2Hくん
2Hくん
★第二次オーディオブームは終了したようです。オーディオ的思考が一時停止中(^_^;) 密閉型大好き人間です。ほぼ満足出来る水準に到達したと思います。凄い音はしないので、普通に聴くと物足りないかもしれ…

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

お気に入り製品

最新の日記

もう嫁には出せねぇ……(°°;)

 2019年も早くも一月が過ぎ去り、どうも変な音に悩まされ……(ーー;)ウムム?


 ――――ながらもいつもの音源を再生したり、Jeff Beck Live at Ronnie Scott's観たり、Dreyfus Night in Parisを聴いたり、タル・ウィルケンフェルドを聴いてみたり、ハルモニアムンディ60周年記念ボックスを摘まみ聴きしたりしていたのですが。



 ……(ーー;)……(ーー;)……(ーー;)……(°0°)!!
 やっぱり音がビビってる!!!!



 なーんかおかしい感じがしていたのです。音が強めになるとビビって割れたような感じになるし、なんだか音の密度感も後退したような。
 おかしいなぁと思ってSPに近づいてみると……



















 なななんあなななあなななななんあなああああああああぁぁっぁぁ((((;゜Д゜)))))))











 orz










 ということで2週間ほど音出しせず凹んでおりました。
 修繕費を問い合わせてみると、遠方ということも相まって○十万を超える(゜Д゜)バカナ!

 大蔵大臣からはやれ、でかい! 重い! 邪魔! 引っ越しに余計! と至極ごもっともなご意見をいただき。


















 暴挙に出てしまいました(・∀・)






 いや、あの、手持ちのですね、ボンドがちょーっと丁度良さそうな気配がありまして。





 いや、あの、実際、音良くなりました( ̄▽ ̄)





 タダより怖いものはない!! とは言いますが、【○十万 vs タダ】では選択の余地はなく。
 んでやっちまいました。治った……とは微妙なところですが、まぁ音は(たぶんほぼ)戻りました。

 音の方は実際、元に戻った感じがします。強奏部での破綻がぐっとなくなりましたし(当然ビビり音がなくなった)、低域の階調力が間違いなく改善。ばらけていた密度がまとまったのか艶っぽさが戻ってきました(^^♪



 多分ホントは、やるにしてもユニットを外して両面から薄く塗ってやる方が良いのでしょうし、振動しやすさに偏心性が出来てしまいますし、元のゴムエッジの柔らかさよりは硬くなるでしょうし盛大にツッコミどころがあるのはわかっているのですけれども、タダには勝てず(^_^;) お見苦しいボンド塗布です。
 まぁこれで「つもり」でなく、現実にずーっと使わねば、ですね。

 今思えば、以前とりさんが来られた折にビビり音がしていて、何事かと肝を冷やしたことがありました。あの時もSPに近づいて見ましたが、割れてはいなかった。
 あの音源を試しにかけてみると、補修した今はきちんと鳴る。……はて? あの時は割れる直前だったのだろうか。



 さて問題は何故割れたのかです。
 時々遊びで鳴らす太鼓やらの瞬間的に厳しい音源でパキッといったのか? でもそんなんでパキッ? そんなSPでええのか? もしかして部屋が寒すぎて硬化してた?
 導入してから、原則部屋のカーテンは閉め切りで直射日光に当てることはない。極端に室内灯が当たることもない。寒暖房器具が当たることもない。正直、導入してたった6年で劣化する要因が不明です。
 もしかしてですが、輸送やなにやらでちょっとは指で直接触っているので、そういった塩分なので劣化・割れた?
 さらにさらにもしかしてですが、店舗に存在していたときにこの部分に熱源が当たっていた(他責的でいやな推測ですが)?
 ま、一度ボンドをつけてしまったのであとはいくらでも手を下せちゃいますね( ̄∇ ̄)

最新のレビュー/コメント

sa4.0B

SOULNOTE

sa4.0B

¥157,500(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

真っ当な音みたいです

 こちらもとーーーーーっても今更の製品ですが、やっぱり大事な機材なのでレビューしておこうと思います。拙宅で稼働しているのは発売直後の個体と販売終了時の個体です。

★追記:ぱっと聴き差は感じませんが、BTLで並べて聴くと、全く違わないとは言えなさそうです。

 設計者の鈴木氏がどんなSPでも鳴らすという目標で作ったパワーアンプ(THE SPEAKER DRIVERというふれこみ)です。完全なデジタルアンプではなく、電圧増幅段はアナログという変わった構成のアンプのようですね。……素人なのでどう違うのかはイマイチ分かりませんが(^_^;)


 ノイズ感は皆無。分解能は申し分ないです。音に輪郭をつける方ではないですね。
 低域はぐぃっと粘りながら出すのではなく、バッと出てすぐ終わるタイプです。普段緩めの低音に慣れていると物足りないかもしれません。これはデジアンらしい特性かも?
 しかし、動いていない、出ていないのではなく、出過ぎることがないだけなようです。SPがそもそも良い環境にはまっていれば全く不足を感じません。轟音を出すことも十分可能です。
 ただ本当に脚色に乏しいので、素っ気なくは鳴りがちですね。この辺は周辺機器の性格でチューニングしてやる必要がありそうです。設置も拙宅では純正でないインシュレーターで整えた方が、幾分大人しくはなりますがよりニュートラルな印象でした。

 発熱はあまりなく、相当な負荷をかけ続けても全然熱くなりません。これは省エネには良いですね。
 RCA端子の間が狭く、これはマイナス。ちょっとプラグが大きいとすぐ干渉してしまいます。
 接続については、SOULNOTEらしくXLRの方が明らかに良いです。鮮度感やスピード感といった、SOULNOTEらしさを体感できるのはXLRの方ですね。



*BTLは8Ω専用ではありますが、90dB少々の音量程度ならばMAGICO V3の最低2オームでもほぼ大丈夫だとお返事をいただきました。危ない程の爆音だと保護回路が働くので、いきなり壊れる事はないそうです。SOULNOTE RM10をドライブするのは聴きましたが、この時非常に鮮烈な音がしていました。うちではそんな鮮烈さは出ていませんが、明らかにSPのドライブ力が向上したようです。ダンピングファクターは半減のはずなのですが。下のリズムが整うのでとても良い変化です。素性としては、やはり良いアンプなのだろうと思います。早くも生産終了なのは残念です。
*FT化してからはより音がリニアに動くようになったように思います。

【SPEC】●定格出力:75W×2(8Ω)、115W×2(4Ω)、230W×1(8Ω BTL) ●全高調波歪率:0.15%(50W 4Ω) ●周波数特性:5Hz〜100kHz(±1dB) ●入力感度:0.9V/10kΩ(XLR)、1.0V/5kΩ(LINE)、0,45V/5kΩ(BTL) ●S/N比:110dB(IHF Aネットワーク) ●電源電圧:AC100V 50/60Hz ●消費電力:56W ●外形寸法:420W×98H×214Dmm ●質量:7kg

マイルーム

オーディオな音は求めない?
オーディオな音は求めない?
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

★第二次オーディオブームは終了したようです。オーディオ的思考が一時停止中(^_^;) どうもうちは一般のオーディオ好きとは違う独特のバランスなようです。 全然凄い音はしません。期待すると×です(笑) 凄い音は不要。 大音量も不要。 ただ、(音源に則して)自然に鳴る事が大事。 そういうスタンスです。でも凄い音も大音量も楽しいものです。 他、歌と太鼓が特に大事…

所有製品