NoError
NoError
遮光、遮音が完璧な地下の無彩色な部屋で思う存分AVにはまっています。

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

200Vってどうだろう

200V電源を導入されている方は多いと思うがほとんどは100Vへ変換する電源装置へのためにではないだろうか。
ただし波形創生タイプの電源装置は出力波形に高周波のノイズを伴ったものや、トランスタイプは容量が十分に大きくないと効果が発揮されない場合や本体が発するウナリ音などの問題がある。
200Vに何を求めるかによって考えは様々であろうが、私は機器が200V入力が可能なら電源装置を用いずに直接入力するのが一番と考える。
Linn,Nuforce,OPPOなどの現用機器複数台が200V入力可能なので200V用電源タップが必要になったが、市販されている200VJIS規格電源プラグや壁コンセントはイマイチの物ばっかりだ。何か良い物はないかと探していたところ、Leviton8600という壁コンLeviton5666C,CAというプラグをみつけた。8600はホスピタルグレード、5666はインダストリアルグレードの品物だ。

見ての通りJIS200Vと互換性がある。(ただし15Aまでだが。もしJISの200V20Aのプラグを差し込みたっかたら、Leviton5822という製品がある。)
効果の程を探るべく、モノのパワーアンプの左右に100V200Vそれぞれ加えてみる。
全く別物のアンプになるがこれはかなりの難物スピーカで荷が重い状態だから違いが大きく出たようだ。OPPOのBDプレーヤは差が僅かだが、たとえば雑誌での上級機種との比較などの評論を読むと、200V入力にすると上級機種を脅かすのは確かだ。
なおIECコネクタ側が100Vでも200Vでも同じ形状なので接続機種に要注意!
200V入力可の機器なのにメーカーが推さないのはこのあたりにあるのかもしれない。

例えば上の左側を100V、右側を200Vの供給プラグとし、100V専用機器には左側のプラグの溝に合う突起を設け、200V可の機器は突起なしとすれば良いと思うが今となっては遅い。
微々たるものだが電流が熱に変わらない分、200Vは省エネにも貢献するはずだ。
電源装置をパスすれば効果はさらに上だ。
当方所有200V機器はスイッチング電源だが、コンベンショナルな方式の高級パワーアンプなど200V専用機器があっても良いと思うがいかがであろうか。

最新のレビュー/コメント

DLA-X30

JVC

DLA-X30

¥OPEN(予想実売価格398,000円前後)

発売:2011年11月下旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

満足度高いです

3世代前のDLA-HD350からの買換えです。
リモコンの反応がとても機敏です。HD350はスクリーンに向けての操作では全く反応しないので、リモコンを本体方向に向けてさらにボタンを数回押してやっと動いてくれたアリサマでした。X30は手元で操作しても全く問題なく動作してくれます。
レンズ周りの動作の精度が上がっています。HD350は上下左右シフト、ズーム、フォーカスすべて動作用モーターの慣性、メカ部分のガタが大きく思った所で止まりません。X30はその辺りがかなり改善されています。
また個体差かもしれませんがパネルの合わせがX30はかなり良いです。これは当たりハズレがあるのかもしれません。
肝心の画質ですが絵作りが違うようです。HD350はこってり感がありますがX30は解像するぞ!という感覚です。暗部のノイズ感が減って暗い部分の色のりが大幅アップ。これだけでも買い換える価値十分です。
3Dですが理論的には明るさは2Dの1/4で、実際その位です。3Dを見るときは近視用と3Dのメガネを磨く、二つのメガネの位置を試聴中随時調整する、ランプの明るさ、色温度などのプロジェクターの調整(メガネにより色合いも変化する)、さらに気合を入れないと長時間絶えられません。購入当初は3D時の目の疲れに驚きました。1ヵ月ほど経ちだいぶ慣れてきましたが根本は変わりません。私には液晶シャッター式の3Dは合わないようです。時分割及び左右の表示がずれていることが原因かは分かりませんがせっかくの3Dソフトが勿体無い状態です。現在2台のプロジェクターを用いての3Dを思案中です。円偏光の場合はシルバースクリーンを使えばわりと簡単に実現可能なようです。さらにメガネも選択肢が多く魅力的です。dolby3Dのような波長分離型ならマットスクリーンを使えて2Dと共用出来るのですが、一般用機材が手に入りません。
2台PJ方式はもう少し時間が必要なようです。

【SPEC】●表示デバイス:フルハイビジョン対応D-ILA デバイス ●パネルサイズ:フルHD 0.7インチ×3(16:9) ●表示解像度:1920×1080 ●レンズ:2倍電動ズーム・フォーカスレンズ ●レンズシフト:上下80%、左右34% ●光源ランプ:220W超高圧水銀ランプ ●輝度:1,300lm ●コントラスト:50,000対1 ●ビデオ入力端子:HDMI×2、コンポーネント1、トリガー端子、RS-232C、LAN端子、リモート端子、3Dシンクロ ●騒音レベル:20dB(ランプ標準モード時) ●消費電力:330W(スタンバイ時0.8W) ●外形寸法:455W×179H×472Dmm ●質量:14.9kg

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~120型 / ~5.1ch

2chとマルチチャンネル(+映像)二つのシステムがが対向した面にあります。 最近2chシステムが様変わりしました。 とりあえず記念撮影 使用機器は必要最小限のシンプルなものです。 SP間は2m,リスニングポイントまでも2m

所有製品