バズケロ
バズケロ
音楽に魅せられて、オーディオの楽しさに触れて、長い旅になりそうです。癒されたり、感動したり、発散したり、人と音が一体になれるといいなと。

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

<静観する時を大切に>の巻

天候は優れず、湿気も多くオーディオにはちと厳しいお天気模様。
生憎の天候でお散歩道も人影は少なく、ある意味オーディオ日和だったりします。
ゆるゆるだらだらとした時間を過ごせるのは幸せなことなのですが、なんかこう…退屈だったりしているバズケロ。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?!

先日我が家でエロティックサウンド社の合同研修を開催してからも、な〜んの変化もありません。
聴けば聴くほど満足感が先立っていてオーディオを変化させるというモチベーションに欠けているからです。

ハーベス部屋のお気に入りチェアーは相変わらず窓際。
ここでゆったりと眺めごとを楽しむのですが、最近はオペラものを聴きながら過ごすことが好きなのです。
ハーベス左手のさらに外側にいても自然にセンター定位しているので演奏を眺めるライブ感があります。
不思議なもので、ここに至るにはシビアなSPの部屋の位置合わせがありますが、過ぎてしまえばオーディオは消えてしまい音楽に埋没してしまう。
音楽が鳴っていてもオーディオの事など気にならないというか、結構無関心になっている自分が面白いです。

一時期ハーベス部屋でもジャズ・ジャズ・ジャズとはしゃいでいた時は弾む低域感を盛りあげる為にSWなども色々とアレンジしていましたが、セッティングが進むにつれ部屋との一体感、ハーベスとの一体感が進んでいる感じです。
SWの存在感は部屋の外、例えば廊下のカウンターに座っていても気になりません。
そこまで馴染んでしまえば部屋の何処にいても鳴っているとは感じないもの。
SWは面白くて、低域を意識したセッティングではバランス過多にすることが多く、その場合は部屋を離れる、もしくは定位の領域を外れるとよくわかります。

バズケロはSWの位置どりや角度に神経質なところがあって、部屋の左右で音圧バランスが歪んでいるとイライラしちゃうのです。
セッティングを変えるとしばらくは面白がって色々と鳴らしてみるのですが、結局部屋左右の音圧バランスは微妙な角度調整の末に揃えちゃうみたいです。
ここでいう音圧ですが、特定の周波数を切り出してみると当然左右は違うものです。
しかし音は周波数が連続して波打っていますから、それぞれの異なる周波数のピークが左右でも違うポイントになりますし、違う周波数であっても音圧はできるだけ左右で揃えるという無間地獄の行為でもあります。

それがここに来て落ち着いちゃってる自分を発見して驚いているのが面白い。
違和感を感じないオーディオってある意味滅多に訪れない瞬間なのかもしれません。
自分が変化してしまえば聞き方も変化しちゃいますから…

これはJBL部屋においても似たような状況が起きています。
新砂箱セッティングでdcsプッチーニの設置歪みをほぼ排除できたと思いますが、じわじわと音は馴染んできて、自然と完成度が高まってきているのです。
聴き込んでいくと音源の良いところがどんどん見えてきて、新しい発見に興奮してしまいます。

アナログは相変わらず凄みのある音ですが、じっくり聴いてみると音数はdcsの方がよく分解できていて単純な解像度や正確な表現や定位では勝る気がします。
それでも自分好みの微調整がしやすいのはアナログなので、結局アナログで聴く音楽は深みと迫力に勝る音作りをしているんですね。

バズケロの持っている音源も好きなジャズはほとんどがアナログなので、アナログの方がジャズ向きにアレンジされていると思います。
それでも偏ったバランスにはしていないのでクラシックやポップスも十二分に鳴らし込めます。
結局バズケロのアナログはデジタルより鮮度に勝り音が熱い!
これに尽きますね….

