ナショナルキッド
ナショナルキッド
オーディオは"廉価に"、"繊細で透明で自然な音"がポリシーです。尚、時代を先取り、"車・携帯は持たない派"です。

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の日記

サブスピーカー製作

関連する前の日記

3ウェイの小型スピーカーシステム(バスレフ型 22リットル)を製作しました。
 使用ユニットは
  トゥィータ:ハイルドライバ Dyton AMT mini-8 (5KHz~) 、
  スコーカ:PPコーン ParcAudio DCU-F081PP (300Hz~5KHz) 密閉 1.5リットル 、
  ウーファ:紙コーン SB Acoustics SB13PFC-4 (~300Hz)。

 外観は、

 寸法は、

 板取は、
 上記の詳細(PDF)。 尚、もう一組の予備バッフル板が含まれています。

 ネットワークは

 その回路は、
 回路・定数は回路シミュレータで決定。実機での実測ともほぼ一致し、修正なしで問題なさそうです。

 周波数特性は、
 100Hz~200Hzはダクト干渉、2kHzはスコーカのエッジ共振です。

 今回、初めてのダイレクトラジエータを使った3ウェイスピーカシステムを製作してみました。 結果、(苦労して作っても予想通り)音質は正しくダイレクトラジエータ系、故にリアル感・透明感・繊細感は今一つで、これまでホーンシステムで聞いていたこともあり、尚更、音質落差を痛感しました。
 然し、能率補正、インピーダンス補正等、貴重な経験を得られた事やハイルドライバの素性の良さを確認できた事は大きな収穫でした。

最新のレビュー/コメント

Xonar D2/PM

-

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

音は出るのですが

 オンボードのA/Dが過大入力で壊れた為に、オンボードと同等機能のものとして(急遽)購入したサウンドボードです。(この値段であればM/Bが買えると云われたら返す言葉は有りませんが...) 基本仕様としては、192kHz/24bitの7.1chのD/Aが可能なので、CD、DVD、マルチchの再生等に於いては全く問題ありませんでした。然し、マイク入力は問題で、仕様ではXonar D2/PM のA/Dは192kHz/24bitとあるのですが、調べると96kHzの帯域は無く、実力25kHz程度の帯域である事が分りました。詰まり、192kHzでのハイレゾ録音は不可能であり、特に測定等に使う場合は正しい結果が得られないので十分な注意が必要です。
 メーカの関連情報です。

マイルーム

Hi-Fiとサラウンドの部屋
Hi-Fiとサラウンドの部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~4ch

HIFI(2ch) 用とサラウンド(4ch) 用の2系統で楽しんでいます。部屋は簡易防音(壁材・床材2重張)です。  正面は、 左側は、 配置は、 システム構成は、 オーディオラックの収納と配線は、使用機材は ディスプレイ  LCDワイドTV:松下 TH-L17C10 プレーヤ  SACD/DVD:マランツ DV-8300、DENON DBP-1611UD  LP:福音 MU-…

所有製品