kana9000
kana9000
17年前に家を新築し同時にオーディオルームを作りました。10畳ほどで少し狭いですが、サッシやドアなどの防音や一部床のコンクリート化(オーディオ側壁から1m)を行っています。今は、その時買ったスピーカー…

日記

最新の日記
日記はありません
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

お気に入り製品

最新の日記

日記はありません

最新のレビュー/コメント

803 D3(800 D3シリーズ)

¥1,417,500(税込)

発売:2015年10月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

毎日新しい発見があるスピーカー

遂にスピーカーを買い換えました。
ビクターのSX-9000からB&Wの803D3にです。
B&WのD3シリーズはセッティングが難しいとの評判だったので初めは大変不安でした。
第一印象は、「SX-9000と大きく変わってなくてよかったな」との印象でした。
カラヤン・ウィーンフィルのブルックナー交響曲8番(CD)、アバド・BPOのマーラー交響曲6番(SACD)などはSX-9000と印象はほとんど同じです。
これは違うと思ったのがグルダの皇帝(エソテリックのSACD)です。
ピアノの音がSX-9000ではパコパコ感があったのですが、803D3ではすごくきれいなピアノの音に変わりました。びっくりです。
その後、いろいろ聞きましたが低音の細やかな表現力やバスドラの切れ込み、高音の伸びなど毎日新鮮な発見があり803D3の虜になってしまいそうです。
まだ来て2週間ほどですのでエージングが終われはさらに良くなる気がします。
期待大です。
ただ、SX-9000と803D3は定価で約1.5倍の差がありますが価格差程の音質の差はないのではと思っています。
日本のスピーカーもなかなかなものだったと思います。
心配だったセッティングは、D&Mからピアノ運送だったので設置までやってくれました。スパイクを出しインシュレーターをセットは1人で楽々できました。
便利にできているものです。
今後は色々音響対策をやっていきたいと思います。

【SPEC】●ラインナップ(1本・税抜):ローズナット仕上げ ¥1,350,000、ピアノブラック仕上げ ¥1,450,000 ●型式:3ウェイ・バスレフ型 ●使用ユニット:φ25mmダイアモンド・ドーム・トゥイーター×1、φ130mmコンティニューム・コーンFSTミッドレンジ×1、φ180mmエアロフォイル・コーン・ベース×2 ●周波数特性:18Hz〜35kHz ●感度:90dB ●高調波歪率:<1%(70Hz〜20kHz)、<0.3%(100Hz〜20kHz) ●公称インピーダンス:8Ω ●推奨アンプ出力:50W〜500W ●外形寸法:334W×1,160H×498Dmm(脚部含まず) ●質量:65.5kg

マイルーム

2系統のオーディオセット クラシック中心
2系統のオーディオセット クラシック中心
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーン~80型 / ~7.1ch

2系統(2chとマルチ)のオーディオセットがあります。ただ、最近はほとんど2chしか聞いていません。絵を見ると音楽に没頭できないことやより良いアンプ、スピーカーのほうが感動が大きいからと思います。 聞く音楽とメディアは、クラシックのSACDばかり聞いています。マーラー、ブルックナー、R・シュトラウスが好きです。アナログは、最近追加(復活)しましたが思った音が出ていないので最近聞かなくなりました。…

所有製品