YongJoon
YongJoon
オーディオは私にとってはあくまでも手段、目的は快適な空間、さらに真の目的は明日への活力ですね。 音が最優先では無く、操作性、見栄え、価格の複数の観点のバランスで機器購入を決めてます。 最近…

日記

最新の日記

光メディアコンバーター用電源追加 TOPPING P50 低ノイズリニア電源 音質比較



◆アナログ電源2個比較
光メディアコンバーター電源に追加購入のTOPPING P50 エージング150時間以上たったので、音質比較しました。
旧アナログ電源の方が音は好みでした。メリハリあって低域の切れが良いです。

よって TOPPING P50は 光メディアコンバーターFROM側に接続し、旧電源を光メディアコンバーターTO側接続です。

スペックはP 50の方が良いのですが、USB出力、USBケーブルの課題かも?

将来的には従来電源をエーワイ電源にしたいですね。

◆FROM側光メディアコンバーター電源 ACアダプタと比較


メディアコンバーター電源に追加購入のTOPPING P50 本来の目的、
FROM側光メディアコンバーターの電源比較です。 今まで利用の、付属のACアダプタと、TOPPING P50 での比較です。


TO側光メディアコンバーターは 専用配電の専用コンセントにACノイズフィルター2個
FROM側光メディアコンバーターは別ブレーカーのコンセントにACノイズフィルター3個です。

ですが、音の違いは明確です。もちろんP50アナログ電源の方が良いです。音はクリア、高域は伸び低域は切れます。ボーカルは生々しいです。

光LAN経由ノイズはカットされますが、光LAN信号のジッターが改善される?のでしょうか?
ブレーカー別でACノイズフィルター5個経由ですが、コンセント経由ノイズも多少は改善?
いずれにせよ音質効果ははっきり出ています。



なおうちでは 
光メディアコンバーター~ 光LAN ~ 光メディアコンバーター ~ STPLAN~NA6006~光デジタル~DAC NA 11S1接続で、TO側光メディアコンバーターに仮想アースで音が変わるので、電気ノイズ減少で、光信号のジッター改善があると予想します。
光アイソレートしても上流の電気ノイズ改善は有効ですね。

P50は13500円で購入でした。小型でコスパの良い電源と思います。

◆関連日記
光メディアコンバーター用電源追加 TOPPING P50 低ノイズリニア電源
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200223/64573/

最新のレビュー/コメント

NA6006

MARANTZ

NA6006

¥78,750(税込)

発売:2018年8月中旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

AmazonMusicHD音質向上目的でマランツNA6006 HEOS追加導入、オーディオ革命




AmazonMusicHD音質向上目的でマランツNA6006 HEOS追加導入しました。
接続は 無線LANルーター親機 ~ 無線LAN子機ハブ~光メディアコンバーター〜光メディアコンバーター〜オーディオハブ~ NA6006~光デジタル~NA 11S1 DAC~ アンプ です。 その後 オーディオハブは撤去しました。

実売価格5万円以下のプレーヤーでこの見た目の高級感は素晴らしいですね。マランツNA11ペアとしっくりきます。 外部リモコンでNA6006と、NA11が同時電源ONOFF出来るのも便利です。

音質もパッと聴いて全然良いです。前はiPadからAirPlayでNA 11S1再生で音がこじんまりでしたが、NA6006 HEOS経由のNA11S1 DAC再生だと、NAS再生の様に音が広がります。音は全然良くなりますね。
ハイレゾ音源だけで無く、CD品質音源でも音が全然違います。嬉しい誤算です。
NASのCDリッピング音源再生より、Amazon MusicHDハイレゾ音源再生の方が音質は上はびっくりしました。

Amazon MusicHDの音質向上目的購入ですが、実売5万以下の追加投資でNA11S1 DACの音がこうも向上するのは自分の経験の中ではコスパ最高です。NAS音源再生やAirPlay音質も向上しました。

前モデルNA6005が搭載していたチップは400MHzシングルコア、それに対しNA6006では3倍以上の処理スピードを持つ1.25GHzデュアルコアチップを搭載。
音質向上理由はLANDACが音が良い理由と同じくFLACエンコード処理、再生時間通知といった処理が高速プロセッサーHEOSのNA6006で負荷分散される為ですね。

昔リッピングしたCD音源も、洋楽の多くはAmazonではハイレゾ音源になっており、リッピングCD音源のNAS再生よりAmazon MusicHDハイレゾ音源再生のほうが音質は上でした。Amazon MusicHDとマランツHEOSプレイヤー組み合わせは個人的にはオーディオ革命です。

詳しくは日記に示します。
AmazonMusicHD音質向上目的でマランツNA6006 HEOS追加導入
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200114/64298/

マランツNA6006追加でのNAS再生音質比較
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200118/64319/

マランツNA6006 HEOS Amazon MusicHD再生Q &A
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200121/64347/

音質比較 AmazonMusicHD 対 NAS再生
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200126/64382/

STPオーディオ専用LAN(光アイソレート)の構築方法 AmazonMusicHD高音質化
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200207/64453/

オーディオ専用ハブ電源OFF未使用で更にAmazonMusicHD音質向上
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200209/64468/

fidataAPPとAmazon MusicHD HEOS APPの併用
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200215/64516/

光メディアコンバーターに仮想アース Amazon MusicHD音質比較
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200215/64522/

光メディアコンバーター用電源追加 TOPPING P50 低ノイズリニア電源
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200223/64573/

光メディアコンバーター用電源追加 TOPPING P50 低ノイズリニア電源 音質比較
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20200301/64605/

【SPEC】●Bluetooth:Ver3.0+EDR ●対応プロファイル:A2DP1.2/AVRCP1.5 ●対応コーデック:SBC ●消費電力:35W(待機時0.2W) ●外形寸法:440W×106H×371Dmm(ロッドアンテナを寝かせた場合) ●質量:6.6kg

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch

■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレームがこない程度の防音です。 天井や壁は 防音シートを使った3重構造、スピーカーの後ろ壁は4重構造、床はALC板も使い三重構造で厚みは13Cm以上あります。スピーカーの振動対策です。壁板は「乱張り」…

所有製品