ころすけ
ころすけ
視聴ジャンルは、洋画、邦画、アニメ、クラシック、ジャズ、POPS、歌謡曲です。 平成4年(1992年)9月にホームシアター兼用のオーディオルームを備えたマイホームが完成しました。 ハイビジョンがデ…

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

真空管プリ導入のその後

 ピュアオーディオ面ではかなり改善されましたが、AVソースの2ch再生はもう聞きたくないーーー状態に。><;

 Marantz DLT-1というライントランスがあるので、DENON AVR-4311とパワーアンプとの間に挟んでみましたら・・・うーん、良くなる部分もあるけれど、全体にレンジが狭く、音像も小ぶりになり、やっぱない方がいいわ、という結論に。

 そんな折、発注していた山本音響工芸さんのスピーカーベースが届いたので、あれこれやっているうちに・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

ぎゃー!!!!!

 Lchに使っているS143MKIIがスローモーションを見ているかのようにゆっくり横倒しになり、もうお嫁に行けない体になってしまいました。><;

 S143/S143MKIIの中古品をネットで見かけると、結構、表面が傷んでいるものが多いのですが、原因はやっぱり、この何故か四隅よりかなり内側にあるスパイクでしょ?w
 これが原因で外れたり、倒れたりするんですよねー。

 このピアノのような鏡面仕上げを修復する方法はないのかしらん・・・

 マーブルトップの人工大理石も無事でしたが、中央に鎮座するJM-LABの巨大なサブウーハーの側面に人工大理石の爪痕が残っていました。

 どちらも側面なので、視聴位置からは見えませが、ちょっとショックです。

 で、AV系の音は もうどうしようもないので、1か月前に特価見積を出して頂いていたAV8802Aを発注しました。

 これでさらに必要となるパワーアンプですが、Marantz MM8077(7ch)が国内入手不能で個人輸入すると23万円位になってしまいます。
 Marantz MM7055は中古品が入手できますが、5chなのでちょっと足りない。
 Marantz MM8003(8ch)はMM7055ほど、中古市場にタマ数がない。
 うーん、どうしたものか・・・

 YAMAHAの11chという選択肢もあるにはあるのですが、ここはひとつMarantzで固めてしまえ~的な発想になっています。

最新のレビュー/コメント

DBR-M590

TOSHIBA

DBR-M590(レグザサーバー)

¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)

発売:2015年2月27日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

なんだか動作が怪しいw

 我が家は、ToshibaのRegzaレコーダーとRegzaTVでネットワークダビング環境を整備してきましたが、HDDはほぼほぼ満タン。

 録画ブルーレイディスクも大量にありますが、日本のメーカーの販売するディスクでも品質・耐久性に問題のあるディスクが多く、現在はブルーレイディスクへの保存は行っていません。

 そんな中、見逃し、録り逃し番組も多く、ついに全録機を導入してみました。

 使い勝手は、まぁ予想どおり。
 既にToshiba機が3台あるので、動作不安定など最初から考えに織り込み済み。

 現在、全録用に8TBのHDD(Seagate ST8000VX022)を、保存用に6TB(WD60EZRX)2台を外付けしています。

 9chのうち8chを全録に、1chをタイマー予約に割り当てています。
 地上波とBSの主要な無料チャンネルを全部録画するにはもう1台必要ですね・・・

 買って使ってみて分かったこと・・・全録してもほとんど見る暇がない!
 1日1時間位かな・・・w

【SPEC】●HDD容量:6TB ●記録可能メディア:外付けHDD/SeeQVault HDD、SeeQVault SDカード、BD-R/-R DL/-R XL/-RE/-RE DL、DVD-R/-R DL/-RW ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×9 ●接続端子:映像入力×1、2chアナログ音声入力×1、USB/SDメモリーカードスロット×3/1、HDMI出力×1、光デジタル音声出力×1、LAN×1 ●消費電力:66W(待機時 約0.09W) ●外形寸法:430W×80H×336Dmm(突起部含む) ●質量:約6.4kg

マイルーム

ころすけのマイルーム紹介
ころすけのマイルーム紹介
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上

 物があふれていて恥ずかしいですが、オーディオルームのスクリーン側です。  2.5間*3間の15畳ですが、防音のため内壁を厚くしたため、実質14畳もないかも知れません。  現在のスクリーンはシアターハウスの掛け軸タイプ16:9ホワイトマット150インチです。  LRのスピーカーは居間から引っ越してきたJBLのS143MkIIです。  スクリーンとの干渉を避けるため、75mm角の角材…

所有製品