ミネルヴァ
ミネルヴァ
六畳間和室で音楽や映画を楽しんでいます。オーディオはストリーミングオーディオです。 石井式リスニングルームによれば、六畳間和室は音響的に良いそうで、部屋幅、高さとも推奨値からおおよそ-10%以内…

日記

お気に入り製品

最新の日記

お勧めのSACDマルチチャンネル

最近SACDのマルチチャンネルDSDの再生の環境が再び整い、聞き始めています。5年ほど前まではPS3のLPCM5.1出力を利用していました。

(1)Celine Dion A New Day Has Come

SACDのシングルレイヤーでCD層はありません。4曲目Rain,Tax冒頭の低音アタックが凄いです。なぜか2CHで聴くとそのアタックが弱めになります。全曲を通じボーカルの張り出し方がすばらしく、サラウンド音響としても優秀です。

(2)Grace Mahya Last Live at DUG

録音エンジニアが伊藤八十八さんで、さすがのライブ録音です。全曲に渡ってエネルギッシュで、鮮度感抜群です。
伊藤さんは「良い音とは疲れる音だ」と言う名言?を残されています。確かにこのアルバムをピークで100dBで聴くと結構疲れます。
私は4曲目のKiss of Lifeが好きです。静かなナンバーですが、Sadeとはまた違った味があります。Mahyaの口の中の舌の動きが見えるようです。

(3)角田健一ビッグバンド Big Band Stage

これはスケールの大きいビッグバンドで、低域の空気感が抜群です。全曲お勧めです。良くオーディオショウでも再生されています。

(4)Carpenters Singles 1969-1981

録音は古いですが、きっちり5,1CHで収録されています。お勧めは8曲目のThis Masqueradeです。スローテンポのボーカルも心に染み入りますが、楽器が半球面上に配置され、フルートが天井から聞こえてきます。

(5)HYPS Chaotic Planet

1曲目、しばらくすると、パーカッションやバイオリンがスピーカーよりずっと高い位置から聞こえ始め、驚かされます。録音編集には元ソニーのかないまるさんが参画され、音像の上昇位置の調整をされたとのこと。
この音像の上昇はなんと2CHでも同様に聞き取れますが、フロントスピーカーの位相特性が優秀でないと、高い位置での楽器定位は難しいでしょう。

(1)と(4)は現在入手困難なようです。

最新のレビュー/コメント

RR-777

ACOUSTIC REVIVE

RR-777

¥39,900(税込)

発売:2012年7月1日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

OFFにすると音を悪くする機械

試聴機を借りてみました。

ON,OFFで確かに音が変わります。

ONでは、上下に音場が広がり、ボーカルが艶やかになり、透明感が増し、音像が明瞭になり、全体的にリアリティが増します。
音が明らかに滑らかになり、歪み感が減ります。
この点は悪くなった、と言う点は全く見当たりません。

OFFにすると、音場が上下に縮こまった感じで、透明感が減退し、生き生きした感じが減ってしまいます。

但し変化は、音のバランスが変わるような電源ケーブルほど劇的な変化ではありませんが、OFFの音はもはや聞けません。

家内にブラインドテストとして、あるクラシック曲の冒頭10秒を聞いてもらい、今回は良い、今回は悪いという判断をON,OFFを切り替える毎にしてもらいました。

もちろん全回、ONの時に「良い」と判断していました。音がくっきりし、細かな音が良く聞き取れるとのことでした。

二台目を分電盤近傍に設置したところ、さらに強烈な効果が出現しました。この効果は一体何なのでしょうか?不思議です。

【SPEC】●入力電圧:100V ●外形寸法:140W×50H×170Dmm ●質量:180g

マイルーム

6畳和室
6畳和室
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / 8ch以上

狭いながらもホームシアターを楽しんでいます。 電源関係や部屋のチューニングもトライしています。 電源関係 ・電力メーターからオーディオ用幹線(CV22)を分岐   (CV22は地中埋設、オーディオ部屋へ最短経路) ・オーディオ用分電盤の直下にオーデイオ用コンセントを設置   (壁内配線ケーブルはPCOCC-A単線3芯を最短で) ・アース棒(1500mm)を10本埋設 ・3KVAダウ…

所有製品