YongJoon
YongJoon
テーマは「エネルギッシュなJAZZ/アコースティックなボーカルの生演奏の再現」「+気軽な楽しい音楽演奏」「iPad使ったNet Audioでのハイレゾ音源演奏など、操作性も含めたオーディオの楽しみ」を…

日記

お気に入り製品

最新の日記

無線LANオーディオ 再検証

うちの無線LAN親機~子機は2012年に導入したものです。


久しぶりに
(1)サーバー~オーディオ専用ハブ~レンダラー接続
(2)サーバー 〜 無線LAN親機 〜 無線LAN子機 〜 レンダラー

比較しました。音源はシャンティのウィッシュングon ザ スター です。

(1)の方がベールが2枚も剥がれ、冒頭の鈴の音の陰影感と揺らぎ、ボーカルのリアルさがまるで違います。

(2)だとアナログ電源使ってるとはいえ、音源再生のFULL負荷での無線LAN子機の電波発信ノイズが出るからでしょう。
(1)だと 無線LAN子機の通信負荷は、1秒毎のiPad上の音源再生時間表示の負荷になります。


なお、無線LAN子機は2012年製品でLANポート数も多く、(2)の仮接続用に、空きLANポートを全部LANターミネーターで接続しました。 普段は(1)接続なので、オーディオ専用PC、DENONのミニコンポ、アクセスポイントが子機と有線LAN接続しています。なお、オーディオ専用PCは普段は電源OFFで未使用、ミニコンポはスタンバイでLANノイズフィルターつき、アクセスポイントもアナログ電源です。

オーディオ専用ハブそのものがローノイズであっても、オーディオ専用ハブに接続するサーバーやPCにノイズが多いとオーディオ専用ハブのノーノイズの意味が無くなってしまうので、(1)の様に ノイズの多いPCなどのノイズカットに無線LANは有効ですね。
ようはオーディオ専用ハブと、無線LAN親機子機の併用です。

なお、うちの二階床が防音ALC板の為 一階の親機ルーターの電波は二階では非常に悪いです。この解決の為親機子機無線LANのMIMO通信接続しました。二階のMacBookPROでDMM高画質再生ができるレベルの無線LAN通信になっています。



ちなみに 雑誌 日経NETWORKという 技術系雑誌 2013年8月号に
「ネットワークオーディオに雑音が入る原因を突き止める」という記事があります。
LANケーブルに電波ノイズをわざと入れて、音のノイズになる、という実験ですが、この電波ノイズ発信機が、アクセスポイント(無線LAN子機)で、LANケーブル接合部分にガムテープで密着させて、LANケーブルにノイズをわざと入れてます。

うちのNEC無線LAN子機はスイッチ変更でアクセスポイントにもなります。

最近の無線LAN親機親機子機の無線電波発信ノイズがどの程度か?は知りません。2.4Gカットでノイズが減るかもしれませんね。

レンダラーの受信データはハブのクロックを使います。昔は私もハブのクロックで音が良くならないと思っていたのですが、実際使ってみると音は変わりました。

オーディオ専用ハブと、無線LAN親機子機の併用はノイズの多い機器のノイズがレンダラーに入らない為に有効です。

無線LAN子機も、電源ノイズ対処だけでなく、コンデンサ交換、クロック交換で更に音質向上するでしょう。オーディオ専用カスタマイズの無線LAN子機とかあっても良さそうです。電波受信しますので、アルミケースは不要です。

◆追記

仮に無線LAN親機二階に設置し、親機子機を同じ部屋に設置しました。
前より多少音が良くなった気がしますが、うちの無線LAN親機子機だと、音はイマイチです。
(2)サーバー~親機~子機~レンダラー マランツNA11S1接続です。

(1)サーバー〜オーディオ専用ハブ〜レンダラーマランツNA11S1
の有線接続の方が 方がベールが1ー2枚剥がれ、冒頭の鈴の音の陰影感と揺らぎ、ボーカルのリアルさが違いますね。

ただ下手なハブにアナログ電源より、アナログ電源の無線LAN親機子機の方が音は良さそうに思います、厳密比較未実施ですが。コスパ高いと思います。

最新のレビュー/コメント

IFI AUDIO

iPurifier AC

¥16,800(税込)

発売:2017年12月15日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

結局3台購入コストパフォーマンス抜群の電源ノイズ除去装置


知人より一個レンタルしてその素晴らしさに感動し、結局3台購入しました。

(1)プリメインアンプ用電源コンセント、
(2)DAC用電源コンセント
(3)ハブNAS用電源タップ

の3カ所にiPurifier ACを接続しました。

3つともブレーカーで別配電になっており、3台とも予想以上の効果です。3個全部外すと凄い音の違いと思いますが。オヤイデコンセントのホールドが強く パスしました。

実売1.6万の3台で、4.8万の投資ですが 電源ノイズ除去での音質改善効果の満足度はかなり高いです。
DACコンセント、ハブNAS電源タップは ACノイズフィルターと iFi iPurifierACを併用しています。


大地アース接続がネックですが 二階のトイレのアースに接続しました。エアコンとかのアースノイズの逆流の心配もありますが、オーディオ機器へのアース接続でなく、ノイズ除去装置へのアース接続でもあり、音質問題は全く無いです。

Amazon通販のバナナプラグでアースケーブルを接続出来ました。アースケーブルもAmazon通販の普通の品を使っています。

iFi製品は AC、DCノイズフィルター、DC電源、USB、DACを買いましたが、この品は特に当たりと思います。
うちのアンプはPM11S3ですが、 iFi組み合わせでない上位アンプPM10より音は上と思います。予想ですがその位音質向上します。

詳細は日記にて。
iPurifier ACレビュー(1)(2)(3) アンプ、ハブNAS、DVD
http://community.phileweb.com/mypage/entry_list/3685/201803/

iPurifier ACレビュー(4) 3個目をDAC電源接続
http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20180424/59278/

【SPEC】●ノイズ除去:>40dB(>100x) ●サージ保護:最大25,000A@ 8/50uS ●動作電圧:85V-265V ●外形寸法:100W×40H×40Dmm ●質量:108g

マイルーム

防音ルーム20畳NetAudio
防音ルーム20畳NetAudio
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch

■部屋 20畳防音のAV専用ルームです。新築一戸建ですので、簡易的な音響効果を考えた簡易防音設計をしています。完璧防音ではありませんが、夜中に大音量再生行なっても、ご近所家族からクレームがこない程度の防音です。 天井や壁は 防音シートを使った3重構造、スピーカーの後ろ壁は4重構造、床はALC板も使い三重構造で厚みは13Cm以上あります。スピーカーの振動対策です。壁板は「乱張り」…

所有製品