にら
にら
雑食ですが、主にJAZZ(VO)や古めのSSWもの、あまりエッジの効いていないユルいAORやアコースティックスイングが好物です。最近は国内にも良質POPSがたくさんあって嬉しいです。

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

心のふるさと・赤羽にかえる~ベルウッド邸

赤羽は飲み屋街を歩くといきなり小学校の校門が出てきます。
どうやらこの日は運動会だったようで、その立て看板や煌びやかな飾り付けが飲み屋の看板と重なり、いつも以上にカオスな雰囲気を醸し出していました。ここの子供たちは、学校が終わると毎日鰻の焼ける匂いやおでん、チャーハンの匂いなどに囲まれてお家に帰るわけですね。そういう匂いの記憶は大人になっても忘れることはないでしょう。


その後、ベルウッドさんが暖かく出迎えてくれました。
そねさんもご一緒です。
リスポジは正面一箇所だけじゃないよ、とでも言いたげな自信満々の椅子配置です。
そして、まさに新生・ベルウッドサウンドがそこにありました。
前回はウェルフロートを導入したてだったためか、正直申してややバネ臭を感じましたが、もうそんな癖は微塵も感じません。最初に聴いたときの、あの鮮度高く溌剌とした鳴りっぷりにさらにしっかりと土台が構築され、情報量とともに密度感やコクのようなものがググッと増してます。ナイスなバランス、そしてサウンドステージもお見事です。
つくづく思うのですが、ベルウッドさんはとことん理詰めでありながらも、自作機から現代ハイエンド、往年の名機まで、選択幅から使いこなしまで自由自在に操っているという印象がします。
エソテリックの持つ現代最高峰のデジタル技術と金田式アンプの持つダイレクトな鮮度感、PSDのニュートラルでありつつもその鳴りっぷりの良さ、それぞれの「らしさ」が存分に発揮されてます。
このディスクとリッピングの聴き比べは面白かったですね。
あくまで自分の感想ですが、リッピングの方が良くも悪くもカッチリする気がしました。確かにリッピングの方が定位はハッキリ・クッキリとします。反面、ディスクの方は混濁感を感じつつもハーモニーが溶けあい空間を舞っている感じが出てるともいえます。これはリッピングの方が曖昧さが無くなりオーディオ的には良くなったということなのでしょうか?それとも、ディスクの方が空間情報を削いでおらず、リッピングの方は整理された音、ということなのでしょうか?自分はなんとなく後者のような気がしないでもないですが、どうなのでしょうか!?


ベルウッドさん、今回も楽しませて頂きありがとうございました。
うちもスペクトラルやディナ「らしさ」みたいなものが、最近になってようやくどうにか出せるようになってきたような気がします。ぜひまたお越しください。




<夜編>

さてさて繰り出します、夜の赤羽。
ここからいたちょうさんが合流します。

こ、これは噂のカエル!?数日前に燻製さんの日記を拝見し、みんなアホな事やってんな~などと眺めておりましたが、まさか自分がその場に出くわすなんて想像もしてませんでした。いやあ、全然興味ありませんって。あれれ!?いたちょうさんが悪い目をしてます。

※ここから先は閲覧注意です


























じゃーん









えーい、食べたくなんてないしもうどうせなら精一杯抵抗してみるの図
食べ物で遊ぶなんてバチあたりだって?
カエルって食べ物なんですか?


モグモグ・・
中秋の名月に蛙を食すなんて、なんとも言えぬ風情を感じました。





おしまい


過去日記はこちらからどうぞ→にらの過去日記(抜粋)

最新のレビュー/コメント

MIT

Oracle Digital

¥168,000(税込)

発売:2005年12月20日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

国内販売終了が惜しまれる

ノードストのSILVER SHADOW、ACデザインのコンクリュージョンとの比較でした。3者の中では群を抜いて安定感ありました。MITはグレード関わらずニュートラル基調で、全域においてフラットバランス、オーディオスペックがしっかり価格に応じて上がっていくという、大変納得のいく製品群でした。特にオラクルシリーズは妙なイコライジングもなく、強力にシステムの底上げを手伝ってもらってきたので、国内販売終了が非常に残念です。どこかの代理店が引き継いでもらえないだろうか。


※2012年、トラポP0-Sと共に売却

マイルーム

スペクトラル復活しました
スペクトラル復活しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音あり

6畳×石膏ボード二重のため狭いですが、少しでもエアボリュームをと天井高を3.3mに、床はコンクリートにタイルカーペット直張り(後にフローリングにしました)専用分電盤にしています。ソフトは壁面収納に、生活用品も置いてませんので何とか窮屈さを感じずいられます。(一人では) 現行機材(~過去使用遍歴) レビンソン390SL+エソテリP-0S→プレイバックデザインズMPS-3→メトロノームCD…

所有製品