Phase Freak
Phase Freak
すっかりアナログにハマってしまい、ハンドルネームを変更しました。Kryna のロングアーム・マウント・システムを導入しました。 プレイヤー:DP-900/DC-901(Accuphase) …

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

最新の日記

電源ケーブル2本を「でんき堂」さんでAirloc 処理してもらいました。

神奈川県藤沢市にある「でんき堂」さんで愛用電源ケーブルを2本Airloc処理していただきました。このオーディオ店で以前DENONの103カートリッジのアルミハウジングしたものを購入したことがあり、今回はもうひとつの売りであるオーディオケーブルのAirloc 処理を依頼しました。

Airlocとは英国のQED社のスピーカーケーブルに施される角圧圧着処理のことです。私もQEDのGENESISというケーブルをまだでんき堂さんを知る前に大阪の逸品館で購入しました。このケーブルは複雑な構造をしていておびただしい数の撚線からなり、それをあたかも一本の線の様にスリーブを被せ専用工具で圧着します。

これを電源ケーブルにも応用してより確実な電流の流れを実現しています。通常は撚線をそのまま束ねてネジ留めします。しかしそれでは遊んでしまう線や中には千切れてしまう線もあるわけですが、この処理を施すと一本の太い線となりケーブルの能力を最大限に発揮できるという訳です。更に中村製作所のアモルメットも装着してもらいました。





本日そのケーブルをトランスポートとDACに接続してみました。結果、ケーブルが生まれ変わりました。全体的な重心が下がり、SNも抜群です。お願いして本当によかったです。



※電気堂さんが撮られた写真を掲載させていただいています。問題があれば削除します。

最新のレビュー/コメント

EA-1000

PHASEMATION

EA-1000

¥945,000(税込)

発売:2012年12月上旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

後継機種はいつ?

Phasemation のフラッグシップEA-1000。真空管を使用した素晴らしいフォノイコで、今も色あせることない魅力的な音色で以前から欲しい逸品です。しかし発売から8年、そろそろ後継機種が出るのではないかと今年も期待をして待っておりましたが残念ながら出ませんでした。

これを購入しても良いかなとと思う反面、もう少し待ってみようとも思ってしまいます。EA-1000は2012年、10周年記念モデルでしたので、2022年の20周年記念モデルとして後継機種が出る可能性が高いのではないかと勝手に思っています。そうなると1年後の暮れでしょうか?

何れにしても大いに期待して待ってます。

【SPEC】●定格出力電圧:200mV(1kHz) ●リアカーブ偏差:±0.3dB(20〜20kHz) ●出力インピーダンス:750Ω ●チャンネルセパレーション:100dB以上(20〜20kHz:MM/MCとも) ●外形寸法:イコライザー部→210W×103H×347Dmm、電源部→210W×103H×343Dmm ●質量:イコライザー部→4.5kg(片ch)、電源部→7kg

マイルーム

Accumania's System
Accumania's System
持ち家(マンション) / リビング兼用 / その他 / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

[私のオーディオ装置を紹介します DP-900.....オヤイデ特別バージョン PCOCC-A Premium+F1/M1 Special I (HS-Link) I DC-901.....TSUNAMI GPX-…

所有製品