ある程度の満足感に満ちてしまうと、オーディオを弄ろうという気持ちよりももっと沢山の音源を聴こうという気持ちが勝るものです。
マイ・オーディオをどうすればさらに進化させられるか、今の機器類でも先に行ける方法を知っていますが、その変化を先延ばしにして今をもっと楽しみたい。
これ、ある意味とても幸せな時間なのかもしれません。

これまで弛まずオーディオをセッティングで進化させてきたバズケロですが、ここに来てようやく一息つける段階まで来たのだと思いたい。
誰に言われるでもなく、気が向いた時に遊べるだけのお小遣いもたまっていれば、またまたオーディオセッティングを進化させることは明白なんですが…
しばらくは自分のオーディオの完成度を静観しつつ何もしない事を楽しみたいです。

オーディオって、ほんと、気まぐれですね〜
我慢ならん課題もどんどんクリアしてしまえば、ホッと一息立ち止まるのが当たり前。
そんなスタンスの方が気楽でいいや…ある意味幸せ
音楽をもっと楽しみましょう!

今日のお気に入り

いつ聞いても深いし生々しい迫力が凄い!

今日のESお薦めは

母国語で歌う声の方が伸びやかさと息遣いが違います!
LPでも出ないかなあ...声がエロかわいいぞ!

では、では

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

バズケロ音楽紀行
バズケロ音楽紀行
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch

ご近所様の散歩コース折返し地点の住宅街高台てっぺんに立地する事から、勝手に我が家の事を「散歩道オーディオの館」と呼んでいます。 リビングオーディオはハーベスをメインとした「癒し」空間を目指し、生活に寄り添う音楽を大切にしています。 愛するJBLの為に建てた専用ルームを「JBL部屋」と自称し、至高のオーディオルームまでの道のりをゆるゆると散歩中。 JBL4338の可能性を信じて「自…

所有製品

  • SACDプレーヤー/トランスポート dCS Puccini
  • トーンアーム FIDELITY-RESEARCH FR-54
  • トーンアーム GLANZ MH-10B
  • カートリッジ GOLDRING Ethos
  • カートリッジ AUDIO-TECHNICA AT33MONO
  • カートリッジ SHURE(カートリッジ) M97xE
  • カートリッジ AUDIO-TECHNICA AT15Ea/G
  • オーディオボード KRIPTON AB-3200
  • スピーカースタンド KRYNA Stage
  • その他アクセサリー SFC SK-EX II
  • オーディオボード G CLEF Well Float Board Model Pro
  • インシュレーター KRYNA D-PROP mini extend
  • スピーカーケーブル ZONOTONE 6NSP-2200S Meister
  • 音場調整材 SALOGIC WASIN 1200_s
  • オーディオボード SUNSHINE S40
  • カートリッジ AUDIO-TECHNICA AT-MONO 3/LP
  • CDプレーヤー/トランスポート UNISON RESEARCH UNICO CD
  • スピーカーケーブル NANOTEC SYSTEMS GoldenStrada#79
  • カートリッジ SHURE(カートリッジ) M44G
  • カートリッジ ORTOFON MC★20W
  • カートリッジ DENON DL-A100
  • サブウーファー VICTOR SX-DW77
  • 音場調整材 AiTEC Λ3.16 The premium
  • その他アクセサリー ACOUSTIC REVIVE RD-3
  • その他アクセサリー ACOUSTIC REVIVE RR-777
  • ヘッドホン AUDIO-TECHNICA ATH-W1000
  • ヘッドホンアンプ LUXMAN P-1
  • フォノイコライザー LUXMAN E-1
  • その他 SPL Volume2
  • ターンテーブル/フォノモーター THORENS TD850BC
  • その他オーディオ関連機器 ORTHO SPECTRUM ABS-7777
  • SACDプレーヤー/トランスポート ESOTERIC X-03
  • パワーアンプ MCINTOSH MC501
  • プリアンプ MCINTOSH C46
  • スピーカーシステム HARBETH AUDIO HL Compact 7ES-3
  • スピーカーシステム JBL 4338