atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

最新の日記

1%クリアからが難しい:原音へのスピーカー技術

「T字プレート・直プレート・縁針金制振」3点セット適用の
「広口魔法瓶構造」#311(旧#230) で歪率 1%クリアに挑んで
いますが、さらにタイラップ与圧と追加塗布では未達成。

そしてホースバンド4本与圧、それに追加塗布でようやく
1KHz/200Hz共 歪率 1%をクリアしました。

しかし、これからが難しく、やればやるほど歪が増えて
データが悪化して処置なしなので、この原因は最初にある
だろうと推定して、3点セットは確保して、与圧系を削除。

そして、外側の制振塗布をやり直しました。

しかし、1KHzの全高調波データは 0.777%達成のデータが
1.295%に高め安定。

マイクミキサーを本格的なものに換えると暗騒音が減り
デーダが良くなると共に悪化要因も判るのではと考えて
フォトのようにマイクを北から西向きにして、ケーブル確保。

それでPC下のミキサーまで届かせて、「その15 567-568項」
データを再測定しました。

それが「569-570項」で、「567-568項」で1KHz1.372%、
200Hz1.255%と悪化していたのが、200Hz0.975%となり、
1KHzは1.773%とデータは悪化しましたが、暗騒音レベルが
下がったので、原因が高域の共振であるとスペクトラムで
明確になりました。

あすは触診法などによるスペクトラムの変化を読み取って
最適な制振法とその処置を実施します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本研究は趣味+αですが、スピーカー装置の不要振動制振による
「音の美の新技術」が日米特許成立!(誰でも廉価で可能)
→ マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!:持参もOK!
製作は大歓迎で、個人目的では誰でもOKです。

→ http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch

マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究アトリエが65セットで、 玄関や洗面/フロを含めて、計116セット現存しています。 ---------------------------- 私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、 オーディオ…

所有製品

所有製品は登録されていません