60A契約に引き上げても、片負荷になると契約容量より遥か手前でブレーカーが作動してしまいます。

 Phile web的には、もう、「メーターからメイン分電盤までCV22sqで張り替えて分電盤も交換しなさい」と、「ついでに(メーターのリミッターを使うなら)メーターから直でオーディオルームまでCV22sqを引いて専用分電盤を設けなさい」と、なりますが、立て続けに出費しているので、もう少し後ですね、このあたりは・・・

 今まで、40A契約でメインブレーカーや漏電ブレーカーが落ちたことはないので、割とバランス良くR-N、N-T間に割り当てられているようですし、200Vのエアコンなら均等に負荷がオンされるので、きっと上手くいくハズ・・・
(エアコンは常時電流制限モード)

 無謀な使い方さえしなければ、40A契約のままでもいけると思う。


 そうそう、5年前にこだわった天井裏からの冷媒とドレン配管は止めて、オーディオルームの壁に穴開けすることにしました。

 さて、室内機の取付位置ですが・・・

 スクリーンのある入口側半分のスペースはいつも無人地帯。
 スクリーンと反対側が視聴スペースで、その右横がPCオペレーション空間。

<イメージ図>


 窓の完全遮光のために、天井面にカーテンボックスを取り付け、そこから180cmの遮光カーテンを吊っているため、窓上に室内機を取り付けることが出来ません。

 考えられる場所は、

1 本棚直上の壁
2 窓を挟んで本棚と反対側の壁(机のJ型曲がり部分)
3 長手方向の窓の左側の壁(机の直線部分)

の3か所。

 どうせ部屋の入口側は人のいない空間だし、熱源もないので、3番位置に取り付け、視聴位置には横から送風される形が良いかな?と思いましたが、直下に液晶モニターが並んでいるし、PCオペレーション時はまともに顔に風が当たりそうなので、2番と共に候補から脱落。

 結局、人には直接風が当たらない(AVラックにはかなり当たりそう)1番に決定しました。

 天井面から室内機の下端まで40cmということでしたので、床面から室内機下端まで230cmかな?

最新のレビュー/コメント

DBR-M590(レグザサーバー)

¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)

発売:2015年2月27日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

なんだか動作が怪しいw

 我が家は、ToshibaのRegzaレコーダーとRegzaTVでネットワークダビング環境を整備してきましたが、HDDはほぼほぼ満タン。

 録画ブルーレイディスクも大量にありますが、日本のメーカーの販売するディスクでも品質・耐久性に問題のあるディスクが多く、現在はブルーレイディスクへの保存は行っていません。

 そんな中、見逃し、録り逃し番組も多く、ついに全録機を導入してみました。

 使い勝手は、まぁ予想どおり。
 既にToshiba機が3台あるので、動作不安定など最初から考えに織り込み済み。

 現在、全録用に8TBのHDD(Seagate ST8000VX022)を、保存用に6TB(WD60EZRX)2台を外付けしています。

 9chのうち8chを全録に、1chをタイマー予約に割り当てています。
 地上波とBSの主要な無料チャンネルを全部録画するにはもう1台必要ですね・・・

 買って使ってみて分かったこと・・・全録してもほとんど見る暇がない!
 1日1時間位かな・・・w

【SPEC】●HDD容量:6TB ●記録可能メディア:外付けHDD/SeeQVault HDD、SeeQVault SDカード、BD-R/-R DL/-R XL/-RE/-RE DL、DVD-R/-R DL/-RW ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×9 ●接続端子:映像入力×1、2chアナログ音声入力×1、USB/SDメモリーカードスロット×3/1、HDMI出力×1、光デジタル音声出力×1、LAN×1 ●消費電力:66W(待機時 約0.09W) ●外形寸法:430W×80H×336Dmm(突起部含む) ●質量:約6.4kg

マイルーム

ころすけのマイルーム紹介
ころすけのマイルーム紹介
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上

 物があふれていて恥ずかしいですが、オーディオルームのスクリーン側です。  2.5間*3間の15畳ですが、防音のため内壁を厚くしたため、実質14畳もないかも知れません。  現在のスクリーンはシアターハウスの掛け軸タイプ16:9ホワイトマット150インチです。  LRのスピーカーは居間から引っ越してきたJBLのS143MkIIです。  スクリーンとの干渉を避けるため、75mm角の角材…

所有製品