のり・り~ん
のり・り~ん
JBL K2-S9800SEを中心にオーディオを楽しんでいる、おっさんです。w

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

やっと、理想の音に近づいたような・・・気がします。

立春とは申しながらまだ寒さ厳しき日が続いておりますが、ファイルウェブの皆様はいかがお過ごしでしょうか?
気がつけばオーディオこそやりつつも、このサイトへの日記、他ユーザー様への書き込み等ほとんど未参加の状態でした・・・・・とはいえ毎日、拝見させていただいております(><)
先日、ファイルウェブユーザー・ちょさん様からも紹介がありましたように今週末に東海地方毎年恒例のオーディオフェスタが開催されます。
と、同時に自分のオーディオ熱もあがってきまして、やってみたいことを&やれることを休みの間に行いました。
それほど無理をしない&初歩の程度での内容なのですが、なんとか自分が理想としております音まできたな、思いましたので日記にしたいと思います。

まずは、先日導入しましたウェルフロートボードの強化
拙宅で使用しておりますボードはMDF品です。これでも十分性能が発揮できるのですが、バーチのウェルフロートも使ってみるとまた感じが変わりますよ と、伝道師Harubaruさんより以前コメントがございました。

ボードの材質でも変化が得られるいうことでしたので、何とかならんものか?とマイコンピューター(自分の脳ですw)が出した結果が下の写真です。


なんと、同販売元の逸品館さんより同サイズのコリアンボードなる御影石らしきものが販売されておりましたので即購入です。当然、石ですので強度はあるだろう?と勝手に思い込みウェルフロートの上に敷いてボード自体の強度を上げてみました。
DSP-Vela&DELA NAS(SSD改)の2セット共に改良です。
では、上流はこれでよし!次に下流へ・・・・プリはすっ飛ばしてパワーAMPへ。
実は、調子に乗ってテロス600&テロス用電源(CSE)にもウェルフロート導入しておりました。


じゃ、ここも強化を兼ねて御影石を・・・と思いました、テロスが重すぎて断念しました。2人がかりでならいけそうな感はありましたが、いきなりテロスの重さでボードが割れても困るので今回は保留。
とはいえ、K2の隣に設置のテロスなのでウェルフロートがテロスへの余計な振動を抑えているようで効果抜群です。せっかくなので、クリーン電源&テロスの電源ケーブルも全て謎の赤い物体(?)で床よりフローティングしました。
あと、随分前からやってみたいと思っておりましたリスニング後方の処理です。以前、読みました加銅 鉄平氏の本に(自分の設計するオーディオルームは基本、前方向は吸音、後方は反射・・・)なることが書かれておりましたのを思い出しまして、他力本願ではありますが拙宅でもトライです。
もともと部屋のコーナー(リア)には日東シルヴァンが設置してありましたが、隣に反射パネルを追加しました。音工房Zというメーカー製でして同じくファイルウェブユーザー・yasu様より紹介していただいたパネルです。

価格も安く造りもしっかり(とはいえ、自分で組み立てないといけない製品です。)してますので、信頼性は◎そうです。
スピーカーの方ですが、雑誌よりこれまた面白そうな内容の記事を発見しましたので、自分もマネてトライしてみました。
内容はといいますとK2はバスレフ型なのですが、その穴を埋める・もしくはポートの径(穴の密度)を調整し音のスピード&低域の量感を自分の耳でコントロールするいうものです。
1999年の古いステレオサウンドを読んでみたのですが、そこにたまたま故・朝沼氏のオーディオルームが紹介されていまして自分の使用しているK2-S7500で実践されていたテクニックです。

拙宅のK2はもともとバスレフ用の穴が1本に2個開いています。初めは試しに両方ともフェルトで塞いで鳴らしてみたのですが、低域のスピード感こそ上がるものの必要以上に低域の量感が減ってしまい38cmウーファーの魅力が激減してしまいました。
とはいえ、今まで他の音域が低域に邪魔されていたのか?中高音域の位置関係ですとか音が離れた感じは良くなりました。定位感もですね。
次にL・R共に1つの穴だけ塞ぎ、再度トライです。
結果・・・・・イイッ!サイコー!!!!!当初の低域ほど量感こそ減りはしましたが、そこはスピード感&音楽全体の定位感みたいのでカバーしてる感じです。
今さらですが朝沼氏ありがとうございます。もっと早く気がついていれば・・・・とは思いましたが、K2はまだまだ頑張れそうです。

じゃ、本日良くなった(?)ところで、自分の最近のリファレンス音源を聴いてみました。

*まらしぃ /  V-BOX  9曲目 cat’s dance(ピアノ・ソロ)
これは、自分の中では定番中の定番でピアノの音色も美しく、出てくる音も原寸大で聴いていても楽しい曲なのです。
上記を施してからの音の変化としては、あれ?ピアノってよく聴くと色々な音が混ざり合って響きも豊かなんだね~。やはり、使用してるピアノのがスタンウェイだからなのかね?と、今まで考えもしなかったような音数の多さに変化です。

*家入レオ /  5th Anniversary Best(24Bit・96Khz) 15曲目 Shine
通常のCD盤もありますが、ハイレゾの方が音の幅も広いので個人的にはハイレゾのほうがお勧めです。
今までこの曲は好きなので聴くだけ・・・・というイメージでしたが上記を施したことにより途中、気がついたときには恥かしながら自分も一緒に歌っていましたw
そのぐらいものすごい変化で、オーディオで聴いているのを忘れるくらいでした。録音も非常に良いのだとは思います。

*ダイアナ・クラール / WALLFLOWER (2.8Mhz・DSD)  2曲目 デスペラード
オーディオやる方の中ではド定番中の定番音源とは思いますが、最近よく聴くので本日、休みの最後に聴いてみました。
先にも書きましたが、今まで必要以上に出ていた低域が押さえられたせいか、ダイアナクラールの声もはっきりし、高さも出るようになりました。しかも、ボーカル以外の演奏音はそのままにボーカルだけ高さが出るような感じになり、とても聴きやすくなりました。
生っぽさも増した感じです。

本当ならばもっともっと聴きたい曲があるのですが、本日は時間切れとなってしまいました(TT)
と、書いていて何だかまとまりのない文面になってしまいましたが、こんな感じで自分は生きています。
うぉぉぉぉ!早く、次の休み来てくれ~♪♪
あ!週末、オーディオフェスだったわww


 

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

ピュアオーディオ的なホームシアター
ピュアオーディオ的なホームシアター
持ち家(戸建) / 専用室 / ホームシアタールーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~2ch

新築を機にオーディオルームを依頼し、いろいろな方々のお手伝いもあり、今現在このようなシステムにたどり着きました。 が、まだまだオーディオ熱は覚めません。

所有製品