ブルースブラザース
ブルースブラザース
ジャズ、クラシック、ロック、フォーク等なんでも聞きます。 最近のJポップは、まったく聞きません。 20才の頃1年間猛烈に働き、あこがれのJBLランサー101を手に入れてから本格的にオーディオ人…

日記

お気に入り製品

最新の日記

映像ソフト3選

朝起きると雪景色、今シーズン4度目です。そしてまた降り出しました。
久しぶりにプロジェクターとスクリーンを起動。
以前のSYSTEM7よりこのDUOの方が聴きやすいことに気付く。

最近購入したソフト3本です。

まずは「イコライザー 2」このイコライザーとは、修正とか修復と言う意味だそうです。
アナログ再生には、必要不可欠なフォノイコライザーなので、ちょっと調べて見ました。関係ないかぁ!
本編のイコライザー2ですが、面白い事は面白いのですが、イコライザーの方がやっぱり良いですね。
特に最後の嵐の中の戦闘シーンは、ちょっとねぇー。
もっとクールでスマートなストーリーだったイコライザーの方が。



「ジュラシック・ワールド 炎の王国」続編にしては、結構面白い。ストーリーの展開は似たようなものですが、それでも面白かったです。
カメラワークも面白味がありましたね。遊び心があって。
おとぎ話としてはですがね。(^▽^)/
実際、6550万年前絶滅した恐竜が遺伝子操作で誕生しても、生息環境が違うので生き延びる可能性はゼロ、なんですが。



「ハンターキラー 潜航せよ」前評判通り面白い。ズーット緊張の連続で息も使わぬ展開。緊張の種類が違うのがまた良い。
潜水艦、特に艦内のシーンは、興味が湧いてきますね。
昔から潜水艦ものは、やはり面白い ですねー。
昔は、米国対独国が多かったが、ここ最近は米国対ソ連がほとんど、将来的には米国対中国なんてのもあり得るのかな?
個人的には、もう少し潜水艦あるいは海中海上に特化した映像が欲しかった。

3本ともそれなりに面白かったことは確かです。


月齢:23
天候:雪
気温:0.0℃

ひとりごとーその400

最新のレビュー/コメント

DL-103SA

DENON

DL-103SA

¥73,500(税込)

発売:2007年1月25日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

フラットな周波数特性

久しぶりのデノンサウンド。
約40数年振りにデノンの音に触れる。
当時はデノンとは云わずデンオンと呼ばれていた。
アルファベットで書くと”DENON”、漢字で書くと”電音”でした。
当時所有していたのは、DL-103、DL-103S、DL-103Rの103シリーズ。
でもこのDL-103SAは初めて。
しかし物価の上昇だろうか?随分と価格が上昇している。
私が多用していた時代は、1万円~1万8千円ほどと記憶している。

音の特質は、
一聴して色付けのない純度の高い、フラットな周波数特性を感じる。
流石、放送局用に開発されたピックアップカートリッジ。
昔はノイズっぽく感じたが、今は微塵もない。

試聴に使った盤は、マドンナに

ジャズを一枚

もう一枚は、年末らしく店長さんから頂いた第九

そしてもう一枚は、津軽三味線


オールラウンダーらしく、どんな音源でも”卒なくこなす”
これが長く愛される所以でしょうか?!
ただもう少し出力電圧が大きければいいのだが!
しばらくは常設して使って行こう。


このカートリッジも店長さんからの頂き物です。

【SPEC】●出力電圧:0.25mV ●再生周波数:20Hz〜45kHz ●インピーダンス:14Ω ●針先:16.5ミクロン丸針 ●コンプライアンス:5×10-6cm/dyne ●針圧:2.5±0.3g ●自重:8.5g

マイルーム

ひとりごとルーム
ひとりごとルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch

2016年春、神奈川からここ長野へ引っ越して来ました。 これを機にユーザー名を28号からブルースブラザースへ改名。 中央にいる黒服二人は、映画『ブルース・ブラザーズ』のジョン・ベルーシとダン・エイクロイド。 2018年10月から年末に掛けて大幅にシステム変更を実施。 スピーカーをSYSTEM-7からDUO XDに変更それに伴いアンプをEsoteric M1へ。 またアナログプレイヤ…

所有製品