バズケロ
バズケロ
音楽に魅せられて、オーディオの楽しさに触れて、長い旅になりそうです。癒されたり、感動したり、発散したり、人と音が一体になれるといいなと。

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

お気に入り製品

最新の日記

<夢がひとつ叶う時>の巻

このところ天候も雨と晴れと繰り返し、だんだんと春が近づいてきました。
散歩道の山々では桃や梅が色づき、梢の鳥の鳴き声に誘われふらり散策するバズケロは気分もウキウキ。
皆様は如何お過ごしでしょうか?!

去年の年末からアナログに夢中なバズケロですが、ようやくJBL部屋にも春が訪れたようで(^^)
ノーマルの初期型スペースデッキがJBL部屋で素晴らしい可能性を見せてくれたことから、今回ダブルアーム化を進めるバズケロはかなり気合が入りました〜
頼んでいた全てのパーツ類が取り揃いスペースデッキのダブルアーム化ができました。

アームベースがメーカーから届くのに時間がかかりましたが、以前と違いノッティンガムは最近では位置可変式のベースになったようでこれは嬉しい!

一般的に穴径は共通しているアームは多いですから種類やアーム長も色々と対応できそうです。
先ずは全てのパーツ類をチェックし、勘合具合や高さ調整幅など色々と組み付けの手順含めて思案しつつハーベス部屋で音楽を聴きながらしばらく様子見。
なんとなく考えながら、ダブルアーム化よりも先に手持ちの聴いてみたいカートリッジとヘッドシェルを取り付ける作業に没頭…
若い時はルンルンですぐに取り付けを始めたものですが、最近はバズケロもノンビリとしてきましたねえ(笑)


今回装着したのは、グランツMH-10B

地元静岡のトーンアーム匠が手掛けた逸品。
グランツのエントリーモデルですが作り込みが精密で精錬されていますし、シンプルで潔い作りから鮮度溢れる力強いキレのあるアーム。
もう少し性能グレードの高いプレイヤーですと、新作のMH-10Btなどがバズケロのターゲットとなりますが、初期型スペースデッキとの性能バランスは良好!

このアーム&ヘッドシェルに組み合わせるカートリッジはイギリスの老舗GoldringからトップモデルのEthos(精神)をセレクト!
価格を超えた高解像度と色気漂う震えるような高域表現にバズケロが魂を奪われてしまったカートリッジです。

自分的には少々ランニングコストも気になる価格帯ですが、心から入手して良かったと思える力作!
どちらかと言えばクラシックが得意なカートリッジですが、ワイドレンジで低域も沈み込みが素晴らしいし、この価格帯まで来ると基本バランスは整っているしどんなジャンルも良く鳴って当然。

しかしながら低域の分厚いリズム感溢れるジャズやロック・フュージョンなどを体で聴きたい時用にSHURE M97XEを持ち込み、グランツ用にヘッドシェルはオルトフォンのLH-9000を当てがいます。
グランツのアームは剛性感がしっかりしているので、ヘッドシェルも剛性を持たせて軽針圧のSHURE M97XEが反応良く動くように意識し、強く重い音を狙ったセレクトでJBL部屋に常設することにしました。
解像度や色気・レンジはEthosに及びませんが、M97XEは空気感に独特の響きがあり、塊感のある中低域は特にドラムスなどの勢いとキレが他に代わるものがないので、やはりジャズでは一日の長があります。

初期型スペースデッキ付属アームはキレのある強い音が優秀ですから、こちらは導入前からモノラルカートリッジ専用と決めていました。
装着したカートリッジはオーテクのAT-33mono・45周年モデル。
バズケロの手元にあるモノラルレコードもステレオカッティングマシン時代のプレスが殆どを占めています。
特にオリジナルに拘っているわけでもなく所有する盤も国内プレス盤が多いし、溝の深さも気にせずアバウトに丸針のモノラルカートで楽しめるのが好きです。
ジャズでも中途半端ななんちゃってステレオ盤などはモノラルの方が腑に落ちて楽しめるアルバムも結構ありますから…バズケロの楽しみ方には丁度良いカートリッジ。(注)
(注:水平方向に特化したモノラル専用カートリッジを使用してステレオ盤を再生するとレコードを傷める原因になります。ステレオ盤をモノラルカートリッジで再生できるかどうかは、縦方向に対してコンプライアンス・追従性があるモノラルカートリッジかどうか取扱説明書等で確認してください)

それでは仕上がりをご紹介!

ノッティンガムのダブルアームはメカメカしくてカッコいい…

ここまでアナログにハマっているとJBL部屋とハーベス部屋での使い分けも進みます。
ハーベス部屋でも結局ステレオとモノラルの組み合わせが定着しちゃいました(笑)
モノラル盤は奥行きに優れたシステム構成で聴くと結構広がりも出るし、ハーベス部屋でも心底楽しめます。
アラを出しにくいハーベス部屋ですから、録音の古い音源が楽しい!

