カイ
カイ

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

JODELICA製純銅無メッキプラグ(ブレード)のメンテナンスについて

大変ご無沙汰しております。カイです。
ファイルの皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
当方、色々とございまして、ファイルウェブにお邪魔する機会がめっきりと減ってしまっておりますが、それでも、お気に入りの音楽に浸かりながら、なんとか生きながらえております。

さて、拙宅では、数年前から根岸通信N2ケーブルとJODELICA製純銅無メッキプラグとのコンビを使用しております。



メッキ処理がされていないので、純銅製ブレードの酸化などによる音への影響は、やはり気になるところです。 ポテンシャルを維持する為には、磨きクロスなどを使ってこまめに磨いてあげないとダメなのかしら. . . 、とか。

JODELICAの製品ホームページには、アースピンを含む純銅ブレードには、抗酸化処理がなされている旨記述があるのですが、この際だからと、改めてCSフィールドさんに純銅無メッキプラグ(ブレード)のメンテナンスについて直接聞いてみたところ、

「御承知の通り、本製品には抗酸化処置が施されており、使用している限り黒ずむことは稀です。
 現状において、黒ずみが見られないところを磨かれますと抗酸化処置が剥れる恐れがございます。
 汚れや黒ずみが無ければ何もしないことをお勧めいたします。」
「また、黒ずみが現れた場合はコンセントへ何度か抜き差ししていただければ、黒ずみが削れてきれいになります。」
「仮に、黒ずみが導通部の接点にさえ無ければ、音質には問題がございませんのでご安心下さい。」

と、ものぐさな私にはなんとも有難い答えが返ってきました。
. . . 素人考えで先走ってゴシゴシ磨かなくて良かった。

拙宅で使用中のJODELICAプラグには、今のところ酸化によるものと思われる黒ずみや汚れは見られない為、とりあえずはこのまま様子を見ながら使おうと思っているのですが、JODELICAやFURUTECHなどの純銅無メッキ製品を使用されている皆様は、普段どのようなメンテナンスをされているのでしょうか。
※スミマセン、FURUTECH製の無メッキプラグブレードに抗酸化処理が施されているのか否かやメンテナンスについては未確認です。

さてさて、最近は


岩崎宏美(聖母たちのララバイ、すみれ色の涙、万華鏡とか大好きです)とか

渡辺美里(My Revolution 懐かしい!)

サーカス(やっぱり、Mr.サマータイムとアメリカンフィーリングですよね)


Hi-Fi Set(山本潤子さんの声、好きです)

といった懐メロオンパレード生活を送っております。
時々、こういった曲を無性に聴きたくなるワタクシです(笑)

それでは、最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

 
 

心地良いサウンドに誘われるままに、眠りの国を漂っています。

所有製品