PolarBear
PolarBear
ワイヤレスで音楽再生を楽しむという青年期の夢がもう日常のこととなった時代です。気がつくと初めてオーディオを購入したときから40年近くが経ってしまいました。その間に大きく変わったもの、変わらず脈々と受け…

日記

お気に入り製品

最新の日記

ドルビーアトモスによるカラヤンの演奏。

ファイルウェブの記事を読み、早速東宝シネマへ足を運んだ。
つい先ほど帰宅したばかり。

席は『I列10番』。ボックス席の中央左側だ。ちなみに妻は中央右にて試聴。

電車の中で会話を交わす。
『どうだった?』
『音が全部混じってて、演奏している人たちの中で聴いているみたいだった。』
『うーん。細かい音の微粒子に包まれている感じで、音が柔らくなかった?』
『そんな感じはなかったよ。でもコンサートを聴いてる感じじゃなかった。映画だったら良かったんじゃない。
 最初のアルプス交響曲はあれでもいいかと思ったけど、第五はちょっと。』
『B&Wで聴く音圧みたいなものは感じられなかったよね。』
『うん、それはない。』
『ダイナミック・オーディオの試聴室で聴く方がいい気がする。』
『うん。』

ちなみに件のS氏には、事前にご意見を伺ってみていた。
『これが主流になるんでしょうか?』
『いや、ならないでしょう。まず自宅で再現するにはスピーカーの数が多すぎます。安価なスピーカー7つより、高価なスピーカー2つでしょう。』

聴き終えた感想としては、S氏のご意見どおり。
疑問を挟む余地なしの気がする。

ちなみにシロクマ君の巣穴はワンルーム。
ベッドが2台鎮座している。
テレビもレコーダーもありません。

よってドルビーアトモスの環境を構築しようにも、物理的に無理なのですよ。
まあ、イヤフォンを利用してヴァーチャル体験をするのが精一杯。

しかし、映画館の中では、女性客たちが
『すごかったね!!』
とか感想を漏らしていた。

私には理解不能。
これはコンサートホールで生演奏を数多く聴き、
自前のシステムもハイエンドに近いもので揃えられている人たちと、
素人さん達との間で意見が分かれるのだろうな、と思った。

最後に正直な感想を一言。
『試みとしてはありなのでしょうが、体感できる音をもっともっと追求しないとオーディオファイルに受け入れられることはないでしょう。』

最新のレビュー/コメント

SRS-HG10

SONY

SRS-HG10(h.ear go 2)

¥OPEN(予想実売価格25,000円前後)

発売:2018年5月12日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

割り切りが必要な商品。

ROONサーバーの出力用として購入しました。WiFi対応という限られた選択肢の中からの選択です。当然の事ながら、高価なメインシステムと比較して音質がどうこう語れるような出来ではありません。非常にコンパクトであり、使い勝手が良く、それなりに流し聴きに耐えるという意味ではとても優秀な製品だと思います。変に高い期待を持たず、手頃な価格なスピーカーをお探しの方にはお勧め致します。

【SPEC】●スピーカー:φ約35mm(フルレンジ)×2、パッシブラジエーター ●周波数帯域:60Hz - 40kHz ●実用最大出力:24W(12W+12W)●Bluetooth:Ver.4.2 ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP ●対応コーデック:SBC/AAC/LDAC ●バッテリー持続時間:約12時間 ●外形寸法:約204W×62H×60Dmm ●質量:約700g

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品