今の所TD3001BC+FR-54にはAT-MONO3が定着。
もともとFR-54はジャズがキレよく鳴りますし、ターンテーブルシートは和紙一枚と固めなので、こちらのヘッドシェルは厚めの響きを乗せたくてオルトフォンの木製シェルLH-8000をセレクトしてあります。
解像度はAT-33monoには当然及びませんが、元々ハーベス部屋ではそこまでの解像度は必要としていませんから十分、いや十二分!
ハーベス部屋ではモノラルレコードの古い録音でも疲れないで楽しめるのが一番大事。

そして盤石のTD850+SME3009+Ortofon MC20なんですが、やっぱり20年付き合ってきて使い慣れたSME3009ですし、気軽にカートリッジを色々遊ぶことにしました。
手持ちのカートリッジは古いものから比較的最近入手したものまで、とにかく使えるように全てヘッドシェルに装着。
長年アナログやっていると、使っていないカートリッジもいつの間にか増えちゃってるんですねえ…(汗)
ここで紹介するのも面倒なので今回はナイショにしときます(笑)
今の所、ハーベス部屋でもジャズが楽しく聞きたいので繊細さを併せ持ちリズム感が得意なMMから比較的高解像のNagaoka MP-500Hが載っかってます。
重さよりキレ重視でターンテーブルシートの組み合わせを少し固めに変更しましたが…これも結構楽しい音になりました。

バズケロのアナログ環境変化もようやくこれでひと段落です。
あまり聴いていなかったモノラルLPをシコシコ洗浄しながら、しばらくJBL部屋&ハーベス部屋でモノラルジャズ三昧の日々を楽しもう!
興味ある方は遠慮なく寄り道散歩へどうぞ〜

久しぶりに聴いてノリノリ・フリフリしちゃったジャズたちのジャケ
当時の雰囲気はいい味出してますね〜




(↑これはなんちゃってステレオ盤なのでモノラルの方が良い)

オーディオと音楽は心底楽しいぞ!!!

では、では

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

バズケロ音楽紀行
バズケロ音楽紀行
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch

ご近所様の散歩コース折返し地点の住宅街高台てっぺんに立地する事から、勝手に我が家の事を「散歩道オーディオの館」と呼んでいます。 リビングオーディオはハーベスをメインとした「癒し」空間を目指し、生活に寄り添う音楽を大切にしています。 愛するJBLの為に建てた専用ルームを「JBL部屋」と自称し、至高のオーディオルームまでの道のりをゆるゆると散歩中。 JBL4338の可能性を信じて「自…

所有製品

  • トーンアーム FIDELITY-RESEARCH FR-54
  • トーンアーム GLANZ MH-10B
  • カートリッジ GOLDRING Ethos
  • カートリッジ AUDIO-TECHNICA AT33MONO
  • カートリッジ SHURE(カートリッジ) M97xE
  • カートリッジ AUDIO-TECHNICA AT15Ea/G
  • オーディオボード KRIPTON AB-3200
  • スピーカースタンド KRYNA Stage
  • その他アクセサリー SFC SK-EX II
  • オーディオボード G CLEF Well Float Board Model Pro
  • インシュレーター KRYNA D-PROP mini extend
  • スピーカーケーブル ZONOTONE 6NSP-2200S Meister
  • 音場調整材 SALOGIC WASIN 1200_s
  • オーディオボード SUNSHINE S40
  • カートリッジ AUDIO-TECHNICA AT-MONO 3/LP
  • CDプレーヤー/トランスポート UNISON RESEARCH UNICO CD
  • スピーカーケーブル NANOTEC SYSTEMS GoldenStrada#79
  • カートリッジ SHURE(カートリッジ) M44G
  • カートリッジ ORTOFON MC★20W
  • カートリッジ DENON DL-A100
  • サブウーファー VICTOR SX-DW77
  • 音場調整材 AiTEC Λ3.16 The premium
  • その他アクセサリー ACOUSTIC REVIVE RD-3
  • その他アクセサリー ACOUSTIC REVIVE RR-777
  • ヘッドホン AUDIO-TECHNICA ATH-W1000
  • ヘッドホンアンプ LUXMAN P-1
  • フォノイコライザー LUXMAN E-1
  • その他 SPL Volume2
  • ターンテーブル/フォノモーター THORENS TD850BC
  • その他オーディオ関連機器 ORTHO SPECTRUM ABS-7777
  • SACDプレーヤー/トランスポート ESOTERIC X-03
  • パワーアンプ MCINTOSH MC501
  • プリアンプ MCINTOSH C46
  • スピーカーシステム HARBETH AUDIO HL Compact 7ES-3
  • スピーカーシステム JBL 4338