矢切亭主人
矢切亭主人
時代背景や技術革新に合わせて、ピュアとAVを行ったり来たり。到達点はいずれ同じと信じて、欲望の赴くままに、仕事の合間を見て音を楽しむ日々。

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

最新の日記

矢切亭主人、バズケロ邸へ!

ファイルウェブの皆様、ご無沙汰しておりますm(_ _)m。
最新の日記掲載から、はや1年以上が過ぎてしまいました(^_^;)

ここのところ公私共々慌ただしい日々が続いていたのですが、先日少し時間がとれたので、久しぶりにバズケロ邸に伺ってきました。

嬉しいことに、これまでニアミスが続いていたのり・り~んさんも日曜日に来られるとのことで、お楽しみも倍増です。そこでずるい矢切亭主人は「できれば前日にでも矢切亭主人に独り占めさせて下さい」とお願いすると、快く受けていただけたので、土日の2日間堪能させていただきました。

前回バズケロ邸に伺ったのは平成28年1月と、ほぼ1年前。一日目は独り占めなので、愛聴盤をごっそり持ち込んでしっかり堪能させていただきました。

その後の進化内容の詳細は、その理論も含めてバズケロさんの日記を参照いただきたいのですが、ポイントはメカニカルアースでしょうか。

まずは2Fのハーベス部屋に伺って軽めのものを中心に聞かせて戴きました。
ハーベス部屋には入り口から出口まで、しっかりウェルフロートボードが導入されています。

もちろんバズケロさんのことですから、さらに制震やメカニカルアースの概念を導入しながら最適化を図られたそうです。

一聴して分かるのは、上下のレンジの伸び。このためサブウーハーもかなりレベルを変更されたようで、ハーベスの下が良く伸びる分、サブウーハーも繋がりよくゲインを上げることが出来たそうで、聴感上もかなりクリアな低音が感じられます。

心地よいハーベスサウンドを堪能してから、お昼の腹ごしらえは、バズケロさんお気に入りのカレーハウス「マナカマナ」へ。カレーソースにHappyの文字を入れていただいて、気持ちはJBL部屋へ。

JBL部屋に入って驚いたのは、入りからアンプまで、足元のステンレスの砂箱で固められていたことです。このデリケートな重量物を一人でセッティングされたことも脱帽ものです。これでバズケロさんは、もう猫を飼うことは難しくなったでしょう。

この砂箱はメカニカルアースと電気的アースを兼ね備えたハイブリッドアースとも言える、非情に凝った構造のもので、その効果は音の解像度に出ているように感じました。音はその陰影がよく聞き取れて、実に聞きやすい音であることに驚きました。

お茶の時間はバズケロ邸特製コーヒーとクレアの新作ケーキ「オペラ」を戴きながら、お互いの近況など四方山話に花を咲かせて楽しいひとときを過ごさせて戴きました。

2日目はのり・りーんさんをお迎えして…違いました。伺ったらもう既にお見えで、ハーバス部屋で寛いでみえました。お昼ごはんはマムゼルのハンバーグ定食です。

事前に伺っていたとおり、矢切亭主人の趣味と傾向の違う、若々しいエネルギッシュな音楽を堪能させて頂くことになりました。

それにしても、バズケロ邸に伺うと、いつも「これが最終形」と感じながら、毎回様々な試みで次の段階に進んで行かれますので、これからも楽しみにさせていただきます。

追伸、
矢切亭主人は、昨年も矢切亭への帰還は果たせませんでした(>_<) 
しかし極小ワンルームから3DKのアパートに引っ越し、オーディオ環境もかなりましな状態になりましたので、マイルームを更新して近況を掲載しました。

オーディオを楽しむ時間は少なくなってしまいましたが、少しずつ末永く楽しんでいく予定です。
次の日記はいつになることやら(*^_^*)

最新のレビュー/コメント

HA-1

OPPO

HA-1

¥OPEN(予想実売価格160,000円前後)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ヘッドホンアンプとしてだけでは勿体ない

使い始めて約1ヶ月経過して、音もこなれてきたように感じられてきたので、少し紹介させていただきます。通常はブラック仕上げですが、今回購入したのはメーカー直販限定のシルバーモデルです。

ハーフコンポサイズですが、奥行きはフルサイズと同じくらいあります。筐体の正面は約9.5mmの肉厚アルミパネル、側面~天板~底板はつなぎ目が見えず一体押し出し成形のようで、約1.5mm厚のアルミが用いられていて、かなりしっかり感があります。重量は5.9kgと結構重めです。鳴きやすい天板が肉厚なのは心強いですね。

一番の魅力は物量投入されたヘッドホンアンプ部。大型トロイダルトランスやディスクリート構成のA級アンプがおごられているとのこと。ボリュームはモーターライズで、電子ボリュームを使わないところに拘りを見せてくれます。

二番目の魅力は入力の豊富さ。アナログはRCAとバランス入力の2系統、デジタルは同軸、光、USBの3系統で、表示と同様に左側のノブで簡単に切り替えができることから、簡易なプリアンプとしても活用が出来ます。(他にも後ろにBluetoothのアンテナやフロントにipodか何かの接続ポートもあるようですね)

三番目の魅力はDAC。AIT―DACと同じES9018(多分シングルですが)がおごられています。現在VortexBoxからUSB接続していますが、精細感が強くて迫力のあるサウンドを聴かせてくれます。

購入直後の音はやはり固めで高域が少し方打てきつい印象でしたが、1週間ほど連続再生した頃にはしっとりと落ち着いて陰影のある音色に変わってきました。今やっと1ヶ月くらい経過したところですが、「せせらぎ~ネイチャーサウンド」の音色がとても心地よく聴こえるようになってきました。

今回メーカー直販特典として、ハイレゾ&DSDデモデータディスクが付いていました。再生環境はPCオーディオを始めたときに整えたのですが、これまであまり食指が動かなかったのが正直なところ。
このおまけは比較試聴の良い機会となりましたね。

今はメイン視聴機器ですが、将来的にはデジタルソースメインの小型システム中核として、寝室のサブシステムとかに利用したいという野望を抱いています。どのような機器と組み合わせるか、こちらも楽しみが増えました。

【SPEC】●最大サンプリング周波数/量子化ビットレート:PCM384kHz/32bit、DSD2.8/5.6/11.2MHz(USB-DAC)、PCM192kHz/24bit(同軸、光、AES/EBU) ●外形寸法:254W×80H×333Dmm ●質量:5.9kg

マイルーム

矢切亭主人の部屋
矢切亭主人の部屋
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

【矢切亭はなれ Mk-II】2016.3~ 矢切亭主人は諸般の事情から、昨年3月に、これまでの狭い1D住まいから3DKへの引っ越しを敢行しました。 中途半端に広いため、AVとピュアオーディオは分離。プラズマディスプレイはリビングへ。ピュア系は隣室から一番遠い6畳間が一応専用室となりました。オーディオとイス以外は一切物無し。 純和室でかなりデッドなので、音響調整材を試してみたくなるよう…

所有製品