Lusio
Lusio
オーディオ歴は中学時代のミニコンポから30年。 主な使用機器遍歴 AVアンプ YAMAHA AVX-2000DSP YAMAHA DSP-A1(倉庫保管) DENON AVC-A1SR M…

日記

最新の日記
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

近況色々と

みなさん、こんばんはLusioです。

オーディオ的にクーラーなしでは音楽鑑賞もままならず
クーラーの音が気になって・・・そんな日々だと思いますが
月に一回の実家でのオーディオ聞く時間は、やっぱり癒しな
そんな日々を過ごしております。

さてさて、前回の日記で今年の目標はC-02Xを買う!!
なんて宣言してましたが、貧乏な僕には貯蓄が溜まるまで
我慢できませんでした・・・><
言い訳をすれば、BL-111を購入したため予算が減った!
また100万貯めてたらプリの交換いつだよ!!
そんな、言い訳を自分にしつつ中古で候補を何個か試聴
させて頂いたので当時の個人的感想をメモしたものでも
日記にするかと?筆を執りました

まず最初はパワーからいって順当なC-800fから
C-8fからC-800fに交換して音が出た瞬間にまず感じたのが
音作りがガラッと変わって今風な透明感と空間表現が巧みな音で
従来のラックストーンはあまり感じないなという事。
この辺が従来のファンには評価の別れる所かなと?
されど細かい音まで丁寧に若干広がった空間にフワッと広がる
感じは8fでは味わえない世界観で良いなと思いました。
少し淡泊で音楽の躍動感や奏者の熱みたいなものは
8fの方が上かなと思いました。
それでも800fを聞いてしまうと8fの音は何処かベールのかかった
音で解像度も空間表現もイマイチかなと思いました。

次は一世代古いとはいえ個人的に本命なESOTERICのC-02
音が出た瞬間に凄い分離感に透明感の高さはある種の清々しさ
すら感じる気持ちよさで、ハッとさせられる衝動は1番かなと。
ただ空間表現は800fより一層薄味で淡々と鳴らす印象で
オーディオ的に聞いてしまってる自分に気が付いたとき
自分の目指してる良い音とは方向性が少し違うなと思いました。
そういった意味でもショップで聞いたC-02Xは少し違って聞こえた
ので候補に入れれないのが残念・・・

そして少し予算オーバーだけど、これの中古入ったよとの事で
今回の試聴をお願いしたC-900u
さっきまで聞いてたESOTERICとは音の質が違う事がすぐにわかる
透明感の質というか鮮度感が違い、どちらが上とかではなく
好みの差程度で、これもなかなかにクリアーで広い空間表現で
C-02ではサッと広がっていくのに対して、900uはフワッと広がる
感じは800fに似てるかな、空間の広さは800fより若干広がる感じ
だがC-02ほど薄味にならず心地よい温度、密度感が気持ちいい
音の鮮度感はC-02が一歩抜きに出てる感じ
使うスピーカーやシステムによって選択が変わるだけで
どちらの製品もかなりのレベルだなと思いました。
こうやって比べると900uは密度感と温度感のある
いかにもラックスマンの音だなと認識できるけど
単体で聞いてたら、ラックスマンらしさはほぼ感じない
いかにも今時な音なんだけど自然にラックスマンの音に色付け
して出力するので、なかなか恐ろしい製品だなと
色付けを嫌う人は絶対に使ってはダメな製品だけど
最近のラックスマンは・・・・って人は
安心してください!!ラックストーンですから!!

で、再度800fに戻して聞くと最初に薄味でほとんど感じなかった
ラックスマンらしさを色濃く感じる。
従来機に比べると別物な位に音作りが変わってるが900uに比べれば
まだまだラックスマンらしさは色濃い方で個人的趣味で勝負あり
本音は少しでも予算を減らしたかったからってのも本能的にあり
この子がうちの新しい仲間になりました。


今回の試聴を通じて感じたのはパワーよりプリの方が
まだまだラックスマンらしさが健在で
そこで評価が分かれるけど、ラックスマン好きな人は安心かなと
パワーは思ったより色がなくなってるんだなと思いました
それでも分厚い中低域など、他のメーカーにはない魅力は健在で
圧倒的な静寂感、分離感のESOTERICやAccuphase
圧倒的な躍動感のLuxman
うーん、国産メーカー頑張ってるじゃん!
そんな事を思った、今回の試聴でした。

BL-111とAC-3300などの日記はまた後日。
AC-3300調整めんどくさいよ・・・・ (涙

最新のレビュー/コメント

PL100

MONITOR AUDIO

PL100(Platinumシリーズ)

¥519,750(税込)

発売:2007年9月21日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

半年使っての感想

お久しぶりなLusioです。

新居用に小型スピーカーを昨年から探してる時に中古でみつけたPL100
それまでは自作の箱にAlpair7の組み合わせが結構良い音で鳴っていたので
中途半端なものでは太刀打ちできず、高級品は金銭的に辛い・・・
そんなジレンマを解消してくれるだけのポテンシャルをもった
コストパフォーマンスは悪くないスピーカーだと思います。

音の傾向は解像度も良く、スピーカーの後方にかけて綺麗にステージが広がります
横方向への広がりは若干少なめでしょうか
一時期、自作のフルレンジに凝ってたのでフルレンジかと錯覚する
低音と中高音域の繋がりの良さも特徴だと思います。
元気よく鳴るのでロックやポップスは良い反面
ジャズの濃厚な感じを表現するのは苦手かもしれません。

音質は、最近のスピーカーらしくスピード感もあり、透明感は抜群ですが
若干、音の輪郭がぼやけると言うか濁った感じがします(特に低音)
この辺は色々とセッティングして多少は改善するのですが
自分の環境ではバイワイヤやバイアンプなどで、かなり良くなります
しかし副作用で美点である繋がりの良さが若干スポイルされるかな?
と個人的には思ってます。
根本的には、まだまだ試行錯誤中です。

ブックシェルフ全般に言える事だと思いますが
セッティングがトールボーイに比べてシビアで
アンプの特徴がはっきりと出るので、機器構成の見直し含めて
実家のJBLシステムとは違った方向性の音を追及して
新居でしばらくは楽しめそうです。

現状のM-7fとB-1のバイアンプや自作デジタルアンプの組み合わせより
A級アンプでバイワイヤが相性良さそうな気がして物色中な
まだまだ使いこなせてないLusioでした。

【SPEC】●再生周波数帯域:42Hz〜100kHz ●感度(1W@1M):88dB ●インピーダンス:4Ω ●ドライバー構成:165mmRDTバスミッドドライバー×1、C-CAMリボントゥイーター×1(2ウェイ) ●外形寸法:225W×370H×285Dmm ●質量:13kg

マイルーム

ホームシアター撤退気味な部屋
ホームシアター撤退気味な部屋
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~7.1ch

学生時代からホームシアターを楽しんで25年 AVX-2000DSPとDS-77Zから始まったAVライフも 最近はオーディオ中心に移行気味 どっちも中途半端なまま、ここ5年以上は新製品なし 停滞感を払拭する為に、ここに登録してみました。 最近はアナログに目覚めて勉強中 どなたか、ご指導頂ける方いないでしょうか?(笑

所有製品