iroh
iroh
約十年ぶりにオーディオ再開 自宅のB&W MTX802S3のメインとは別に、新たに赴任先のアパートでSTAX SR-009 / TANNOY Autograph miniを中心にサブを構築中です

日記

最新の日記
日記はありません
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

最新の日記

日記はありません

最新のレビュー/コメント

TRX-P6L

TRIODE

TRX-P6L

¥252,000(税込)

発売:2010年9月1日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

覚書

基本を標準の真空管 N.F.B:3dB/TRとする

機器環境
"iPod Tough"
=> "AudioQuest USB Diamond2 72V DBS A to iPod"
=> "TechDAS D-7i 192"
=> "WireWolrd ECI3(RCA)"
=> "TRIODE TRX-P6L"
=> "AET/AIRBOW HCR-ACF/EVO/EZ(WBT-0644)"
=> "TANNOY Autograph mini(MH)"
クリーン電源 KOJO TECHNOLOGY ARAY MK2
電源ケーブル AET HHS AC EVD ( => D-7i 192)
電源ケーブル AET SCR AC EVD ( => TRX-P6L)

1) Svetlana KT88(MQ) + GOLDLION ECC83 N.F.B:3dB/UL
2) 1)の真空管 N.F.B:3dB/TR

交換直後の感想(基本との比較)
1) メリハリ大
  基本では少し眠いチェンバロに力強さ、キラキラ(シャリシャリではない)する
  Joy-Tee/Stainless Steelのベースが目の前に
  全体にやかましく感じる(時間が経つと若干マシになる)
  ヴォーカル前に出る? でもカサカサに乾いている
  ドヴォ8番第4楽章冒頭のトランペット非常に存在感あり上まで響く感じ
  
2) 1)ほどではないが基本よりメリハリあり
  チェンバロは1)と同じ傾向、すこし力強さは後退、キラキラ変わらず
  1)を聴いた後ではJoy-Tee/Stainless Steelのベースに元気がない
  1)やかましさが減る、しかし長時間聴くには基本が良さげ
  ヴォーカルが少し乾く感じ、1)ほど前に出ない
  ドヴォ8番トランペット1)と比べると響きが上から押さえつけられている感じ

【SPEC】●使用真空管:6L6GC×4、12AX7×2、12BH7×2 ●回路形式:6L6GC AB級プッシュプル ●バイアス方式:自己バイアス ●定格出力:UL/3結切替可能、6L6GC→UL接続25W×2、3結接続12W×2、KT88→UL接続30W×2、3結接続15W×2、EL34→UL接続30W×2、3結接続→15W×2 ●周波数特性:10Hz〜100kHz(-1,-4dB) ●S/N比:96dB ●入力感度:250mV ●入力インピーダンス:100kΩ ●入力端子:RCA×1 ●スピーカー出力端子:4Ω、6Ω、8Ω ●消費電力:220W(最大出力時)、100W(無信号時) ●外形寸法:340W×187H×315Dmm ●質量:約15kg

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品