FUMI
FUMI
親の影響でオーディオを始めました。 現在はピュアからホームシアターに移行しています。 お金をかけて聴くには無駄のような音楽をお金をかけて聴いています。 でも、好きだからいいんです。

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

4312EにCW200Dを

この度サブウーファーCW200Dを導入しました。

前回の日記にて簡易的な周波数特性の測定を行い、低域の足りない部分をどうにかしたいな~と思い、サブウーファーの導入を決意しました。

以前からサブウーファーについてはまったく興味が無く(失礼)、どっかんばっこんする映画もあまり観ない。それに下手にサブウーファーを追加するのはピュア的にどうかと誰もが最初に思うことを私も思っていました。

しかし今回はピュア寄りでの用途として物は試しにと思い至りました。その後モデル選定が始まるわけですが、こちらはすんなり?というか予算も限られているので。

ほどなく、中古出物CW250Aか新品CW200Dのどちらかに絞りました。スペック的には250ですが、メインの4312Eの木目と同じ現モデルのDでないと許しがでません。250Dは予算外です。200Dとなりました。

こちらです





接続は3通り

1スピーカーからアドオン接続
2AVプリのSW端子から接続し、設定もプリで行う
3AVプリのフロントLRプリアウトから接続

1はメインSPがBTL接続のため怖い(説明書にはバランス回路での接続もOKとありますが)
2これはCW200D側でヴォリュームフルにしても音量レベルが低かったです。なんででしょうか。
結局接続は3となり調整もCW200Dのつまみ調整となりました。

で、前回と同じように簡易計測しながら調整をしていたのですが、わりかしフラットなグラフも作り出せるのですが低域が強すぎて聴けたもんじゃなく、結局、聴感で調整です。

出音にはとても満足しています。低域が充実することによって全体音像がふくよかになり、以前よりエネルギッシュになりました。サブウーファーって便利だな~と思いました笑

しかし導入したのに問題点も出てきました。クロスを上げていけばいくほど音像が設置側に寄っていってしまいます。これはなんとなくそうなるだろうな~と思っていましたがやはりです。このシリーズ、2台でのステレオ設置を推奨していますが、まさに販売戦略の思う壺です。お金ためなきゃ...SWってこうゆうもんなんですか…?

それと普段見ないような映画も観てみました。
スピード(1994)
インターステラー(2014)
コンタクト(1997)
エンドオブホワイトハウス(2013)

全部AACですがSWの威力すごいです。どっかんばっこんです。
特にインターステラー…思わずつまみをぐいっと下げましたよ。苦情くるよ(苦笑

とま~導入したてなので、エージングもあるしこれから細かく調整していきます。


別件ですが管理人様にNEC A10シリーズの所有製品の追加をして頂いたのでお持ちの方はチェックして頂ければと思います。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

機器構成
機器構成
その他 / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

20141030〜6畳+α アナログマルチ入力6ch、80inch Pioneer N-50 Pioneer BDP-LX71 Panasonic DMR-BWT520 DENON AVC-A1SR フロント Pioneer S-A7Ⅱ サラウンド Pioneer S-A7Ⅱ サラウンドバック YAMAHA NS-pf7 LUXMAN P-200 audio-technic…

所有製品